FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキュバスの仕業 ~宿題~(5)


「ところで、あなたたち」
先生は最前列の女生徒たちに声を掛けた。
「そんなに顔を近づけてたら、ザーメンが掛かっちゃうわよ・・・いいの?」
「フフフ・・・」
女の子たちはみんな、嬉しそうな顔をして肯いた。
「あなた達ってほんと、いやらしいのね。」
呆れたように先生は微笑んだ。
「じゃあ、今から、このおちんちんから精液を搾り取ります。しっかり見ておきなさい」

先生は僕の耳元で囁いた。
「こんな近くで女の子に見られながら射精できるのよ。興奮するわよね・・・いっぱい射精しなさい・・・でもイク時には合図するのよ」

先生は再び、僕のペニスに唾液を垂らして滑りをよくすると、スピードを上げて扱き始めた。
筒状にした手を行き来させながら亀頭冠の括れを刺激する。
そして、時折は裏筋を指先でこすりあげる。
僕は急激に射精感が迫ってくるのを感じて、思わず先生の顔を見た。
「どうしたの?イキそうなの?」
僕は大きく肯いた。

「さあ、イクわよ!・・・みっつ数えるから、そしたら射精しなさい!・・・さあ、みんなも一緒にお願いね!」
女の子も声をそろえてカウントダウンを始めた。
「さん!・・・に!・・・いち!・・・ゼロ!!!」
ドピューーー!!!!
尿道口から勢いよく精液が噴き出した。

「さあ、イきなさい!」
ドピューーー!!!!
女の子たちの髪や顔にザーメンが掛かる。

「おもいきりイきなさい!」
ドピューーー!!!!
背筋を走る快感が止まらない。

「もっともっと出して!」
ドピューーー!!!!
女の子たちが嬉しそうに、ザーメンを浴びている。

「ほら、こっちの方にも!」
ドピューーー!!!!
先生が右の方にペニスの向きを変える。

「今度はこっちよ!」
ドピューーー!!!!
左側の女の子たちにも白濁液が降り注ぐ。

「キンタマが空っぽになるまで出しなさい!」
ドピュー! ドピュー!ドピュー!!!!!


・・・・・
「あっ!」
気が付くと、僕は夢精をしていた。


第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(2)


ズボンの上からでもはっきりとわかるほど勃起したペニスを撫でながら、先生は女生徒たちに話しかけた。
「皆さん!彼が宿題を何度も忘れてしまう原因は何だと思いますか?・・・・実は先生にはちゃんとわかっています。だから、その原因を取り除いてあげることが、私たち教師の役目なんです」
先生の指が硬くなった陰茎を激しく扱きあげた。
「では、これからみんなの目の前で、その原因を取り除いていきますよ」
最前列の女の子が、嬉しそうに僕の股間をジロジロと見ているのがわかった。

「さあ、みんなよく見てください。ズボンの中でおちんちんが、こんなに大きくなっています。後ろの人、見えますか?」
「見えませーん!」と数名の声が上がった。
「そうよね・・・」
困ったような表情を浮かべながら、僕に言った。
「見えないんだって・・・みんなに見えるように、服を脱がしちゃってもいいかな?・・・だって宿題忘れたんだもんね」
先生は慣れた手つきで服を脱がし、僕はあっという間にトランクス一枚にされてしまった。

「本当、元気なんだから」
硬く勃起したペニスにせいで大きく張り出したトランクスを見つめながら、女生徒たちに言った。
「さあ、皆さん。前に集まってよく見てね。」
女の子たちはぞろぞろと僕の前に集まってきて、興味津々の表情で、盛り上がった股間をジロジロと眺めた。
彼女たちの熱い視線を浴びて、僕のペニスは痛いほど硬直した。

「じゃあこれから、宿題を忘れた原因を確認します」
先生は嬉しそうに言うと、トランスをゆっくりと引き下げ始めた。
それにつられ、硬くなったペニスは、トランクスのゴムの部分に引っ張られて下向きになり、バネのようにしなる。
女教師は妖しげな笑みを浮かべながら、トランクスを下げる手をいったん止めた。
「おちんちんがすごく大きくなってるから、パンツに引っ掛かるわね・・・フフフ、痛そうね・・・じゃあ、自由にしてあげる」
トランクスが一気に引き下げられ、拘束から解き放たれたペニスは、驚くほどの勢いで跳ね上がった。
「キャッ!」「スゴイ!」「フフフ・・・」
様々な声が上がる中、女の子たちは僕の勃起したペニスを見つめた。

第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(1)


なぜか僕は、教室の一番前で立たされていた。

「あなた・・・宿題忘れたのね」
僕の背後から女性の呆れたような声が聞こえた。
「先生、本当に残念だわ」
白いブラウスと黒いタイトなミニスカートに身を包んだ大柄な美人が、僕の前に現れた。
「宿題忘れると、どうなるか分かってるわよね」
憐れみを含んだ笑みを浮かべながら僕を見下ろした。

長い黒髪と真っ赤な唇がその美しさを際立たせている。
そして、胸のボタンが弾けそうになるほど大きく膨らんだ胸。スカートにぴったりと包まれた大きなお尻。そしてすらりと伸びた細い脚。

「どこを見てるのかしら」
女教師は、互いの鼻がくっつくほど顔を近づけてきて囁いた。
その豊満な身体から発せられる香りが僕の鼻腔をくすぐる。
(あぁぁ・・・いい匂い)

次の瞬間、先生は僕の股間をグッと掴んだ。
クラス中からクスクスと笑い声が起こった。
教室を見渡すと、白いブラウスとチェック柄のスカートに身を包んだ女の子たちが席に座って僕を見つめていた。

女教師は僕の股間を掴んだまま女生徒たちの方を向くと大きな声で言った。
「宿題を忘れたらどうなるか、皆さん知っていますよね?」
ニヤニヤ笑いながら頷く子。恥ずかしそうに頬を赤らめる子。
様々な反応をする女の子たちの様子を眺めながら、先生はゆっくりと僕の股間を撫でまわし始めた。
その刺激に、僕のペニスはみるみるうちに硬くなっていく。

人気ブログランキングへ


第1話から読む


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。