FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(4)


 盛大な拍手の中、全裸のウェイターたちは、各テーブルを回り始めた。
 参加者たちはその若い肉体を眺めたり、時には触ったりしながら楽しんでいるようだ。

 妙子が、みどりと和美のテーブルにやってきた。
「楽しんでる?」
「ええ・・・ちょっと戸惑っていますが・・・」みどりが答える。
「最初は誰もがそうなの・・・でも恥ずかしいことなんて、何もないのよ。恥ずかしがらずに、あなたの好きなように振舞えばいいのよ」
「私も最初はそうだったわ。でも大丈夫よ。すぐに慣れてくるって」
 和美がアドバイスをする。
 妙子が、そっとみどりの肩に触れた。
「このパーティに参加しているのは、旦那さんを亡くした50代以上の人ばかりなのよ。でも、みんなまだ若いわ。まだまだ性欲は衰えていないのよ。もっと男性と触れ合いたいのよ」
「でも、恥ずかしくて・・・」とみどりが下を向く。
「今の正直な気持ちを聞かせて?・・・男性の裸を見るのは嫌い?それとも好き?」
「・・・嫌いじゃないですけど・・・」
 煮え切らない態度をとるみどりに対して、強い口調で和美が割り込んだ。
「みどり。私たちもう50歳よ。おちんちん見て恥ずかしがってる歳じゃないでしょ?仕事のことも家のこともみんな忘れて楽しめばいいのよ」
 和美がけしかけたが、妙子がそれを制した。
「このパーティでは各自が好きなように楽しむのがルールなの。女性同士でおしゃべりするだけでもいいのよ。自分の気持ちが大切よ。」
「はい、わかりました」
「最後に一つだけ言っておくわ。ウェイターの男の子たちは、女性が希望することは何でもしてくれるの。だから、して欲しいことがあったら何でも言いなさいね。もちろんウェイトレスの女の子も同じよ。」
 そう言うと、妙子は隣のテーブルに移って行った。


 妙子と入れ替わるようにひとりのウェイターが近寄ってきて、和美に話しかけた。
「何かお飲み物でもお持ちしましょうか」
「そうね・・・」
 和美は、全裸のウェイターの顔を眺めた後、視線を下げていき、半勃ちしたペニスを眺めると再び顔をあげた。
「ところで、あなた・・・お名前は?」
「コウジです」
「そう、いい名前ね」
 コウジの肩に和美の手が触れた。
「いい身体してるわね・・・ねえ、みどり。そう思わない?」
「う、うん・・・」
 和美の手は、肩から胸板、そして腹部へと下がっていく。
「腹筋もすごいわ・・・」
 6つに割れた腹筋をゆっくりと撫で回す。
「ほら、みどりも触らしてもらいなさいよ」
 みどりの手がおずおずと差し出され、コウジの肌に触れた。
「ねえ、硬いでしょう」和美が尋ねる。
「うん・・・チョコレートみたい」
 みどりがボソッと言ったその言葉に、コウジは声をあげて笑った。
「ハハハハ・・・」
 その笑い声でみどりの緊張も少し解け、2人はコウジの腹筋を撫でまわした。
「そんなに触ったら、くすぐったいですよ」
「じゃあ、違うところを触ろうかな」

 和美の手が下がっていき、陰毛に達した。指先で生え際のラインをツーッと撫でた後、モシャモシャの陰毛の中に指先を突っ込み、グルグルと円を描く。
「ほら、みどりも触ってごらんよ」
 言われるままみどりも陰毛の中に指先を入れた。すると、その途端、コウジのペニスがグングンと硬さを持ち始め、ピンッと跳ね上がった。
「あらやだ。みどりが触ったとたんに大きくなってきた・・・」
「そんなことないわよ」
 みどりが弁明をする。
「ふふふ・・・冗談よ」
 和美はペニスを軽く握った。
「ふふふ・・・元気ね・・・みどりも触ってごらんなさい」
 みどりにとって、久し振りに見る勃起したペニス。
 赤く膨らんだ亀頭、血管の浮き出した陰茎。胸が高鳴る。
 そっと握ってみるととても硬い。みどりは、思わず上下に扱いた。
「ふう・・・」
 コウジが思わず吐息を漏らした。
「あっ!ごめんなさい」
 みどりはとっさに手を離す。
「何、恥ずかしがってるのよ・・・」
 和美はコウジに言う。
「ありがとう・・・でもまだ始まったばかりだから・・・またあとでね」
 コウジは軽く会釈をすると、ペニスを勃起させたまま、他のテーブルへと移って行った。
 それを見てみどりに話しかける。
「おちんちんどうだった?」
「どうって言われても・・・」
「でも私見てたわよ。あなたおちんちんしごいてたでしょう」
「そ、そんなこと言わなくたって・・・」
「いいの、いいの。パーティを楽しむ心の準備ができてきたでしょ?」

