FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(8)


太一は、贅肉がたっぷりと付いたお腹のしたに広がる陰毛に手を伸ばし、汗に濡れて肌に張り付いている密毛の生え際を、指先で撫でる。
ヘアーの処理はしておらず、剃り跡はないが、美しい逆三角形をしている。
「綺麗な形ですね」
「いやだぁ・・・処理してないから恥ずかしいわ」
褐色の割れ目の周りの覆う細く柔らかい陰毛は、女性器の美しい装飾のようにも見えた。

逆三角形の底辺から頂点へ、さらに大陰唇の縁へと指先が移動する。
年齢を重ねているにも関わらず、早紀の大陰唇はぴっちりと閉じており、襞ははみ出していない。
「本当にきれいだ」
太一は陰毛に覆われた大陰唇にキスをし、そして猫のように舌先でペロペロと舐める。
早紀の汗と愛液が混じり合い、濃密な味がする。
「早紀さんのいやらしい味がしますよ」
「あん!・・・もう、太一くんったら」

太一の舌が、割れ目をこじ開け、中の襞に到達する。早紀の割れ目の内部は愛液で溢れていた。割れ目に沿って舐め上げると、舌先に愛液がまとわりついてくる。
「すごく濡れてる・・・」
「言わないで、そんなこと・・・恥ずかしいから・・・」
「だって、ほら。こんなに」
太一が指で割れ目を大きく開いてやると、艶々としたピンクの襞が姿を現した。
「きれいですよ」
溢れ出る愛液まみれのオマンコを、太一の舌が丁寧に舐め始める。
クチュ、クチュ、チュ、チュ・・・
「あん!・・・はぁぁん!・・・」
見た目はぽっちゃりしたおばさんだが、喘ぎ声だけ聞くと20代かと思うほど可愛い声を上げる。

ムチムチした太ももに顔を挟まれながら、太一は彼女のオマンコを舐め続けた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

サキュバスの仕業 ~階段~(2)

(あぁぁ、すごく立派ね・・・早くちょうだい・・・)
彼女は階段に手をついて四つん這いになり、グイッとお尻を突き出した。
白く丸きなお尻の割れ目の間に、小さくすぼまった肛門と、ぷっくりとしたオマンコが見えた。

彼女は股間に手を伸ばし、自ら大陰唇を開くと、艶々と輝くピンク色の肉襞を僕に見せつけた。
(硬いおちんちんを、ここに入れて・・・)

僕は、ペニスを膣口にあてがうと、ズボズボッと一気に挿入する。
(はぁぁぁぁん!)
彼女は艶めかしく腰をくねらせる。

僕はゆっくりと腰を動かし始める。
ヌメヌメとした感触がペニスにまとわりつく。

クチュ、クチュ、クチュ、クチュ
ペニスを抜き挿しするたびに、オマンコからいやらしい音がする。

(いい!・・・あん!・・・いいの!・・・あぁぁぁん!・・・気持ちいい!!)

オマンコはヌメヌメとした愛液を溢れさせながら、ペニスを締め付ける。
僕はその快感をタップリ味わいながら、抽挿を繰り返す。

(あぁぁ・・・おちんちん気持ちいい!・・・あん!・・・おちんちん、いい!・・・はぁん!・・・もっと突いて!・・・奥まで突いて!)

彼女は女猫のように腰を反らし、お尻を高く突き上げた。
僕はオマンコからペニスが抜けるほど腰を引いた。
そして、ひと呼吸置くと、一気に奥まで突き刺した。

(あぁぁぁぁ!!)

ひと際大きな喘ぎ声を聞きながら、ロングストロークでゆっくりと挿抜を繰り返す。
(あん!・・・あん!・・・当たってる!・・・おちんちんが奥まで当たってる!・・・いいの!・・・オマンコ気持ちいいの!・・・もっと!・・・もっとちょうだい!)

