FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

数学の女教師


今日の数学のテストの結果は、ひどかった。
昨晩はあまり勉強ができなかったので期待はしていなかったが、自分でも驚くほど低い点数だった。
案の定、数学の鈴木先生から呼び出しを食らった。
鈴木先生は、分かりやすい授業で生徒から人気のある女の先生だ。

授業が終わり進路指導室に行くと、鈴木先生がひとりで待っていた。
真っ白なシャツに紺色のタイトスカートが魅力的だ。
「じゃあ、座って」
僕が椅子に座ると、先生も隣の椅子に並んで座った。
「田中君、今日のテストは悪かったね。どうしちゃったの?」
先生が、僕の顔を覗き込む。
「最近、勉強が手に付かなくて……」
「そうなの?勉強もいいけど、たまには身体を動かさなきゃだめよ」
「そういえば、全然運動してません」
「ダメよ。男の子は運動して発散させなくちゃ。すぐに溜まっちゃうんだから」
「はい……」
「昨日はしたの?」
「エッ!何をですか?」
「何をって……オナニーに決まってるでしょう」
鈴木先生の口からオナニーという言葉が出て、僕は驚いた。
「どうしたのそんな顔して。私がオナニーって言ったからびっくりしたの?マスタベーションとか自慰って言った方がよかったかしら。でも同じでしょう……で、きのうはシコシコしたの?」
僕はチンポが硬くなってくるのを感じた。
「昨日はしてません」
「ダメよ。男の子はオナニーしてすっきりしないから勉強が手につかないのよ」
「はい、すみません」

「じゃあ、今日は先生が手伝ってあげる」
鈴木先生の手が伸びてきた。
「いや、いいです」
「恥ずかしがってるの?……大丈夫よ。先生には今までたくさんの男子生徒を教えてきた経験があるの。それではっきりしているのは、男子の成績不振の最大の原因は、精子を溜め過ぎなのよ。」
「そうなんですか」
「そうよ。だから今日は先生が手伝ってあげるって」
先生の手が、ついに僕の股間を掴んだ。
「あれ?硬くなってる?」
先生の手が、ズボンの上からチンポを撫で回す。
「もうカチカチね」
先生はズボンとトランクスを脱がすと、完全に勃起したチンポを見て嬉しそうに笑った。
「田中君。立派なおちんちんね」

先生は、早速扱き始めた。
「こんなに元気がいいんだから、毎日オナニーしなくちゃ」
「はい……」
「ほら。ここ気持ちいでしょう」
シコシコと扱きながら、片方の手で亀頭を撫で回す。
もう、我慢できない。
「先生……イキそうです」
「いいわよ。いっぱいだしてね」
「アッ!イクッ!」
ドピュー!ドピュー!

先生の真っ白なシャツと紺色のタイトスカートに、精液をぶっかけてしまった。
「すごい!たくさん出たね」
「でも先生の服に掛けてしまって、すみません」
「全然、構わないわよ。でも、洗わないとダメね」
そう言うと、シャツとスカートを脱ぎ、ブラジャーとパンティ姿になった。

「田中君、またおちんちん大きくなってるよ。それじゃあ、家に帰っても勉強が手に付かないんじゃない?」
「……」
「よかったら、もう少しここで先生とお勉強しない?」
僕は大きくタテに首を振った。

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(1)


なぜか僕は、教室の一番前で立たされていた。

「あなた・・・宿題忘れたのね」
僕の背後から女性の呆れたような声が聞こえた。
「先生、本当に残念だわ」
白いブラウスと黒いタイトなミニスカートに身を包んだ大柄な美人が、僕の前に現れた。
「宿題忘れると、どうなるか分かってるわよね」
憐れみを含んだ笑みを浮かべながら僕を見下ろした。

長い黒髪と真っ赤な唇がその美しさを際立たせている。
そして、胸のボタンが弾けそうになるほど大きく膨らんだ胸。スカートにぴったりと包まれた大きなお尻。そしてすらりと伸びた細い脚。

「どこを見てるのかしら」
女教師は、互いの鼻がくっつくほど顔を近づけてきて囁いた。
その豊満な身体から発せられる香りが僕の鼻腔をくすぐる。
(あぁぁ・・・いい匂い)

