FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しの部屋 ~バスルーム~ (2)

麻里奈は早速シャワーの準備を始めた。
少し身をかがめながら、シャワーヘッドから流れ出す水に手を伸ばし、水温を調整している。

綺麗な背中。くびれたウェスト。むっちりとした大きいお尻。
とても官能的だ

麻里奈が振り向いた。
「ん?・・・私のお尻見てたでしょう?」
「いや・・・」バレてはいるが、一応否定する。
「もう・・・いやらしいんだから」
麻里奈が笑いながら、僕の股間にシャワーを当てた。
垂れ下がったペニスが、少しだけ硬くなる。
「ふふふ・・・」
麻里奈は嬉しそうに微笑みながら、ペニスを握ってきた。
「私のお尻を見てて、こんなになっちゃったの?・・・」
ニギニギされて、ますます硬くなる。

「本当に元気なのね・・・でもその前にシャワーを浴びましょうね」
子どもをあやすような口調で話しかけながら、肩口からシャワーを浴びせる。
「熱くないですか?」
シャワーを掛けながら僕の胸に手を当てる。
そして、円を描くように撫でまわしながら、指先で僕の乳首を弄ぶ。
「ここも硬くなってますね・・・気持ちいいのね」

僕も麻里奈の乳房に触れようと手を伸ばしたとたん。
「いたずらしちゃダメですよ・・・手は横にして、まっすぐ立っててください」
麻里奈は僕の手首をつかみ、気を付けの姿勢のように手を下ろさせた。
そして、僕の股間を見下ろした。
「あら、ここは、まっすぐに勃ってますよ」

彼女は妖しく微笑みながら、硬くなったペニスを握った。
「ここもきれいに洗いましょうね」

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。