FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

勉強の合間に ~ストレッチ~(1)~


「あー。宿題は終わんない。肩が凝ってきちゃうよ」
僕が言うと、隣の机で勉強している妹も、手を休めた。
「私も疲れてきちゃった。うーーーん」
思いっきり腕を上げながら伸びをするTシャツの妹を、僕は眺める。
きれいなお椀形のおっぱいが強調され、しかもお椀の頂上はプクッと突き出している。
妹は、家ではノーブラだ。

「お兄ちゃんも、うーんってストレッチしてごらん。気持ちいいよ」
妹に言われた通り、僕もやってみる。「うーーーん」
「ね?すっきりするでしょ?」
「本当だね」と僕。
「うーーーーん」
妹は、再び伸びをする。
そして、僕は、無防備なその姿をじっくりと眺める。

「お兄ちゃん?」
「ん!?」
「さっきから私の胸ばっかり見てるでしょう?」
「ごめん、ごめん」
「お兄ちゃんって、本当にいやらしいんだから」
「いや……お前のおっぱい、きれいな形してるなと思ってさ」
「そう?」
妹は胸を突き出した。乳首のポッチが強調される。
「お前、乳首勃ってる?」
「エッ……勃ってないわよ。勃ってる訳ないじゃん」
「そうかな?」Tシャツの上から、妹の乳首を摘まんでみる。
「もう、お兄ちゃんったら……」
妹は笑いながら、背を向けた。

僕は、その背後から覆いかぶさるようにして、なおも妹の乳首を弄った。
指先でコリコリと摘まむと、敏感な乳首はすぐに硬くなった。
「ほら、乳首勃ってるよ」
「お兄ちゃんが触るからでしょ」
「ごめん、ごめん」
そう言いながら、妹のTシャツをたくし上げると、直接おっぱいを触り始めた。
「もう……勉強中でしょ?」

「もう、勉強なんて手に付かないよ」
僕は勃起した股間を妹の股間に押し付けた。
「私のお尻に何か当たってるよ?」
妹は後ろ手で僕の股間を弄ってきた。
「何これ?どうしたの?」
妹は振り返ると、膨らんだ股間を握ってきた。そして微笑みながら僕に問いかける。
「お兄ちゃん、何これ?なんでこんなに硬くなってるの?」
「……」
「私のおっぱいで興奮したの?」
「ごめん……」
「仕方ないわね……じゃあ、私がシコシコしてあげようか?」
僕が頷くと、妹はベッドを指差した。
「そこに横になってちょうだい」

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

空想ニュース ~セックスフラワーが見頃~


都内の植物公園では、初夏に咲くセックスフラワーが花を咲かせ、見頃を迎えています。

この花は、オマンコの形をした雌花と、オチンチンの形をした雄花を持っており、受粉する様子が、まるで、オチンチンをオマンコに挿入しているように見えることから、セックスフラワーと呼ばれています。
また、雌花からはオマンコの匂い、雄花からは精液の匂いがして、その匂い嗅ぐと、異常なほど性欲が掻き立てられるという花です。
日本でも「まぐわい花」と呼ばれ、子宝に恵まれない夫婦に贈る風習がある地方があります。

こちらの公園では、先月下旬から「セックスフラワーまつり」が開かれており、大勢の人でにぎわっております。
期間内は園内でセックスをすることが黙認されており、若いカップルはもちろん、高齢者の夫婦もセックスフラワーに囲まれながらセックスを愉しんでいます。
園内には、多数のベンチが設置され、クッションのブランケットの無料貸し出しが行われています。またコンドームも無料で配布されています。

もちろん男性だけ、女性だけで来場される方も大勢います。セックスフラワーを鑑賞しているうちに、オチンチンは勃起し、オマンコはビショビショになるので、気に入った相手を見つけるとすぐに仲良くなり、セックスを愉しむことができます。

また、夜はライトアップされ、キラキラと輝くイルミネーションがセックスフラワーを照らし出します。閉園の夜10時まで、思う存分セックスを堪能することができます。

「セックスフラワーまつり」は今月25日まで開かれます。なお18歳未満の方は入場できませんのであしからず。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking



関連記事

空想ニュース ~女子大生が電車のホームでセックス~


昨日午後8時ごろ、都内に住む30歳の男性が、駅のホームで女性に無理やり性行為をされられるという事件が発生しました。

逮捕されたのは、都内に住む女子大学生、又野満子容疑者21歳です。

目撃者の話によると、又野容疑者は、駅のベンチに座っていた男性の股間を突然掴み、「気持ちいいことしない?」と話しかけ、男性の下半身を露出させペニスを舐めたということです。
そして、男性のペニスがギンギンに勃起すると、「私のオマンコも舐めて」と言いながらパンツを脱ぐと、男性の口元にオマンコを擦り付け、無理やり男性に舐めさせました。
男性の証言によると、舐め始めるとすぐに又野容疑者のオマンコから愛液が大量に溢れ出し、非常に濡れやすい体質だったということです。
その後、又野容疑者は、「もう、我慢できないわ。あなたの硬いおちんちんを私のオマンコにちょうだい」と大声で叫ぶと、体面騎乗位で男性の上に跨り、勃起したペニスを濡れたオマンコに深々と挿入しました。そして激しく腰を振り、約20分の間に「イク!イク!」と叫びながら、少なくとも3回は絶頂に達した模様です。
そして、4回目の絶頂を迎えると同時に男性も射精を行い、又野容疑者のオマンコの中に精液約5ミリリットルを発射したということです。

警察は当初、男性による犯行の可能性も考慮し両面で捜査をしていましたが、防犯カメラの映像等から又野容疑者による犯行であると断定しました。

警察の調べに対し又野容疑者は、駅のホームで男性とセックスをしたことは認めているものの、強制わいせつの容疑に対して「強制わいせつなんかじゃないわ。合意の上よ。だって彼ったら下からガンガン突いてくるの。オチンチンがオマンコの奥に当たってすっごく気持ちよかった。またやりたい」などと反省の色は見えないとのことです。

一方、又野容疑者の弁護士は「みなさんご存知のように昨年、公然わいせつ罪は廃止されました。よって合意の上でのセックスを駅のホームで行うことはなんら問題ありません。完全なる誤認逮捕です」とコメントを発表しました。

今後は、この男性が合意の上だったのかどうかが注目されます。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

数学の女教師(2)


「先生うれしいわ。数学の勉強、もっとがんばって欲しいもの」
小さなフリルのついた真っ白なブラジャーに包まれた乳房を、ギュッと僕に押し付けながら先生は言った。
おかげで、いきり立ったチンポがピクピクと反応した。
「ほら、御覧なさい。田中君のおちんちんが、早く射精したいようって言ってるよ」
笑いながら鈴木先生の右手が金玉に添えられる。
「ここにいっぱい精液を溜めると、頭がいやらしいことばっかり考えるようになるの。だからすっきりしてから勉強に取り組むといいわよ。精液と成績は大いに関係があるのよ」
「はい……」

「じゃあ、いっぱい出してすっきりしましょうか」
真っ白なブラジャーとパンティ姿の先生は、僕の前にしゃがみ込むとリズミカルにチンポを扱き始めた。
シコシコ、シコシコ……
「気持ちいい?」
「はい、とても……」
「いっぱい出してね」
シコシコ、シコシコ……

鈴木先生に扱かれながら、僕は先生のおっぱいにそっと手を伸ばした。
「ダメよ!」
先生の厳しい声が飛び、僕は思わず手をひっこめた。
「田中君わかってる?今してることは勉強の一環なのよ」
「はい……」
「もっと数学の勉強を頑張ってほしいから、先生も努力してるのに……」
「すみませんでした」
「そんなことするんだったら先生、手伝わないから。勉強もオナニーも」
先生はチンポから手を離した。
「そんな……」
僕は、先生に見捨てられたような気がして少し悲しくなった。
「じゃあ、どうして欲しいのか。言ってごらん」
言い過ぎたと思ったのか、鈴木先生の口調が少し優しくなった。
「先生に……手伝って欲しいです」
「何を手伝って欲しいの?……はっきり言わないとわからないわ」
「先生に……オナニーを手伝って欲しいです」
「声が小さいわよ。先生にオナニーを手伝って欲しいですってはっきり言いなさい」
「先生にオナニーを手伝って欲しいです!」
「そうよ!もう一回言って!」
「先生にオナニーを手伝って欲しいです!」
「いいわよ。」先生は優しく笑うと、再び僕のチンポを握った。

「こうやって、おちんちん扱いて欲しいんでしょ?」
「はい」
「じゃあ、言ってごらん」
「おちんちん扱いて欲しいです」
「もう一回!」
「おちんちん扱いて欲しいです!」
「勃起したおちんちんを扱いてください!さあ、言って!」
「勃起したおちんちんを扱いてください!」