次の瞬間、先生は僕の股間をグッと掴んだ。
クラス中からクスクスと笑い声が起こった。
教室を見渡すと、白いブラウスとチェック柄のスカートに身を包んだ女の子たちが席に座って僕を見つめていた。

女教師は僕の股間を掴んだまま女生徒たちの方を向くと大きな声で言った。
「宿題を忘れたらどうなるか、皆さん知っていますよね?」
ニヤニヤ笑いながら頷く子。恥ずかしそうに頬を赤らめる子。
様々な反応をする女の子たちの様子を眺めながら、先生はゆっくりと僕の股間を撫でまわし始めた。
その刺激に、僕のペニスはみるみるうちに硬くなっていく。

人気ブログランキングへ


第1話から読む


関連記事

美咲先生のオナニー鑑賞(3)

「真治くんがシコシコするところ、先生には見せてくれたよね。・・・もう一回見せてくれるかな」
桃花が真治に優しく話しかけた。
「・・・えぇ・・・いや・・・」
なおも恥ずかしがる真治の耳元で美咲が囁いた。
「ほら。真治君のおちんちんビンビンになってるよ。・・・いつもどんな風にオナニーしてるか、先生にも見せてちょうだい」

「まずはおちんちんを握るのよね・・・右手?それとも左手?」
「・・・えぇっと・・・右手です。」
美咲は真治の右手を取ると、ペニスを握らせた。そして手を重ねながら、ゆっくりと上下に動かした。
「ほら、こうやってシコシコするのね」
みるみるうちに、ペニスは大きく反り返る。

「気持ちよくなってきた?・・・先生が見てるから、いつものようにオナニーしてね」
美咲はそっと手を離した。
そして、全裸でベッドに横たわる真治の姿を改めて見た。
女教師二人に見つめられながらオナニーをする高校生。
紅潮した白い頬。
薄い胸板、平らなお腹。小さく窪んだおへそ。
その10数センチ下から、薄いながらモシャモシャと陰毛が生えている。
そして、陰毛の中から小ぶりながらギンギンに勃起した包茎ペニスが屹立している。
真治は、皮に包まれた亀頭に親指、人差指、中指の3本を添えて、慣れた手つきで上下にしごいている。
(やっぱり亀頭が気持ちいいのね・・・)

包皮が引き下げられると、亀頭が少しだけ顔をのぞかせる。
(まだまだ子供のおちんちんね。可愛いチンポ・・・)
しかし包皮を根元まで引き下ろすと真っ赤な亀頭がズル剥けになる。
(まあ、きれいな亀頭!・・・あぁぁ・・・舐めちゃいたい!)

顔を上げ、改めて真治の顔を見ると、真治の視線は桃花の顔を捉えている。
(普段はいやらしい動画をみてるのよね・・・でも今日は桃花を見ながらオナニーか・・・)
そう思いながら桃花を見ると、屹立するペニスを見つめながら舌なめずりをしていた。
(加藤先生ったら・・・いやらしい!)

「加藤先生・・・ずいぶん熱心にご覧になってるんですね」
桃花はハッとして顔を上げた。
「え、えぇ・・・うちの生徒の悩みですからね。熱心になるのは当然です」
慌てながらも、どうにか教師としての体面を保つ回答を返してきた。
「そうよね。・・・でもそんなに間近で見つめなくても・・・ほら、おちんちんの先から、透明なカウパ氏腺液がたっぷりと出てきましたよ・・・加藤先生に見つめられて、興奮したんじゃない?ねえ、真治くん」
「うん・・・ちょっと、恥ずかしいけど・・・透明な液はいつもいっぱい出るんだ」
尿道口から溢れる液体を、指先で亀頭に塗り付けながら言った。
「じゃあ、加藤先生にいっぱい見てもらうと、もっと出るかもね」
「そうなの?・・・真治君のためなら、いいわよ・・・先生がいっぱい見てあげる」
桃花は吐息がかかるほどペニスに顔を近づけた。
「高島先生も、もっと近くでみてもらっていいかしら・・・うちの生徒のためにお願いします。」
「いいわよ。生徒のためだもんね」
二人の女教師は妖しく微笑みながら、生徒のペニスを食い入るように見つめていた。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事