FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

数学の女教師


今日の数学のテストの結果は、ひどかった。
昨晩はあまり勉強ができなかったので期待はしていなかったが、自分でも驚くほど低い点数だった。
案の定、数学の鈴木先生から呼び出しを食らった。
鈴木先生は、分かりやすい授業で生徒から人気のある女の先生だ。

授業が終わり進路指導室に行くと、鈴木先生がひとりで待っていた。
真っ白なシャツに紺色のタイトスカートが魅力的だ。
「じゃあ、座って」
僕が椅子に座ると、先生も隣の椅子に並んで座った。
「田中君、今日のテストは悪かったね。どうしちゃったの?」
先生が、僕の顔を覗き込む。
「最近、勉強が手に付かなくて……」
「そうなの?勉強もいいけど、たまには身体を動かさなきゃだめよ」
「そういえば、全然運動してません」
「ダメよ。男の子は運動して発散させなくちゃ。すぐに溜まっちゃうんだから」
「はい……」
「昨日はしたの?」
「エッ!何をですか?」
「何をって……オナニーに決まってるでしょう」
鈴木先生の口からオナニーという言葉が出て、僕は驚いた。
「どうしたのそんな顔して。私がオナニーって言ったからびっくりしたの?マスタベーションとか自慰って言った方がよかったかしら。でも同じでしょう……で、きのうはシコシコしたの?」
僕はチンポが硬くなってくるのを感じた。
「昨日はしてません」
「ダメよ。男の子はオナニーしてすっきりしないから勉強が手につかないのよ」
「はい、すみません」

「じゃあ、今日は先生が手伝ってあげる」
鈴木先生の手が伸びてきた。
「いや、いいです」
「恥ずかしがってるの?……大丈夫よ。先生には今までたくさんの男子生徒を教えてきた経験があるの。それではっきりしているのは、男子の成績不振の最大の原因は、精子を溜め過ぎなのよ。」
「そうなんですか」
「そうよ。だから今日は先生が手伝ってあげるって」
先生の手が、ついに僕の股間を掴んだ。
「あれ?硬くなってる?」
先生の手が、ズボンの上からチンポを撫で回す。
「もうカチカチね」
先生はズボンとトランクスを脱がすと、完全に勃起したチンポを見て嬉しそうに笑った。
「田中君。立派なおちんちんね」

先生は、早速扱き始めた。
「こんなに元気がいいんだから、毎日オナニーしなくちゃ」
「はい……」
「ほら。ここ気持ちいでしょう」
シコシコと扱きながら、片方の手で亀頭を撫で回す。
もう、我慢できない。
「先生……イキそうです」
「いいわよ。いっぱいだしてね」
「アッ!イクッ!」
ドピュー!ドピュー!

先生の真っ白なシャツと紺色のタイトスカートに、精液をぶっかけてしまった。
「すごい!たくさん出たね」
「でも先生の服に掛けてしまって、すみません」
「全然、構わないわよ。でも、洗わないとダメね」
そう言うと、シャツとスカートを脱ぎ、ブラジャーとパンティ姿になった。

「田中君、またおちんちん大きくなってるよ。それじゃあ、家に帰っても勉強が手に付かないんじゃない?」
「……」
「よかったら、もう少しここで先生とお勉強しない?」
僕は大きくタテに首を振った。

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

寮母さんとの淫らな体験談(5)


唾液で湿らせた指先が、まるで軟体動物の触手のようにゆっくりと這い回ります。
細い指をクネクネと亀頭に絡ませながら、指の腹を小刻みに震わせて尿道口を刺激します。
そして、トロトロと溢れ出る透明な液をカリ首にまぶしながら、亀頭冠をやんわりと扱きます。
もう片方の手は金玉を弄びます。右の金玉をコロコロ、左の金玉をコロコロ。
じんわりとした快感が押し寄せてきます。

もっと激しく扱いて欲しい気持ちと、このまま焦らされつづけたい気持ちがないまぜとなりながら、僕のチンポはビクンビクンと激しく脈打ちました。
「もっと激しいのがいい?」
神田さんは優しく微笑み、硬く勃起したチンポを握りました。
そして、その上に顔を近づけると、真っ赤に腫れ上がった亀頭にタラーッと唾液を垂らしました。
大量の唾液をチンポにまぶすと、リズミカルに扱き始めました。
「あぁ、気持ちいい!」
焦らされ続けたチンポに、強烈な快感が走ります。

神田さんはシュッ、シュッと扱きながら、さらに唾液を垂らします。
「フフフ……」
ベトベトになった手を動かしながら、妖しく僕を見つめる寮母さんはすっかりいやらしい熟女になっていました。
「ビンビンね。もう我慢できないんじゃない?」
僕は頷きました。
「そう……やっぱりね」
チンポに絡みつく唾液まみれの手の動きがスピードを速めました。
クチュ、クチュ、クチュ、クチュ……
「あぁぁ!」
寮母さんは、さらに唾液を追加します。
「もっと気持ちよくなっちゃうよ」
クチュ、クチュ、クチュ、クチュ……
「イクよ……イッちゃうよ!」
「イッていいのよ」
クチュ、クチュ、クチュ、クチュ……
「あぁぁぁ!」
「いっぱい出して!」
クチュ、クチュ、クチュ、クチュ……
「アッ!イクッッッ!」

