FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

先生に見られながらの ~エリカの場合~ (3)


さあ、先生によーく見せてね・・・あなたのアソコ。
あぁぁ。とっても綺麗よ。
ぷっくりしてて・・・綺麗な割れ目よ。

その割れ目の周りに、陰毛もいっぱい生えてて・・・
もうすっかり大人よね。

どうしたの?そんなに恥ずかしがらなくてもいいじゃない。
大人になったら生えてくるのよ
ちなみに、先生は結構早かったのよ。すぐにボーボーになっちゃって・・・
あなたはいつ頃から生えてきたのかしらね。

大人になって、陰毛が生えてきて・・・ぷっくりと膨らんだ割れ目がムズムズしてくるのね。
そうよ、触っていいのよ。
いつも、どんな風に触るのかしら。

そう。そうやって、割れ目に沿って、指を動かすの。
気持ちいいところはわかってるよね。
そこを、自分の指でこねくりまわすの。

あぁぁ・・・気持ちいいのね。
可愛いわ・・・すごくいい顔してる。

もっと激しくしていいいのよ。
あら! もう割れ目を開いちゃうの?
我慢できないのね。
いいのよ、あなたの好きなようにすればいいの。

見せてね・・・あなたの割れ目の中も。
そう。両手で開いて見せて・・・・あっ!すっごく綺麗。
綺麗なピンク色をした襞がよく見えるわ。
それに、いやらしいお汁ですっかり濡れてるのね。
そして、可愛いクリちゃんも見せて。
まあ・・・小っちゃなピンクの真珠みたいよ。

どうしたの?腰がクネクネ動いているわよ。
見られて、感じてるのね?
大きく脚を広げて、自分で割れ目を広げて、先生に見せてるのよ。
そう!エリカちゃんのオマンコを先生がしっかり見てあげてるの。
だって、見て欲しかったんでしょう?
こうやって、いやらしい姿を見せたかったんでしょう。

いいのよ・・・それでいいの。
さあ、触っていいわよ。
あなたのオナニーすることを、先生がしっかり見ててあげる。

第1話から読む

~エリカの場合~第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

葵と亜香音(4)


「もっと気持ちよくしてあげる・・・」
亜香音は身体を起こすと、葵の両足に手を掛けた。
「いやっ!」とっさに葵は声を上げる。
しかし、容赦なく両足が大きく広げられる。
スカートはまくれ上がり、ピンク色のパンティが露わになる。
「ふふふ・・・」
亜香音は妖しく微笑んだ。そしてパンティに施されたレース模様に指を這わす。
「可愛いパンティね・・・よく似合ってるよ」
「あ、ありがとう」
「あれ?ここ、シミになってるよ」
亜香音の指先が、クロッチの割れ目を上下に撫でる。
「う、うぅぅ・・・」
「キスされて、おっぱい触られて・・・感じちゃったのね」
亜香音は優しく微笑みながら、クロッチの割れ目を何度もこすりあげる。
「うんんん・・・」
葵は、再び愛液がにじみ出てくるのを堪えられなかった。
「また湿ってきたわ・・・せっかくの可愛いパンティが、汚れちゃう」
「は、恥ずかしい・・・」
「もう大丈夫よ・・・こうしてあげる」
そう言うと、亜香音はパンティを一気に脱がした。
「だめっ!」葵が抵抗する。
そんな葵の声などお構いなしに、両脚を高く持ち上げた。
そして、マングリ返しにされた葵の秘部に、亜香音は顔を近づけた。
「きれいだわ・・・」
「恥ずかしいよ」
「ほら、こんなに濡れてるわ・・・」
亜香音はオマンコの襞を大きく開いた。
「きれいなピンク色・・・葵のいやらしいお汁がいっぱい溢れてる」
亜香音は葵のオマンコに口をつけた。