その声に応えるように腰のスピードを上げる。

(はぁん!・・・いい!・・・イキそう!・・・私、イキそう!)

ゾクゾクとした快感が急速に襲ってくる。

(あぁぁぁぁイッちゃう!・・・気持ちいい!・・・はぁぁぁん・・・イク!イク!イク!・・・イクッッッッッッ!!!)

オマンコがキューッ!と絞り込まれる。
「あぁ・・・いくっ!・・・」
背中に快感が走ったと思った瞬間、ペニスの先からザーメンが噴き出した。
ドピュッ!ドピュッ!

・・・・・

「あっ!」
気が付くと、僕は夢精をしていた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
関連記事

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (5)

「まずは女性器の説明をするわね」
おもむろに亜沙美は脚をM字に開いた。
「さあ・・・見て・・・」

セクシャルサポーターの仕事として、今までに何人もの若い男性と対応してきたが、股間を開いて見せるのはいまだに恥ずかしい。殆どの男性が食入るような視線を投げかけ、陰毛の一本一本や、襞の細かな様子までを目に焼き付けるかの様に、凝視してくる。
純平も、純真そうな瞳をキラキラさせながら、亜沙美の股間を見つめていた。
亜沙美は恥ずかしさに耐えながらも、股間を指差しながらきっぱりと言った。
「・・・よく見てください・・・」
ゴクリと純平が唾を飲み込む音が響いた。
細い指で割れ目を少し開いてやる。
「ここが女性器。つまり・・・おまんこです。」
純平は身体を前のめりにして、亜沙美の股間に顔を近づけた。
「純平くん、初めて見た感想は?」
「・・・とてもきれいです・・・」
「そう言ってくれて、うれしいわ」
突き刺すほどの視線を感じながら、亜沙美は説明を開始した。
「ここの外側のところが大陰唇。そして内側のこれが小陰唇と言うの。」
両手の指で襞を大きく開く。
「ここにある小さな突起がクリトリス・・・わかる?・・・女の子がとっても感じるところなの・・・そしてここは尿道。おしっこが出るところね・・・そしてこれが膣です。SEXをする時、ここにおちんちんを入れるのよ・・・」
亜沙美は、両手でピンク色の襞を大きく開いた。
「さあ、もっと近くで見て」
その声を聞くと、純平はベッドに腹這いになり、亜沙美のおまんこのすぐ近くまで顔を寄せた。

「じゃあ、純平くん、触ってみて」
戸惑いながらゆっくりと伸ばされた人差し指が、外側の襞に触れた。
「そう、そこよ・・・・割れ目に沿って触って」
大陰唇の上を、ゆっくりと指が擦っている。
「小陰唇も触って・・・」
亜沙美は両手でもう少し割れ目を開いてやった。
純平の指先が小陰唇に触れる。そして襞に沿って行ったり来たり動いていく。
「そう、純平くん上手よ・・・」
ゆっくりとした動きで、優しく小陰唇を触られて、亜沙美は割れ目の奥が湿ってくるのを感じた。

純平の指が膣口へと移動する。
「そこにおちんちんをいれるのよ・・・少しだけなら指を入れてもいいわ」
愛液で湿った襞をかき分け、膣口の中に指先が入る。
「あん!」甘い吐息が亜沙美の口から漏れた。
純平はびっくりして指を引き抜いた。
「ごめん・・・大丈夫よ・・・純平くんが上手いから、ちょっと感じちゃった・・・濡れてるのがわかる?・・・女の子が感じてる証拠よ」
純平は頷き、再び指を入れる。
「純平くんに触られて、とっても気持ちいいの・・・あん!」
純平が指を出し入れしたので、亜沙美が堪えきれず吐息を漏らした。
「女性器の性感帯といえば、ひとつは膣。もうひとつはここ・・・クリトリスよ」
亜沙美の指が敏感な突起をいじくりだす。
「私もクリトリスはすごく気持ちいいの・・・あん!・・・純平くん、こんな風に優しく触ってみて・・・」
亜沙美の指の動きをまねて、純平の指も円を描くようにピンクの突起を愛撫する。
「そう・・・ふぅん・・・上手いわよ・・・・あん!・・・」
クリトリスを愛撫され、割れ目から愛液が溢れ出す。
愛液が潤滑剤となり、性感帯を這い回る動く指先は、一段と亜沙美の感度を高めていく。
「はぁん!・・・気持ちいい!・・・そこがいいの!・・・」
亜沙美はひと際大きな声を上げ、純平の一生懸命な愛撫に身を任せた。

