FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

隣の奥さんと汗まみれSEX(12)

「あぁぁ・・・いい!・・・奥まで入ってる!」
早紀の喘ぎ声を聞きながら、太一は腰を振り続ける。

「いいわ!・・・気持ちいいわ!・・・もっと!・・・もっと!」
肉付きのよい太ももをM字に大きく開き、淫らな女性器を露わにしながら喘ぎ続ける。
「あぁぁぁぁぁ・・・・・突いて!・・・もっと突いて!・・・オマンコを突いて!!」
淫らな声を上げる早紀の顔には、大粒の汗が煌めいている。
太一は、挿抽のスピードを上げてゆく。

「あん!・・・はぁん!・・・いいわ!・・・気持ちいい!!」
ねっとりとした愛液を垂れ流すオマンコの内部の柔襞が、ペニスにまとわりつき、そして時折、キューっと締め付けてくる。
「僕も気持ちいいです!・・・あぁぁぁ・・・早紀さんのオマンコが締め付けてる!」
「私も!・・・私も気持ちいいの!・・・あぁぁ・・・・太一くんのおちんちんが!・・・おちんちんが気持ちいいの!!」

太一は奥までガンガンと突きまくる。早紀のオマンコもクイクイと締め付ける。
「ダメ!・・・イッちゃいそう!・・・イクッ!!!」
顔を真っ赤にした太一のあごから汗がポタポタと落ちる。
「僕もイキそうです!」

そう言ったとたん、早紀が言った。
「ダメよ・・・中はダメ・・・中に出しちゃだめよ」
「わかりました・・・ちゃんと外に出します」
「よかった・・・じゃあ、いっしょにイキましょう」

太一は再び、スピードを上げて挿抽を繰り返す。
「あん!あん!あん!・・・いい!いい!いいの!・・・イキそうなの!」
「僕もイキそうです!」
「一緒に!・・・一緒に!・・・一緒にイッて!!!!」
「あぁぁぁ!・・・」
「イクゥゥゥゥゥ!!!!!」

射精感がこみ上げ、陰茎の中を精液が駆け上ってきたのを感じ、太一はペニスを抜き、早紀の腹の上にザーメンをぶちまけた。
ドピューーーー!!ドピューーーー!!
勢いよく発射された白濁液が早紀の巨乳に降り注がれる。
そして、その後も続けざまにザーメンが彼女の身体に着弾した。

「いっぱい出たね・・・」
乳房の谷間に貯まったザーメンを指先でぐるぐると弄びながら、早紀がつぶやく。
そして手を伸ばすと太一のペニスを握った。
「ねえ・・・舐めさせて」
早紀が恥ずかしそうに言った。

太一は、早紀の顔の方ににじり寄る。
そして、精液と愛液をしたたらせているペニスを突き出すと、待ちきれないように熟女の舌が絡みつき、陰茎についた体液を舐めとった。
「ふふふ・・・すごくいやらしい味がするわ」
亀頭をペロリと舐め、次いで、口いっぱいに頬張る。そして、頬をすぼませながらチューっと精液を吸い取った。
「太一くんの精液、全部吸い取ってあげる」
チュー、ペロリ、チュチュッツ。
彼女のお掃除フェラのおかげで、太一のペニスは綺麗になった。
「ありがとう」
太一はティッシュを取り、早紀の身体に着いたザーメンを拭き取ってやった。
「太一くん、ありがとう・・・すごくよかったわ」
早が、はにかむ様に言う。
「僕も気持ちよかったです」
太一は、早紀の横に添い寝をして話す。

「でも、汗びっしょりね・・・ねえ、シャワーしようか」
「じゃあ、早紀さんからどうぞ」
「ううん・・・一緒に入ろ」
肉感あふれる熟女は、少女のように甘えた声でそう言うと、太一の顔を抱きかかえ、自らの乳房の谷間にギューっと押し付けた。
「ねえ、いいでしょ?」

柔肉の感触と息苦しさの中で、太一は無言で肯いた。

第1話から読む
人気ブログランキングへ






関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(8)


太一は、贅肉がたっぷりと付いたお腹のしたに広がる陰毛に手を伸ばし、汗に濡れて肌に張り付いている密毛の生え際を、指先で撫でる。
ヘアーの処理はしておらず、剃り跡はないが、美しい逆三角形をしている。
「綺麗な形ですね」
「いやだぁ・・・処理してないから恥ずかしいわ」
褐色の割れ目の周りの覆う細く柔らかい陰毛は、女性器の美しい装飾のようにも見えた。