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

先生に見られながらの・・・(1)

じゃあ。服を脱いで。
そう、全部脱ぐのよ。
何してるの?
男でしょ。さっさとしなさい。

脱いだ服はそこの籠にいれてね。

早く、そのトランクスも脱ぎなさい。

はい、全部脱いだら、こっち向いて。

なに、隠してんの。手をどけなさい。
往生際の悪い子ね。

はい。気を付け!手は横!

あれ?・・・どうしたの?
もう、勃ってるの?

はい。手をどけて、おちんちん見せてね。

あら!
元気がいいのね。
何もしないのに、もう半勃ちね。

でも・・・いいもの持ってるんじゃないの。
もう、皮が剥けてるのね。
こういうおちんちん。先生、大好きよ。

よーく、見せてね。
半勃ちになった、あなたのチンポ。
いつも、こんなに、すぐ勃起するの?

これから体験することを想像して、勃っちゃたんだね。
想像力が旺盛なのよね。

ほら。おちんちん、ぴくん、ぴくんって反応してるよ。
どんどん、硬くなって・・・さっきと、角度が全然違う!
ぴーんとなっちゃったね。
見てるだけなのにね。

すこし足を広げてくれる?
そう、金玉がよく見えるように。
うーん。金玉の大きさは・・・普通より少し大きいかな。

ここで、精液がいっぱい作られてるのよね。
その精液、ドピューって出てくるところ、先生も早く見たいな。


第1話から読む

FC2 Blog Ranking




関連記事

皮膚科にて

「まだ、かゆいなぁ」
先日から内股に赤い湿疹ができました。市販の薬を塗ってみたが全然治りません。
「しかたないなぁ。病院に行くか。・・・でもパンツ脱いでみせなくちゃいけないかなぁ。」
近所の病院は恥ずかしいので、駅前に新しくできた皮膚科に行くことにしました。

受付を済ませ待っていると、すぐに名前を呼ばれました。
診察室に入ると、若い女医さんが座っていました。
(うわ!女の先生だ。・・・恥ずかしいな。)

「どうされました?」
「内股に湿疹ができて痒いんです。」
「そうですか。・・・じゃあ、ズボンを脱いで見せてください。」
僕はジーンズを脱ぎ、トランクス姿になりました。
先生は、僕の股間に顔を近づけます。
「ちょっと、足を開いて・・・」
そう言いながら、トランクスの裾をちょっとめくり、さらに覗きこみます。
(あぁぁ・・・横から見られてるよ。)

「確かに湿疹ですね。・・・ちょっと触りますよ。」
先生は僕の金玉袋をひょいと持ち上げました。袋の中で金玉がゴロッと移動します。
ペニスに急激に血液が集中していくのがわかりました。

「うーん。・・・広がってるね・・・ちょっと見にくいんで、パンツも脱いでくれる?」
「えっ!ちょっとそれは・・・」僕は口ごもってしまいました。

先生は、僕の股間のふくらみを見ながら、「恥ずかしいの?・・・大丈夫よ。」と言いながら、勃起の先端部分を、ちょんちょんと叩きました。
その刺激で、ペニスは大きくなります。

「はい。脱いでください。」
横にいた看護婦さんが、トランクスに手をかけ、下にずらそうとしました。

「あぁぁ。わかりました。・・・自分で脱ぎます!」
僕は、しかたなくトランクスを脱ぎました。
ペニスは半勃ち状態になっています。

先生と看護婦さんは顔を見合わせ笑っています。

「すぐ終わりますからね・・・ちょっと失礼しますよ。・・・」
先生は、僕の半勃ちペニスに顔を近づけます。そして、金玉袋を持ち上げたり、横にずらしたりして、内股をくまなく診察します。