ペロリ。
舌で舐め上げる。
「あんっ!」
ペロペロ。
「ああぁぁぁん!」
亜香音は、ベロベロと舐め、そしてチュウチュウと吸い付いた。
「美味しいわ・・・葵のここ、とっても美味しいわ」
葵のピンクの襞を、柔らかい舌がくまなく愛撫する。ネットリトした動きで、襞を舐めたかと思えば、時には舌をとがらせ膣口に差し込み、小刻みに震わせた。
その度に葵の口から喘ぎ声が漏れる。
「はぁぁぁん!・・・あぁん!!・・・あぁん!!」
淫唇を舐めまわされて、快楽に酔いしれる表情を見ながら、亜香音は言った。
「じゃあ、ここはもっと気持ちいでしょう」
亜香音の舌は、クリトリスを舐め上げた。
「あぁぁぁんっ!・・・そこ!・・・気持ちいい!」
葵はひと際大きな声を上げた。クリトリスは葵の一番の性感帯なのだ。
マングリ返しのポーズで身動きがとれないまま、亜香音にクリトリスを愛撫される。
亜香音の愛撫は容赦なく繰り返され、葵は何度も歓喜の声をあげる。
「あんっ!・・・気持ちいい!・・・気持ちいいの!」
「マン汁がこんなにでてるわ・・・」
チュウ・・・亜香音の舌が、ねっとりとした愛液を舐めとる。
「はぁぁぁん!」
「舐めても、舐めても・・・いっぱい出てくるわ!」
「あっ!・・・あっ!・・・あっ!」
「気持ちいいの?・・・もっとして欲しい?」
「あぁぁん・・・もっと!・・・もっと!」
「もっと舐めて欲しいの?・・・オマンコもっと舐めて欲しいのね?」
「うん・・・舐めて!・・・葵のオマンコ、もっと舐めて!」
亜香音の舌が、激しく這い回る。
「あぁぁぁぁ・・・イク!・・・イク!」
亜香音の舌が、さらに激しくクリトリスを刺激する。
「あぁぁ!・・・ダメ!・・・イク!・・・イッちゃう!・・・イクッ!!!!」
葵は大きな声を上げると、腰を大きく突き出しながら足はビクビクと痙攣させ、絶頂を迎えた。

亜香音は、葵の股間から顔を上げ、ぐったりとした表情の葵の顔を見つめ、優しく微笑んだ。
「気持ちよかった?」
「うん」
照れくさそうに葵は笑った。
マングリ返しの姿勢を解いてやりながら、葵の股間に垂れたネットリとした愛液を拭てやった。
「ほら、ビチョビチョよ」
「もう・・・」
はにかんだ笑顔を見せる葵に、亜香音はキスをした。
「私たち、これからも仲良くしましょうね」

第1話から読む

FC2 Blog Ranking





関連記事

オナニー三昧 ~姉の気配を感じながら~ (2)

更にページをめくる。
四つん這いになった彼女は身体の向きを変えて、大きなお尻を僕に見せつける。
(どう?私のお尻?)
(なんて魅力的な大きなお尻なんだろう。・・・あぁぁ、たまらない!)
僕はシコシコとチンポをしごき続ける。

(あなた・・・私のアソコばっかり見てるでしょう?もっとよく見せてあげるよ)

僕はページをめくる。
彼女は砂浜にペタンと座り込み、脚を大きくM字に開いていた。水着のクロッチには、縦に筋が入っている。
(ほら、よく見えるでしょう?)
(うん。割れ目の筋がよく見えると)
(私の割れ目見ながらいっぱいシコシコしてね)
僕は射精感を感じて、椅子から立ち上げる。
そして、彼女の股間の割れ目を凝視しながら、高速で扱きつづける。


その時、ミシッと廊下で音がした。
(あれ?誰かいるのかな?・・・もしかしてお姉ちゃん?)
横目で入り口をみると、きっちり閉めたはずの襖がほんの少しだけ開いている。

(どうしたの?私のこと見ながらシコシコしないの?)
ページの中の彼女が僕に話しかける。
(廊下にお姉ちゃんがいるみたいなんだ・・・)
僕は現実と妄想の狭間をいったりきたりしながら、チンポをしごきつづける。

