FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

隣の奥さんと汗まみれSEX(9)

「はぁぁん!・・・あんっ!・・・そこ!・・・うぅぅん!」
早紀の喘ぎ声を聞きながら、太一はピンク色の柔襞を何度も舐め上げた。
「あぁぁぁ・・・気持ちいいわ!」
襞から溢れ出る愛液に太一の唾液が混じりテカテカに輝く襞を左右に大きく広げると、クリトリスが姿を現した。包皮からピンクの真珠が少し顔を出している。
丁寧に包皮を剥くと、太一は舌先でクルクルと刺激する。
「あっ!あっ!あっ!・・・」
可愛い声が、小さく断続的に発せられた。
さらに、舌先を細かく震わせながら、クリトリスを愛撫する。
「あっ!あっ!・・・いい!いい!・・・」
割れ目からは、再び愛液があふれてくる。
「あっ!・・・ダメ!ダメ!・・・イッちゃう!イッちゃう!・・・ダメェェェ!」
股間に顔を突っ込んだ太一の顔を、早紀の太腿がギュウッと挟むが、太一は愛撫をやめない。
「太一くんダメ!・・・イッちゃう!・・・はぁぁぁん!・・・イクッ!イクッ!イクーーー!!」
早紀は太腿をきつく締めたまま、腰をガクガクと震わせながら絶頂を迎えた。
太一は、汗と愛液にまみれた股間に顔を埋めたまま、早紀の太ももが開くのをじっと待っていた。

「気持ちよかったわ」
けだるい早紀の声が聞こえ、太腿がゆっくりと開いた。
太一は、早紀の股間から顔を外すと、彼女の横に添い寝をした。
「まあ!・・・太一くん、すっごい汗」
早紀は、太一の頬を流れる汗を優しく拭った。
「この汗って・・・半分は早紀さんの太ももの汗だよ・・・ほら」
「ふふふ・・・そうよね・・・」
「それに・・・汗以外にもいっぱい出てたよ・・・いやらしいお汁が」
「もう・・・恥ずかしいわ」
照れくさそうにそう言うと、早紀は太一の唇を求めた。
チュ、チュル・・・チュチュル

早紀は太一と舌を絡めながら、太一の身体をまさぐった。
背中、わき腹、腰、そして勃起しているペニスに到達すると、逆手で握ってゆっくりと愛撫をする。
「硬くなってるね」
早紀は、ペニスを扱きながら身体を起こし、仰向けになった太一をねっとりと眺める。
「太一くん・・・いいでしょ?・・・ガマンできないの」」
早紀は屹立したペニスの上にまたがり、自分の膣の位置を確認すると、一気に腰を下ろした。
「はぁぁぁぁん!!」
熟女の大きな喘ぎ声が響いた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事

美咲先生のオナニー鑑賞(4)

「さあ。見ててあげるから、オナニーを続けて・・・」
「はい・・・」
勃起したペニスに顔を近づける二人を眺めながら、真治はオナニーを再開した。
包皮に包まれた亀頭に指3本を当て、上下に動かす。
時々は、皮をグイッと引っ張って亀頭を露出させる。
こうすると裏筋が刺激され気持ちいいのだ。
真治の手のスピードがだんだん速くなってくる。

「真治くん、早く扱くと気持ちいい?」美咲が尋ねる。
「・・・はい・・・」
「じゃあ、もっと早く扱いて。そしてもっと気持ちよくなってね」
「・・・は、はい・・・」真治の息使いが早くなる。
「すごい・・・ビンビンになってきたね」
「・・・あぁぁ・・気持ちいです・・・」
真治の手はさらにスピードを増してゆく。
「先生・・・出ちゃいそうです」
「いいわよ・・・いっぱい出して」
「アッ!・・・出る!・・・出る!!」
腹にくっつくほど硬く勃起していた陰茎を天井に向け方向を定めると、グイッと包皮を剥いた。
そして真っ赤な亀頭を完全露出させた瞬間。
ドピュー!!!!ドピュー!!!
白濁した精液が1メートルほどの高さまで噴き上げた。

「キャー!!・・・スゴイ!」
美咲が驚きの声を上げる。

その後も続けざまに、ドピュードピューと何度となくザーメンが噴き出し、真治の腹や胸にボトボトと落下した。
真治はペニスを扱き続ける。
その度に精液がトクトクと溢れ出し、亀頭、陰茎と流れてゆく。
真治は、指を精液まみれにしながら、なおも扱き続ける。
そうすると、精液は、とめどとなく溢れ出してくる。

「たくさん出るね」桃花が言う。
「本当、スゴイわ」美咲も同意した。

しばらくの間、真治はおちんちんを触り続けていたが、ようやく収まったようだ。

「真治くん、いつもこんなに出るの?」
「ええ。でも、こんなに出たのは、初めてです」
真治はティシュペーパーで精液を拭き取りながら話した。

「ところで、高島先生・・・真治くんのおちんちんは、どうですか?」桃花が尋ねた。
「もちろん、大丈夫よ・・・こんなにいっぱい出るんだもの、それに勢いもすごいし・・・」美咲は真治に言った。
「真治くん、よかったね」桃花も真治に向かい優しく微笑んだ。
「はい」嬉しそうに返事をした。
そして、服を着ると二人に礼を言って部屋から出て行った。