下半身を露出しペニスを勃起させ、女性にこんな間近で見てもらっているというシチュエーションに、僕は異様に興奮を感じ、ペニスはますます大きくなりました。

「じゃあ。薬を塗るんで、そこのベッドで横になってもらえますか?」
診察室の横にある、衝立で仕切られたスペースのベッドを先生が指差しました。
僕は、あおむけに寝転びました。ペニスはフル勃起状態です。

看護婦さんが来てすぐにベッドの周りのカーテンを引きました。
そして僕の横に立って、勃起したペニスをじっと見つめます。そして、僕の耳元に顔を近づけ小声でささやきました。
「おちんちん、すごく大きくなってるよ。」
その声を聞き、ペニスがピクンピクンと反応します。
「ふふっ。元気いいのね。」

先生が薬を手に、ベッドサイドにやってきました。
しかし、どうしてもペニスが気になるようでチラチラと見ています。
「えーっと・・・ちょっとタオルを掛けますね。」
そう言って、バスタオルをペニスの上に掛けました。
しかしタオルの重みが刺激になり、僕のペニスが反応して、タオルが上下に動きます。
僕は射精感が押し寄せてくるのを少し感じました。

「じゃあ、お薬を塗るんで、膝を立てて、足を開いてください。」
(あぁ!・・・先生に見られている・・・まずい!・・・イッちゃうかも)
僕は自分の恥ずかしい姿勢に興奮し、更なる射精感の高まりを抑えきれなくなっていました。

先生は薬をぬり始めました。
まずは内股。僕はくすぐったさと恥ずかしさに耐えます。
次に門渡り。
最後に先生の指が金玉袋をつまみあげ、袋の裏側に薬を塗りました。

「はい。終わりです」
そう言って先生は笑顔でタオルの上から、僕の勃起の先端部分をちょんちょんと叩きました。

やばい!と思った瞬間、精液がペニスの中を高速で駆け上ってくるのを感じました。
ペニスはビクン、ビクンと2度、3度と続けざまに大量の精液を噴き出しました。
バスタオルを掛けていたので飛び散りはしませんでしたが、ザーメンの濃い匂いが立ち込めました。

「すみません」僕は思わず謝りました。
「・・・びっくりした!・・・イッちゃったの?・・・ごめんね。」先生も言いました。
そして、「拭かなきゃね。」というとバスタオルを外しました。
僕のペニスはザーメンでベトベトになっていました。陰毛にもいっぱいついています。
「たくさん出たね」先生が思わず言いました。



(つづく)
(第1話から読む)


FC2 Blog Ranking


関連記事

夜の公園

僕は家を出ると近くの公園に向かった。夜の公園は人影もなく、ひっそりとしていた。

ぽつんと明かりがついている公衆トイレに入ると、小便器に向かいチャックを下げ、ポロリとペニスをだす。そしてこれから起こることを想像しながら、寒さで少し小さくなっているペニスに指先で刺激を加える。ペニスが固くなったところで、僕は小便器を離れ洗面台の鏡の前に立ち自分の姿を映す。セータの裾から半勃ちのペニスが、ニョキッと飛び出している。僕はセータの裾を手で下に引っ張り、ペニスが隠れることを確認する。次にセータの裾を少し上げ、ペニスが露出することを確認する。
準備OKだ。
僕はセータの裾を下に引っ張りながらトイレから出ると、公園の中をゆっくりと歩き始める。セータが亀頭を刺激し、気持ちいい。

トイレの灯りから少し外れ、暗くなったところで、誰もいないことを確認し、セータの裾から手を離す。半勃ちのペニスが露わになる。
僕は少し緊張しながら、暗い道を歩いていく。
誰も見ていないとはいえ、ペニスを露出していることに興奮しながら、僕はゆっくり歩く。ペニスは増々固さを増していく。

向こうから誰かが来る・・・男か女か・・・スカートをはいている・・・女だ。

隠すのか、見せるのか。・・・僕は迷った。
この暗闇のなか、気付かないかも知れない。
いや、ばれて大声をだされたらどうする。

しかし、露出の誘惑には叶わない。
僕は勃起したペニスを出したまま歩くことにした。

近づいてきて、姿が見えてきた。・・・会社帰りの若い女性だ。
数メートルの道幅の左端から女がやってくる。僕は右端を進む。

段々近づいてくる。・・・あと5メートル・・・3メートル・・・1メートル。
彼女はこちらを少し見ている。
僕のペニスが、ピクンと大きく弾けた。・・・ばれたか!?