(じゃあ、もうオナニー止めるの?・・・その大きくなったおちんちんから精子がでるところ見せてくれないの?・・・)
(そんなことないけど・・・)
(それに、もうすぐイキそうなんでしょう?・・・ザーメンいっぱい出しちゃえば)
(でも・・・)
(そういいながら、ずっとシコシコしてるじゃない。もう我慢できないんでしょ?)
(でも・・・お姉ちゃんに見られてるなんて・・・)
(私には、おちんちんいっぱい見せてくれてるでしょ?・・・お姉ちゃんにも見せてあげればいいじゃない?)
(そうかな・・・)
(そうよ・・・お姉ちゃんも精子がでるとこ見たいのよ・・・ホラ、もうすぐイキそうでしょ?・・・いっぱいシコシコして!)

僕は、彼女に言われるまま、チンポをしごき続けた。
(あぁぁ・・・イキそう!イキそうだよ!)
(思い切りイッて!・・・いっぱいザーメン飛ばしてね!)
ドピュー!ドピュー!
僕は机の上に精子をぶちまけた。

ミシッ。また廊下で音がした。
(やっぱりお姉ちゃんがいる・・・)

(いっぱい出たね?気持ちよかった?)
彼女が話しかける。
僕はティッシュペーパーでザーメンを拭き取りながら、妄想の世界の中で話を続ける。
(うん。気持ちよかったよ)
(お姉ちゃんに見られてたからいつもより、気持ちよかったんじゃない?)
(そうかな?)
(きっと、そうよ!・・・そのおちんちん、もう一回お姉ちゃんに見せてあげたら?)

彼女に唆されて、僕は襖の方に向き直った。
(ほら、あの隙間からお姉ちゃんが見てるわよ)
(お姉ちゃんが僕のチンポを見てる・・・)
(そう。あそこで息を潜めて、あなたのおちんちんをじっと見てるわよ)
そう思うと、なぜか僕のチンポは再び硬くなり始めた。

その時、誰かが階段を上ってきた。
「真由美・・・こんなところで突っ立って、何してるの?」母の声だ。
「いや別に・・・」襖の向こうから、姉の声がした。

(やっぱりお姉ちゃんに見られてたね・・・フフフ・・・)



第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

夏の思い出 ~和恵13歳~ (1)

 真っ赤な夕焼けが西の空を染める景色を、祖母の家の縁側から久保和恵は眺めていた。中学1年になる和恵は、夏休みを利用して家族と一緒に帰省しているのだ。

 「和恵姉ちゃん。一緒にお風呂入ろうよ」小学校3年生になる岩本輝彦が和恵の手を引っ張った。いとこの輝彦も帰省中であった。
「えー!私、一人で入りたいなあ」
中学生になり、体つきも女性らしくなりつつある和恵にとって、小学生とはいえ男子に裸を見られるのは恥ずかしかった。
「そんなこと言わないで輝ちゃんと一緒にお風呂に入っておいで」母親に言われ、和恵はしぶしぶ立ち上がった。
「やったぁ!」輝彦は喜びの声を上げると、その場で真っ裸になった。全身真っ黒に日焼けしているが、水泳パンツの跡がくっきりと残っている。
「じゃあお姉ちゃん。すぐに来てね」小さなおちんちんをプルプルさせながら、輝彦は風呂場へ走っていった。

 和恵は脱衣場へ入ると服を脱ぐと、大きな鏡に自分の姿を写してみる。まず視線がいくのは、最近膨らみ始めた乳房だ。そっと両手を当ててみる。まだまだ小さいが、お母さんもおばあちゃんもおっぱいが大きいので、私もこれからもっと大きくなるはずだ。
それよりも気をつけなくちゃいけないのがお腹だ。おっぱいは大きくなってもおデブちゃんにはなりたくない。雑誌のモデルみたいにウエストは細くなくちゃ。
そして視線の先は、おへその窪みから下へ下がって行き、ぷっくりと膨らんだ部分を見る。真ん中には、ひと筋の割れ目。友達の中には、毛が生えてきている子もいるが、和恵はまだだ。