「ところで、加藤先生。髪に何かついてるわよ」美咲が指さした。
「えっ」
自分の髪にザーメンがついているのに、桃花は気が付いた。
「やだ・・・こんなところに、真治君の精液が飛んでるわ」
桃花は指先でザーメンを拭い取ると、ペロリと舐めた。
「うーん。おいしいわ」
満足げに桃花は笑った。
「もう、桃花ったらいやらしいんだから」
美咲も笑った。
「・・・あっ!私の髪にも!」
自分の髪についたザーメンを見つけると、美咲は同じように指で掬い取ると舐めた。
「すっごく濃いわね。たまらないわ・・・今日は桃花のおかげでいいもの見せてもらったわ。ありがとう」
「どういたしまして。・・・教師っていい仕事よね。フフフ・・・」
精液の匂いが漂う保健室で、二人の女教師は妖しげに微笑んだ。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事

美咲先生のオナニー鑑賞(2)

皮をかぶった小さなペニスが勃起し始めると、恥ずかしそうに真治は両手で股間を押さえた。
「す、すみません・・」
「そりゃ恥ずかしいわよね。でも大丈夫よ。先生を信頼してちょうだい。・・・さあ、手をどけて、先生におちんちんを見せてね」
美咲が優しく声をかけると、股間を隠していた手がそっと外され、勃起したペニスが姿を現した。
少なめの陰毛からニョキッと屹立したおちんちん。
細めの陰茎。そして包皮がかむったままの亀頭。
先っぽには皮が余っているが、カリ首は大きく張り出している。

「さすがに若いわね。触らなくても大きくなってるわ」美咲が言うと真治が顔を赤らめた。
「真治くん、恥ずかしがらなくても大丈夫。女性に見られて興奮するのは普通のことよ・・・ところで高島先生、どうでしょう?」桃花は心配するそぶりで尋ねた。
「うーん・・・見たところは、大丈夫そうね。長さ、太さ・・・普通じゃないかしら。」
「よかったね、真治くん」桃花は嬉しそうに言った。

「でも、硬さはどうかしら・・・ちょっと触るわよ」
美咲は人差し指でペニスの先端、つまり包皮で覆われた亀頭のあたりを、弾力を確かめるように2、3度押し下げた。
「硬さも大丈夫ね。私の指をグイグイ押し返してくるもの」
「真治くん、硬さも大丈夫だって」
真治は嬉しそうにうなずいた。

「あとは・・・この皮は剥けるのかな?」
「ええ・・・手で引っ張れば剥けます。それに毎日お風呂でしっかり洗ってます」
「お母さんに洗ってもらってるのよね」桃花が補足した。
「じゃあ、ちょっと剥いてみるね」
美咲が指先で包皮をズルりと押し下げると、真っ赤なきれいな亀頭が現れた。大きく張り出したカリ首のところに恥垢は付着していない。
「全部剥けるのね。それにきれいに洗えてるし、問題ないわね」

「じゃあ、僕のおちんちんは大丈夫ですか?」
真治が尋ねると、美咲は少し口ごもった。
「・・・うーん、真治くん。」
「はい。なんでしょうか」
「・・・おちんちんは大きさも大事だし、清潔にすることも大事なんだけどね・・・」
美咲が桃花の顔をチラッと見ると、桃花は声を立てずに小さく笑った。
「おちんちんでもう一つ大事なことは、きちんと射精ができることなの」
真治が戸惑いを顔に浮かべた。
「ところで、真治くんはオナニーする?」
「え、ええ」
「じゃあ、ここでしてもらえないかな・・・しっかり射精できること見せてちょうだい」
「・・・でも・・・」
「私の目で確認しておきたいのよ・・・そうでなくちゃ、真治くんのお母さんの心配がなくならないわよね」
「私も高島先生の言う通りだと思うの・・・ここでオナニーして見せて・・・いいでしょ?」
ふたりの女性教師に「オナニーを見せて」と言われ、ペニスはピクンピクンと反応し続けている。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


関連記事

罰ゲーム(5)

「少し足を上げてね」
大きく勃起したペニスを嬉しそうに横目で眺めながら、陽子は健太に促した。
そして片方ずつ足を上げさせると、足首まで下ろしたトランクを脱がした。

「皆さん!」陽子は、その場にいる全員を見まわした。
「ようやく健太が全裸になりました。罰ゲームの完成です!」
パチパチと加奈と悦子が小さく拍手をした。
「しかも、健太君のおちんちんは、こんなに勃起しています!」
真っ赤に腫らした亀頭を包皮から覗かせたペニスを陽子は指さした。
「キャー!いやらしい!」悦子がカマトトぶって黄色い声を上げた。
「こんなに大きいの見たことなーい!」加奈が輪を掛けて歓声をあげる。