女性は少し歩調を早めたが、何事もなかったように、すれ違う。

気付かなかったのか。・・・いや、確かにこちらを見ていた。・・・セータの裾から突き出た僕のペニスを見ていた。

僕は振り返り、足早に去っていく女性の後ろ姿にもう一度ペニスを見せつけてやった。

そして次の訪れるスリルを想像しながら、固さを増したペニスをそっと握った。

第1話から読む

川上かすみ/とっても恥ずかしい野外露出ゲ [ 川上かすみ ]

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

コンドームの試着室

ある情報番組のレポートから・・・

「はい、レポーターの岸川一郎です。
今日はコンドームの試着室があることで、秘かな人気を呼んでいるというドラッグストアにおじゃましています。・・・こちらが試着室ですね。・・・普通の試着室より大きめで中にリクライニングチェアがあります。
そして、こちらにスタッフの清水智子さんに来ていただいていますので、実際の試着方法について、わたくしが体験レポートさせていただきます。
清水さん。よろしくお願いします。
早速ですが、コンドームの試着というのはどのようにされてるんですか。」

「洋服の試着とたいして変わりません。お客様が選ばれた商品を、この試着室で試着していただきます。その後、女性スタッフがサイズや薄さを確認します。お客様の好みをお聞きして色や形のアドバイスをする場合もあります。また装着感や使用感を試されたい場合は女性スタッフがお相手をいたします。」

「では、先ほど私が選んだこのコンドームで試着体験したいと思います。清水さん、お願いします。」
「はい。まずは、ズボンとパンツを脱いでいただけますか。・・・脱いだものはこのカゴをご利用ください。・・・あとは、ペニスを勃起させてコンドームを着けてみてください。・・・はい、ご自身でしごいてみてください。・・・オナニーをする時のように。・・・シコシコと。・・・どうですか?まだ半勃ちですか?・・・恥ずかしがることはありません。多くのお客様がなかなか勃ちませんから。・・・では私がお手伝いをさせていただきます。・・・立派なおちんちんですね。・・・こうやって、手でシコシコされると気持ちいいですか。・・・ほら、だんだん大きくなってきましたよ。・・・大きな雁首ですね。亀頭のくびれは感じますか。・・・ビンビンになってきましたね。・・・先から透明な液がでてきましたよ。

もう、これくらいでいいでしょう。・・・ではコンドームを着けますね。・・・こうやって、クルクルっと。・・・はい。着きました。・・・装着感はどうですか?この商品は非常に薄くできていますので、装着感があまりなく、感度は業界一と言われています。・・・えっ?使用感を試されたい?・・・わかりました。・・・では、私も失礼して下着を取らせていただきます。・・・どのような体勢がよろしいでしょうか。・・・バックがいいんですか?・・・
でも、挿入の前に口での刺激を。・・・一段と硬さを増しました。本当に立派なおちんちんです。・・・では、私は、こうやってソファに手をついて四つん這いになりますので、挿入感をお試しください。・・・えぇ。私の方は十分濡れています。・・・こんなに立派なおちんちんですのも。・・・どうぞ。・・・あぁぁ。・・・そうやって出し入れした感じはどうですか。・・・この商品、感度は業界一ですから。・・・あぁぁぁ・・・使用感は十分試されましたでしょうか・・・えっ。まだですか。・・・ぐちゅぐちゅ・・・もうそろそろ、いいでしょう。・・・動きが速くなってないですか?・・・ぐちゅぐちゅ・・・ダメ。ダメ。・・・あぁぁ。あぁぁ。・・・イク。イク!!・・・」

「はい。以上でレポートを終わります。・・・清水さん。次はこの商品の試着をしたいんですが・・・」

第1話から読む

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