逆三角形の底辺から頂点へ、さらに大陰唇の縁へと指先が移動する。
年齢を重ねているにも関わらず、早紀の大陰唇はぴっちりと閉じており、襞ははみ出していない。
「本当にきれいだ」
太一は陰毛に覆われた大陰唇にキスをし、そして猫のように舌先でペロペロと舐める。
早紀の汗と愛液が混じり合い、濃密な味がする。
「早紀さんのいやらしい味がしますよ」
「あん!・・・もう、太一くんったら」

太一の舌が、割れ目をこじ開け、中の襞に到達する。早紀の割れ目の内部は愛液で溢れていた。割れ目に沿って舐め上げると、舌先に愛液がまとわりついてくる。
「すごく濡れてる・・・」
「言わないで、そんなこと・・・恥ずかしいから・・・」
「だって、ほら。こんなに」
太一が指で割れ目を大きく開いてやると、艶々としたピンクの襞が姿を現した。
「きれいですよ」
溢れ出る愛液まみれのオマンコを、太一の舌が丁寧に舐め始める。
クチュ、クチュ、チュ、チュ・・・
「あん!・・・はぁぁん!・・・」
見た目はぽっちゃりしたおばさんだが、喘ぎ声だけ聞くと20代かと思うほど可愛い声を上げる。

ムチムチした太ももに顔を挟まれながら、太一は彼女のオマンコを舐め続けた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

田舎暮らし ~オナニー真っ最中~

田舎暮らしを始めて2日目。

大きな家具の設置や、だいたいの片づけは、村の人たちに手伝ってもらって昨日済んでいるので、今日からは私たち夫婦で少しずつ荷物の整理をし始めた。
山積みの段ボール箱を順々に開けて、中の荷物をタンスや本棚に収納していくのだが、結構大変な作業だ。

「あー。疲れるね」と私が言うと、妻も大きく頷いた。
「ちょっと休憩がてら、ぶらっと散歩にでも行こうか?」
「いいわね」
ということで、二人で散歩に出かけることにした。

村を囲む山々の緑がまぶしく輝いている。吹き抜ける風も大変心地よい。
畑の貫くように通る道路を歩いていくと、数十メートル間隔で家が並んでいる。
田舎のことなので私たち以外に歩いている人はおらず、時折、農作業に向かう軽トラックが通りすぎるだけだ。

しばらく歩いていると、不審な声が聞こえてきた。
誰かのうめくような声だ。
「あなた、今の声聞こえた?」
「うん。苦しそうな声だったよね」
「ここの家からかしら?」
目の前にある、典型的な田舎の家を指さした。道路から、駐車場と庭を兼ねたような土地があり、その奥に住宅が建っている。

何か急病人がいるのかもしれない。
私たちは庭を突っ切り家に近づく。
「ん、ん、うぅん・・・・」
またしてもうめき声が聞こえる。

私は玄関扉を開けようとした。しかし鍵がかかっていて空かない。
私は妻の手を握ると、足早に家の横側に回り込んだ。

すると案の定、居間らしき部屋のガラスサッシが見えた。
急いで私たちはそこから中を覗き込んだ。

そして、その中の情景を見て、思わず息を飲んだ。
なんと、一人の女性が大きく脚を広げ、横たわっていた。しかも仰向けで膝を立てている。
そしてスカートが捲れあがっているため、黒々とした陰毛に囲まれた無防備な女性器がはっきりと見えた。

その女性は中指をペロリと舐めると、女性器の中に深々と挿し入れた。
「うぅぅぅん・・・」
抑え切れない嗚咽が漏れる。
女性は中指を小刻みに出し入れしながら、自分の世界に没頭していく。
「うぅん、うぅん・・・はぁん、はぁん・・・あん!・・・」

彼女の片手が、着ているTシャツをたくし上げると、大きな乳房が現れた。
彼女がギュッとつかむと、柔らかそうなおっぱいに指が食い込んだ。
そして自ら、荒々しく揉み始めた。
「はぁ、はぁ、はぁ・・・・」

私たちに見られているとは知らず、彼女は自慰行為を行っているのだ。

おまんこに押し当てた手は円を描きながらクリトリスを刺激し、挿入した指はいつしか2本になっている。
「うぅん、うぅん・・・あぁぁぁん!・・・うぅん・・・はぁぁぁん!・・・」
快感に溺れながらも堪えている喘ぎ声だが、感情の高ぶりにより、時折甲高い声が漏れてしまう。