「明美はどうなの?」陽子が声をかける。
「これは明美と健太の罰ゲームなのよ。勝利の感想は?」
明美は戸惑った表情のまま口を開いた。
「勝ったのはうれしけど・・・」
「けど・・・なんなの?」
「私・・・こういうの苦手だし・・・」
「もしかして明美って、おちんちん見るの初めて?」
「う・・・・うん」
「なーんだ。そうなんだ」
「じゃあ、この際だからじっくり見せてもらったら」
「う・・・うん」明美は躊躇した。

そこに加奈が割り込んできた。「私も初めてなの・・・」
「うそばっかり!」悦子が反応する。
「本当よ・・・こんなに立派なおちんちんは初めて」と加奈が言う。
「じゃあ、加奈の彼氏のおちんちんは、これより小さいの?」
「これよりは短いかな・・・でも、すごく太いの」
「どれくらい太いの?」
「うーん・・・」加奈はしばらく考えてから、大きく口を開いた。
「何よ。それ」
「だから、私の彼氏のおちんちんの太さは、これくらいなの」そう言うと、再び口を丸く開いた。
「加奈・・・もう、いやらしいんだから・・・いつもしゃぶってあげるのね」悦子がニヤニヤしながら言った。
「結構太いわね」と陽子。
「そう、いつもアゴが疲れちゃうの」加奈は自分のアゴをさすりながら言った。

「加奈の彼氏に比べると、健太は長くてそれに硬そうよね」悦子は健太の股間に、すり寄ってきた。
「明美も近くに来てもっと見なさいよ」悦子は明美の手を引っ張ると、健太の股間の真ん前に座らせた。
女の子に間近に見られて、健太のペニスはピクンと大きく跳ね上がった。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

オナニー三昧 ~跨線橋の上で~(1)


うちの家の近くには電車が走っていて、その線路の跨ぐ歩道橋、つまり跨線橋があった。
しかし大通りから外れたところにあるため、その跨線橋を利用する人は殆どいないことを僕は知っていた。また跨線橋を囲む目隠し用のフェンスが高いため、渡っている人が周りから見えないことも調査済だった。

僕はいつものようにクラブ活動を終えて学校から帰宅する途中、その跨線橋に行った。案の定、周りには誰もいない。
僕は橋を上りきると、階段に座って妄想を始めた。

いつものように、学校で一番人気のある音楽の山下先生が現れて、僕に話しかける。
(今日はこんなところでオナニーするの?)
(うん、外で一度してみたかったんだ)
(へえ・・・そうなの?・・・じゃあ、見ててあげる)
僕はチャックを下ろすとチンポを引っ張り出した。
秋の風がチンポにあたり、少しヒヤッとする。空を見ると夕闇で赤く染まり始めた鰯雲が流れている。
(風が冷たいね。おちんちんも小さくなってるね。・・・じゃあ、大きくしてあげる)
山下先生は小さくなったままのチンポを摘まむと、包皮を根元に引っ張り亀頭を露出させたり、戻したりしながらゆっくりとしごき始めた。
しかし初めて外でするため、気が散ってなかなか勃起しない。

すると線路の向こうから制服姿の女子高生が上ってくるのが見えた。
(あら!女の子が来たわよ・・・おちんちん見られちゃうわよ)
(どうしよう?)
僕の頭の中には、見られたい気持ちと、恥ずかしい気持ちの両方が渦巻いた。
(さあ、どうするの?)
山下先生はそう言いながらも僕のチンポをしごき続ける。
(僕のおちんちん見てくださいってあの子に言ってみようか?)
意地悪そうな先生の言葉に、僕のチンポが反応する。
(あっ!おちんちん硬くなってきたよ・・・やっぱり見られたいんだね)

そうしているうちに女子高生は階段を登り切った。
僕のチンポは一気に硬くなりビンビンに勃起した。
(すごいね!もうビンビンだよ・・・僕のビンビンに勃起したおちんちん見てくださいって言おうよ)
妄想の中で山下先生が唆す。

階段の一番上段に座っている僕は、通路部分を覗いた。
制服のスカートを翻しながら彼女が跨線橋を渡ってくる。
(彼女が来たよ!・・・しっかり見てもらいなさい)
(あぁぁぁ・・・どうしよう)
そう思いながら僕のチンポはますます硬さを増してゆく。
彼女の足音がすぐ近くまで響いてきた。
(ほら!もうすぐよ!)
僕はチンポをしごきながら理性と欲望の狭間で揺れ動く。

彼女がすぐそこまで来た。
(さあ、興奮してこんなに勃起したチンポを見てもらいなさい)
(あぁぁぁ・・・先生、どうしよう!)



第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事
次のページ