ドピュー
精液が高々と噴き出しました。
「キャッ!」
寮母さんが小さく悲鳴を上げました。
ドピュー、ドピュー
自分でも驚くほど、勢いよくザーメンが噴き出します。
溢れ出る
チンポを握りながら神田さんはキュッキュッと最後まで扱いてくれました。

尿道口から精液が出なくなると、神田さんは優しく微笑みました。
「あぁ、びっくりした。精液がビューって飛んだね」
「あんなに飛んだのは初めてかな?すごくよかったから」
「気持ちよかったんだ。うれしいわ」

神田さんは飛び散ったザーメンをティッシュで拭き取ってくれました。
「いっぱいでたね。じゃあ、部屋に戻ってゆっくりと寝なさい」
ふと見ると、藤色のワンピースにも、一筋の精液が付いていました。
「あっ、寮母さん。ここにも」
神田さんは指先ですくい取り、その指をペロリと舐めました。
「フフフ……おいしい」

部屋に戻った僕は、神田さんの指を思い出しながらもう一度オナニーをしました。

第1話から読む
人気ブログランキングへ

関連記事

寮母さんとの淫らな体験談(4)


僕が、さらに唇をくっつけようとすると、突然、神田さんはクスクスと笑いながら身体を離しました。
「だめよ。風邪なんだから大人しく寝てなきゃ」
そう言いながらも、神田さんの手が、僕の太腿の上にそっと載せられました。そのすぐ横には、大きく膨らんだ僕の股間があります。
「でも、こんなになってたら眠れないよね」
寮母さんは妖しく微笑みながら、顔を近づけてきました。
「私とキスしたから、こんなになったのかしら?」
「……」
「ごめんね……私のせいなのね」
寮母さんの手が内ももの上をスーッと滑り、テントを張った股間ギリギリを優しく擦ります。
テントの中でビクンビクンと脈打つチンポを見ながら、ポツリと言いました。
「手伝ってあげようか」

寮母さんが僕をこの部屋に呼んだのは、これが目的だということは最初から気付いていました。でも、寮母が寮生のオナニーを手伝うという大義名分が必要だったのです。
僕は、申し訳なさそうに「お願いします」と頷きました。
「絶対、秘密よ」
僕が大きく頷くと、神田さんはドアに鍵をかけ、そして窓のカーテンをぴったりと閉めました。
仰向けになった僕の隣に、神田さんは正座しました。
「誤解しないでね。私のせいだから……」
独り言のように小さな声で言うと、パジャマのズボンとトランクスを下ろしました。

「まあ!」
僕の勃起したチンポを見て、神田さんは恥ずかしそうに声を上げました。
「谷村くんのおちんちんを見るのは、2回目ね」
そう、言いながら柔らかい手が勃起したチンポに触れました。
「この間、お風呂場で見た時はチラっとしか見なかったけどね」
まだ恥ずかしいのでしょうか。神田さんはゆっくりとチンポを触っていきます。

指先で陰茎をこすり上げ、その指先が亀頭をこねくり回します。そして、尿道口から溢れ出るカウパー氏腺液をすくい取ると、カリ首をゆっくりと一周させました。
「気持ちいい?」
今度は、指先で輪を作ると、亀頭の周りをゆっくりと上下に扱きます。
決して激しく扱くことはありません。ゆっくりと優しい手つきです。
「痛くない?」
時折、神田さんは指をペロリと舐めて潤滑剤代わりにしながら、ゆっくりと、しかし確実に性感帯を攻めていきます。
尿道口から裏筋を刺激したあとは、亀頭の括れを湿った指が這い回ります。
そして陰茎に沿わせながら下がっていくと、金玉袋の中の睾丸をゆっくりと転がします。
「あぁぁ」
思わず吐息が漏れてしまいます。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(10)


「久し振りなんでしょう?お先にどうぞ」
和美が茶化したように言った。

みどりは目の前のペニスをまじまじと眺めた。
確かに、こんなに間近にペニスをみるのは夫を亡くしてから3年ぶりのことだ。
夫のペニスに比べると少し小ぶりだが、亀頭は一回り太く、カリ首が張り出している。
その亀頭の先の小さな割れ目からはすでに透明な液体が溢れ出し、裏筋を伝って陰茎に垂れている。

「ねえ、みどり。いつまで見てるの?久しぶりで忘れちゃった?こうやって舐めるのよ」
我慢できなくなった和美が、亀頭をペロリと舐めた。
「あぁぁ、美味しい」
妖しく光る舌全体で亀頭をペロペロと舐めると、今度は舌先で亀頭の括れをチロチロと刺激する。
亀頭の周りを舐め終わると、最後に亀頭にチュッとキスをした。