先生の手がシコシコと動き出した。
「あなたのおちんちん硬いわ!」
「おちんちん硬いです!」
「カチカチチンポよ!」
「カチカチチンポ!」
「私に扱かれて気持ちいい?」
「先生に扱かれて気持ちいいです!」
「とっても気持ちいい?」
「とっても気持ちいです!」

僕はもう我慢できなかった。
「先生、もうイキそうです」
「いっぱい精液出してね」
「いっぱい精液出します!」
「熱いザーメンいっぱい飛ばしてね」
「あぁぁ……ザーメン飛ばします……あぁ……イク!イク!」

ドピュー!ドピュー!
大量の精液がほとばしった。
勢いが良すぎて、先生の肩をかすめて飛んで行った。
「すごい!」
先生もびっくりしたようだった。
3回目の発射からは少し勢いを失い、先生の肩や胸にかかった。
最後は、先生の太腿に垂れ落ちた。

「どう、すっきりした?」
「はい、すっきりしました」
「じゃあ、早く家に帰って勉強しなさい」

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

数学の女教師


今日の数学のテストの結果は、ひどかった。
昨晩はあまり勉強ができなかったので期待はしていなかったが、自分でも驚くほど低い点数だった。
案の定、数学の鈴木先生から呼び出しを食らった。
鈴木先生は、分かりやすい授業で生徒から人気のある女の先生だ。

授業が終わり進路指導室に行くと、鈴木先生がひとりで待っていた。
真っ白なシャツに紺色のタイトスカートが魅力的だ。
「じゃあ、座って」
僕が椅子に座ると、先生も隣の椅子に並んで座った。
「田中君、今日のテストは悪かったね。どうしちゃったの?」
先生が、僕の顔を覗き込む。
「最近、勉強が手に付かなくて……」
「そうなの?勉強もいいけど、たまには身体を動かさなきゃだめよ」
「そういえば、全然運動してません」
「ダメよ。男の子は運動して発散させなくちゃ。すぐに溜まっちゃうんだから」
「はい……」
「昨日はしたの?」
「エッ!何をですか?」
「何をって……オナニーに決まってるでしょう」
鈴木先生の口からオナニーという言葉が出て、僕は驚いた。
「どうしたのそんな顔して。私がオナニーって言ったからびっくりしたの?マスタベーションとか自慰って言った方がよかったかしら。でも同じでしょう……で、きのうはシコシコしたの?」
僕はチンポが硬くなってくるのを感じた。
「昨日はしてません」
「ダメよ。男の子はオナニーしてすっきりしないから勉強が手につかないのよ」
「はい、すみません」

「じゃあ、今日は先生が手伝ってあげる」
鈴木先生の手が伸びてきた。
「いや、いいです」
「恥ずかしがってるの?……大丈夫よ。先生には今までたくさんの男子生徒を教えてきた経験があるの。それではっきりしているのは、男子の成績不振の最大の原因は、精子を溜め過ぎなのよ。」
「そうなんですか」
「そうよ。だから今日は先生が手伝ってあげるって」
先生の手が、ついに僕の股間を掴んだ。
「あれ?硬くなってる?」
先生の手が、ズボンの上からチンポを撫で回す。
「もうカチカチね」
先生はズボンとトランクスを脱がすと、完全に勃起したチンポを見て嬉しそうに笑った。
「田中君。立派なおちんちんね」

先生は、早速扱き始めた。
「こんなに元気がいいんだから、毎日オナニーしなくちゃ」
「はい……」
「ほら。ここ気持ちいでしょう」
シコシコと扱きながら、片方の手で亀頭を撫で回す。
もう、我慢できない。
「先生……イキそうです」
「いいわよ。いっぱいだしてね」
「アッ!イクッ!」
ドピュー!ドピュー!

先生の真っ白なシャツと紺色のタイトスカートに、精液をぶっかけてしまった。
「すごい!たくさん出たね」
「でも先生の服に掛けてしまって、すみません」
「全然、構わないわよ。でも、洗わないとダメね」
そう言うと、シャツとスカートを脱ぎ、ブラジャーとパンティ姿になった。

「田中君、またおちんちん大きくなってるよ。それじゃあ、家に帰っても勉強が手に付かないんじゃない?」
「……」
「よかったら、もう少しここで先生とお勉強しない?」
僕は大きくタテに首を振った。

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事
次のページ