「セクシャルサポーター」の第1話から読む
「富田亜沙美の場合」の第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事

サキュバスの仕業(2)

なぜか僕は古びた旅館の一室にいた。

浴衣を着て、窓から見える景色を眺めていると、襖の向こうに人の気配がした。
スーと襖が開くと、浴衣を着た女性が正座で座っている。
僕の姿を見ると、三つ指をついて深々とお辞儀をした。
そして静かに立ち上がり、部屋に入ってきた。

ショートヘアで丸顔の可愛いく、とても清楚な感じのする女性だ。

彼女は僕のところに来ると、しなだれるように身体をくっつけた。
そして浴衣の上から股間を触ってきた。
ゆっくりと擦られ、僕のペニスは段々硬くなる。

すると、彼女は僕の浴衣を脱がし、全裸にさせた。
はにかんだような表情を見せながら僕の前に跪くと、僕のペニスを咥えこんだ。
彼女の唾液まみれの舌は、ペニスに絡みつき、小刻みに震える。
ペニスはすぐに硬さを増し、ビンビンになった。

なおも、ペニスに吸い付きながら、唇でしごき上げる。
その間も舌が絡みつき、亀頭を刺激し続けた。

僕のペニスが十分に勃起したことを確認すると、彼女は自ら腰紐をほどき、スルスルと浴衣を脱ぎ全裸になった。

美しい乳房、くびれた腰、大きなお尻。
見事な身体だ。
そして股間には少し濃い目の陰毛。

僕のペニスはピクンと跳ねあがった。

彼女は座卓の上に上ると、こちら向きになり、両脚を大きく広げた。
ぷくっと盛り上がった大陰唇が少し開き、中から綺麗なピンク色が覗いていた。

彼女は恥ずかしげに僕の顔を見ると、さらに腰を突き出した。

僕は彼女の股間に顔を埋めると、大陰唇から小陰唇を丁寧に舐めつくした。
彼女の割れ目からは甘い蜜が溢れ出してくる。

包皮の間からは、クリトリスが現れてきた。
舌先でクリトリスをペロペロしながら、膣口に指を挿入する。
そしてゆっくりと指を出し入れする。

彼女は快感をこらえる様に、少し顔をしかめた。
割れ目は愛液で溢れ出し、お尻まで濡らしていた。

彼女は身体を起こすと、立ち上がり僕を導き、隣の間との襖を開けた。
するとそこには、布団が引いてあった。

彼女は布団の上に横になると、脚を開き腰を浮かせた。
そして両手を伸ばし、僕を催促した。

僕は、彼女の脚の間に身体を入れ、ビンビンになっているぺニスを挿入した。

彼女の膣の中は、とても暖かく、ペニスに密着する感覚があった。
僕はゆっくりと腰を動かし始めた。
膣壁には微妙はヒダがあり、出し入れする度にペニスを刺激する。

彼女はピンクの唇を少し開き、甘い吐息している。

僕は射精感が急激に高まるのを感じ、腰の動きを速める。
すると膣がキュッキュッと締まり、彼女は激しい吐息を上げた。

僕も絶頂を迎えた。

「あぁ・・・いくっ!・・・」
背中に快感が走ったと思った瞬間、ペニスの先からザーメンが噴き出した。
ドピュッ!ドピュッ!

・・・・・

「あっ!」
気が付くと、僕は夢精をしていた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。