 「お姉ちゃん、早く入ろうよ」
輝彦がドアを開け、頭から滴を滴らせながら顔を覗かせた。
「わかった、わかった」
輝彦に手を引っ張られ、和恵は浴室に入って行った。

 ふたりが浴槽に浸かっていると輝彦がうれしそうな顔で言った。
「お姉ちゃん。僕、潜るの得意だよ。見てて。」
体育座りで入っている和恵の足元で、顔を沈めた輝彦は、すぐに顔を上げた。
「お姉ちゃん、狭いよ。ちょっと協力してよ」
輝彦はそう言うと再び潜った。そして、揃えている和恵の両膝に手をかけると、ぐっと広げ、脚の間に頭を入れてきた。
「輝ちゃん、止めて」和恵は声をあげ、輝彦の背中をポンポンと叩いた。
ザバー!と輝彦が顔を上げる。
「すごいでしょう!」
輝彦は満面の笑みで話しかける。
その表情に和恵は言い返せなくなってしまった。
「じゃあ、もう一回」再び輝彦が潜った。
体育座りの体制で大きく開いた脚の間に輝彦の頭があった。もしかしたら輝彦は私の割れ目を見ているのかもしれない。そんな気がして和恵は恥ずかしくなり思わず脚を閉じた。

アダルトブログランキングへ



関連記事

ブルーパンティ(6)

「う、う・・・・」アキラが吐息を漏らす。
根元まで咥えこみ、スーッと唇から引き出す。カリ首のところでは、くびれの形に沿ってゆっくりとしごき上げる。
ゆっくりと上下に動く美紀子の頭。そして唾液でヌメヌメと光る自分のペニスが、美紀子の唇から出たり入ったりしている。初めてのフェラチオで、アキラは目を閉じ首を振りながら、快楽の波に耐えた。
「どうしたの?・・・そんなに気持ちいい?」囁くような美紀子の甘い声が聞こえる。
アキラは無言のまま激しくうなずいた。

「じゃあ、これはどうかな」
今度は、亀頭のカリ首を集中的に舌先で責める。
「あ、あ、あ・・・」
「また、大きくなった。すごいおちんちんね・・・私も感じてきちゃった」
美紀子は、スカートの中に手を入れ、既に濡れている割れ目をいじくった。
「はぁん・・・」
そんな美紀子を見て、アキラのペニスはまた、ピクンピクンと反応する。

「本当、元気なおちんちんね・・・・もっと舐めて欲しいの?」
アキラの顔を見ながら、ペニスへ唾液をダラリと垂らした。少し粘度をもった唾液が、亀頭から陰茎、そして金玉へと垂れていく。
美紀子は、垂れていく自分の唾液をペニスに擦り付ける様に、亀頭から金玉へと舐めていく。そして最後に金玉を咥えこみ、ジュルルと大きな音をたてながら金玉をしゃぶった。
「金玉も大きくて、重いね」
ペニスを手でしごきながら、金玉をひとつづつ交互にしゃぶってやる。
これがあの熱い精子を生み出すのだと思うと、愛おしくなった。
袋の皺を伸ばすように舌先をクネクネと動かし、袋の中でコロコロと動く金玉を愛撫してやる。そして金玉を口に含み、ジュルッといやらしい音をたてながら吸い付き、パッっと吐き出す。
「うぉぉ・・・」
初めての感覚にアキラは呻き声をあげた。
もう一つの金玉も同じように愛撫を咥えた。
「気持ちいいでしょ?」
射精が近いのだろうか、金玉袋が急に縮み上がっていくようだ。
アキラを見ると、相変わらず目を閉じ、必死に射精をこらえている。

(第1話から読む)

人気ブログランキングへ


関連記事
次のページ