FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

勉強の合間に ~月曜の朝~


いつものことだけど、月曜日の朝は憂鬱だ。
週末はあっという間に過ぎ、また一週間が始まる。
「あー。めんどくさいなあ」
僕は独り言を言いながらも、登校の準備を始めた。

「朝から、ため息ついてどうしたの?」
そんな僕を見ながら、妹が声を掛けてきた。
ちなみに僕と妹は同じ部屋だ。

「また一週間が始まるかと思うと、元気が出なくてさ」
「じゃあ、私がお兄ちゃんを元気にしてあげる」
そういうと妹は、ズボンの上から僕の股間に手を当てた。
そして、真面目な顔でゆっくりと円を描くように動かし始めた。
「元気になーれ、元気になーれ!」

敏感な僕の股間は、すぐに大きくなってきた。

「ほーら。お兄ちゃんのここ、元気になってきたよ」
「おい、朝から何やってんだよ。ここだけ元気になってもしかたないだろう」
「でも私、知ってるよ。お兄ちゃんてさ・・・おちんちんが大きくなってる時が、一番元気だって・・・」
「そりゃ、そうだけどさ・・・」
「じゃあ、やめようか」妹は少し悲しそうな顔で股間から手を離した。

そんな妹を見て、僕は言った。
「ごめん・・・確かにお前におちんちん触ってもらってると元気になってきたよ」
妹の顔に笑顔が戻った。
「よかった・・・じゃあ、もっと元気にしてあげるね」

ズボンとパンツを脱がすと、妹は半勃ちのペニスに手を添えシコシコと扱き始めた。
「元気になーれ、元気になーれ!」
見る見るうちにペニスは、硬く勃起する。

「元気になった証拠に、透明なお汁がでてきたよ」
妹は、亀頭の先をペロリと舐めた。
「お口でしてあげるね」
桜色の可愛い唇が、亀頭を咥え込んだ。そして口の中では舌がクネクネとまとわりつく。
「あぁぁ、気持ちいい」
妹のフェラに思わず声を上げてしまった。
妹は僕の顔を見ながら、ゆっくりと唇を上下に動かし始めた。
唾液でテカテカと光る陰茎が、妹の唇を出入りする様子を見て、射精感がこみ上げてきた。

「ふーぅぅぅ」
僕は、深呼吸をして射精感をやり過ごす。

その様子を見て、妹が尋ねた。
「お兄ちゃん、いまイキそうになったでしょ?」
「うん。ちょっとヤバかった」
「我慢しなくていいのよ・・・お兄ちゃんが元気になってくれたら私、嬉しい!」
「じゃあ、続けてくれるかい」
「うん。私のお口の中で、いっぱいイッてね」

妹は再びペニスを口に含むと、いやらしい音をたてながらフェラチオを始めた。
クチュ、ジュジュ、クチュ、ジュルジュル

「あぁぁぁ・・・イキそう!・・・イクよ!」
妹はペニスを咥えたまま、目で返事をする。
(うん・・・イッて・・・お兄ちゃんの精液いっぱいだして・・・私のお口をザーメンでいっぱいにして!!!)

「イクッ!!」
僕は、可愛い妹の口の中に、ドクドクと精液を発射した。

妹は、ペニスを口から抜きとると、口いっぱいのザーメンをゴクリと飲み込んだ。
「へへへ・・・飲んじゃった・・・・ところでお兄ちゃん元気出た?」
「もちろんさ。お前のフェラ、とても気持ちよかったよ、ありがとう」
「私も、お兄ちゃんの精子飲んだから、すごく元気でてきたよ。じゃあ、今日も頑張ろうね」

第1話から読む

FC2 Blog Ranking




関連記事