FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寮母さんとの淫らな体験談(4)


僕が、さらに唇をくっつけようとすると、突然、神田さんはクスクスと笑いながら身体を離しました。
「だめよ。風邪なんだから大人しく寝てなきゃ」
そう言いながらも、神田さんの手が、僕の太腿の上にそっと載せられました。そのすぐ横には、大きく膨らんだ僕の股間があります。
「でも、こんなになってたら眠れないよね」
寮母さんは妖しく微笑みながら、顔を近づけてきました。
「私とキスしたから、こんなになったのかしら?」
「……」
「ごめんね……私のせいなのね」
寮母さんの手が内ももの上をスーッと滑り、テントを張った股間ギリギリを優しく擦ります。
テントの中でビクンビクンと脈打つチンポを見ながら、ポツリと言いました。
「手伝ってあげようか」

寮母さんが僕をこの部屋に呼んだのは、これが目的だということは最初から気付いていました。でも、寮母が寮生のオナニーを手伝うという大義名分が必要だったのです。
僕は、申し訳なさそうに「お願いします」と頷きました。
「絶対、秘密よ」
僕が大きく頷くと、神田さんはドアに鍵をかけ、そして窓のカーテンをぴったりと閉めました。
仰向けになった僕の隣に、神田さんは正座しました。
「誤解しないでね。私のせいだから……」
独り言のように小さな声で言うと、パジャマのズボンとトランクスを下ろしました。

「まあ!」
僕の勃起したチンポを見て、神田さんは恥ずかしそうに声を上げました。
「谷村くんのおちんちんを見るのは、2回目ね」
そう、言いながら柔らかい手が勃起したチンポに触れました。
「この間、お風呂場で見た時はチラっとしか見なかったけどね」
まだ恥ずかしいのでしょうか。神田さんはゆっくりとチンポを触っていきます。

指先で陰茎をこすり上げ、その指先が亀頭をこねくり回します。そして、尿道口から溢れ出るカウパー氏腺液をすくい取ると、カリ首をゆっくりと一周させました。
「気持ちいい?」
今度は、指先で輪を作ると、亀頭の周りをゆっくりと上下に扱きます。
決して激しく扱くことはありません。ゆっくりと優しい手つきです。
「痛くない?」
時折、神田さんは指をペロリと舐めて潤滑剤代わりにしながら、ゆっくりと、しかし確実に性感帯を攻めていきます。
尿道口から裏筋を刺激したあとは、亀頭の括れを湿った指が這い回ります。
そして陰茎に沿わせながら下がっていくと、金玉袋の中の睾丸をゆっくりと転がします。
「あぁぁ」
思わず吐息が漏れてしまいます。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。