ふと横を見ると、大きく目を見開き、女性のオナニーを凝視する妻がいた。

彼女の指はさらに激しく動く。
「はぁん!あん!あぁぁん!・・・あああぁぁん!!!」
妻に見つめられ、彼女はイッてしまった。

彼女の絶頂を見届けると、私は妻の手をギュッと握りしめた。
妻は我に返り、私の顔を恥ずかしそうに見た。
「すごかったね」
私は囁くと、彼女の手をギンギンに勃起した股間に押し当てた。
彼女は再び私の顔を見つめ、妖しく微笑んだ。
「私、早く家に帰りたいの。あなたもそうでしょう?」

ああ、この村に引っ越してきて、本当によかった。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (5)

「まずは女性器の説明をするわね」
おもむろに亜沙美は脚をM字に開いた。
「さあ・・・見て・・・」

セクシャルサポーターの仕事として、今までに何人もの若い男性と対応してきたが、股間を開いて見せるのはいまだに恥ずかしい。殆どの男性が食入るような視線を投げかけ、陰毛の一本一本や、襞の細かな様子までを目に焼き付けるかの様に、凝視してくる。
純平も、純真そうな瞳をキラキラさせながら、亜沙美の股間を見つめていた。
亜沙美は恥ずかしさに耐えながらも、股間を指差しながらきっぱりと言った。
「・・・よく見てください・・・」
ゴクリと純平が唾を飲み込む音が響いた。
細い指で割れ目を少し開いてやる。
「ここが女性器。つまり・・・おまんこです。」
純平は身体を前のめりにして、亜沙美の股間に顔を近づけた。
「純平くん、初めて見た感想は?」
「・・・とてもきれいです・・・」
「そう言ってくれて、うれしいわ」
突き刺すほどの視線を感じながら、亜沙美は説明を開始した。
「ここの外側のところが大陰唇。そして内側のこれが小陰唇と言うの。」
両手の指で襞を大きく開く。
「ここにある小さな突起がクリトリス・・・わかる?・・・女の子がとっても感じるところなの・・・そしてここは尿道。おしっこが出るところね・・・そしてこれが膣です。SEXをする時、ここにおちんちんを入れるのよ・・・」
亜沙美は、両手でピンク色の襞を大きく開いた。
「さあ、もっと近くで見て」
その声を聞くと、純平はベッドに腹這いになり、亜沙美のおまんこのすぐ近くまで顔を寄せた。

「じゃあ、純平くん、触ってみて」
戸惑いながらゆっくりと伸ばされた人差し指が、外側の襞に触れた。
「そう、そこよ・・・・割れ目に沿って触って」
大陰唇の上を、ゆっくりと指が擦っている。
「小陰唇も触って・・・」
亜沙美は両手でもう少し割れ目を開いてやった。
純平の指先が小陰唇に触れる。そして襞に沿って行ったり来たり動いていく。
「そう、純平くん上手よ・・・」
ゆっくりとした動きで、優しく小陰唇を触られて、亜沙美は割れ目の奥が湿ってくるのを感じた。

純平の指が膣口へと移動する。
「そこにおちんちんをいれるのよ・・・少しだけなら指を入れてもいいわ」
愛液で湿った襞をかき分け、膣口の中に指先が入る。
「あん!」甘い吐息が亜沙美の口から漏れた。
純平はびっくりして指を引き抜いた。
「ごめん・・・大丈夫よ・・・純平くんが上手いから、ちょっと感じちゃった・・・濡れてるのがわかる?・・・女の子が感じてる証拠よ」
純平は頷き、再び指を入れる。
「純平くんに触られて、とっても気持ちいいの・・・あん!」
純平が指を出し入れしたので、亜沙美が堪えきれず吐息を漏らした。
「女性器の性感帯といえば、ひとつは膣。もうひとつはここ・・・クリトリスよ」
亜沙美の指が敏感な突起をいじくりだす。
「私もクリトリスはすごく気持ちいいの・・・あん!・・・純平くん、こんな風に優しく触ってみて・・・」
亜沙美の指の動きをまねて、純平の指も円を描くようにピンクの突起を愛撫する。
「そう・・・ふぅん・・・上手いわよ・・・・あん!・・・」
クリトリスを愛撫され、割れ目から愛液が溢れ出す。
愛液が潤滑剤となり、性感帯を這い回る動く指先は、一段と亜沙美の感度を高めていく。
「はぁん!・・・気持ちいい!・・・そこがいいの!・・・」
亜沙美はひと際大きな声を上げ、純平の一生懸命な愛撫に身を任せた。

「セクシャルサポーター」の第1話から読む
「富田亜沙美の場合」の第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事