「思い出した?」
和美は笑いながら、みどりと交代した。

「うん、思い出した」
はにかみながら、みどりはそっと亀頭に舌を這わした。
久し振りとはいえ、もちろん本当に忘れていたわけではない。ただ、和美の前で恥ずかしがっていただけなのだ。
みどりも、ペニスをペロペロと舐めまわし、最後に亀頭を口に含んだ。
大きめの亀頭を舌で舐めまわす。
「ふぅぅ……」
コウジが吐息を漏らした。

「ねえ、いっしょに舐めよう」
ふたりは顔をくっつけるようにすると、、同時に陰茎の根元から舐め始めた。
ベローっと舐めながら上がっていき、亀頭の先端まで舐める。
そして、再び根元に戻り亀頭の先まで舐め上げる。
「気持ちいい?」
みどりが微笑みながら尋ねる。
「うん、すごく気持ちいい……」
コウジも嬉しそうに答える。

2人の同時フェラが何度か繰り返さされたのち、今度は、和美がパクリとペニスを咥えた。
唾液でいっぱいになった口の中に、ペニスが奥まで挿入され、そして、唇をすぼめながらゆっくりと引き出される。
クチュクチュといやらしい音を立てながら、何度も抽挿が繰り返される。

「じゃあ、私はタマも舐めちゃおうかな」
みどりは、金玉袋の中のコロコロとした玉を舌先でツンツンと刺激する。
そしてコウジの顔を見ながら、片方の玉を口に含んだ。
口の中で金玉を転がしながら、コウジの表情を伺う。
強すぎる睾丸への愛撫が禁物なのを、みどりは知っているのだ。
コウジが愉悦の表情を浮かべてるの見ると、みどりは金玉を軽く吸引し、チュパッと口から吐き出した。
「コウジくんは、キンタマ気持ちいいのね」

「そうなの?」
和美は咥えていたペニスを掃き出すと、今度はもう片方の金玉を口に含んだ。
そうなると、今度はみどりがペニスを咥え込んだ。
クチュクチュ……チュパチュパ……クチュクチュ……チュパチュパ……
2人は、ペニスと金玉を舐め続けた。

第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(9)


開始から1時間を過ぎてパーティはますます盛り上がってきた。
参加している未亡人たちは自ら服を脱ぎ、恥ずかしげもなく熟れた裸体を晒し、そして様々なやり方で、自らの性欲を満たしていた。

壁際に仁王立ちした全裸の若者のペニスを舐めまわしている熟女。
バーカウンターの上で大きく脚を広げて、股間を舐めてもらっている熟女。
ソファーの上では、ウェイトレスと熟女が互いの乳房を触り合っている。
そして部屋のいたるところでは、硬く勃起したペニスを挿入され、喘ぎ声をあげる熟女たちがいた。
またその様子を見ながらオナニーを愉しむ熟女たちもいる。

一方、みどりと和美は服を着たまま並んでソファに座っていた。
パーティの常連である和美は、今すぐにでも服を脱いで仲間に入りたいのだが、初めて参加するみどりに気を使っているのだった。
「ねえ、みどり……そろそろ私たちも楽しまない?もう我慢できないかも……」
頬は紅潮させ、太ももをモジモジさせながら和美が言った。
もちろん、みどりも股間の火照りを感じていた。
「うん、私もすごくエッチな気分よ……でもね……」

するとひとりの若者が近づいてきた。
「楽しんでいらっしゃいますか?」
見覚えのある筋肉質の身体。顔をみると、パーティーが始まって最初に話をした男性だった。
「あら……コウジくんだったっけ?」
和美が声を掛けた。
「覚えておいてくれたんですね。うれしいな」
和美は横にずれて、みどりとの間にコウジを座らせると、早速、6つに割れた腹筋を撫で始めた。
「本当、いい身体ね」
そう言いながら和美の手は下がっていき、まだ柔らかいペニスを握って扱きはじめた。
「あぁぁ、気持ちいい……」
小声で吐息を漏らし、コウジのペニスはみるみるうちに硬く勃起していく。
真っ赤に膨れ上がった亀頭、ごつごつと血管を浮き出す陰茎。
みどりの視線はコウジのペニスに釘付けになった。
「ねえ、みどり……見てるだけじゃなくて、触りたくなったんでしょう?」
和美がねっとりとした視線をやった。

「ほら、コウジのおちんちん。触りたいんでしょ?」
「みどりさんも触ってもらってもいいですか」
躊躇しているみどりに優しく声を掛けながら、みどりの手を取りペニスを握らせた。
熱く脈打つペニスの感触がみどりの手のひらに伝わる。
「すごいわ」
みどりは、心の中のタガがゆっくりと外れていくのを感じた。
「あぁぁ……」
「どう?おちんちん触るのは久しぶりなの?」
「ええ……主人が亡くなってから初めてなの」
「本当にみどりを誘ってよかったわ。今日はいっぱい楽しみましょう」
「うん。楽しみましょう」
2人は笑顔で視線を交わした。
「ねえ、舐めてもいい?」
みどりがコウジに尋ねる
「もちろん」
「じゃあ、私も」
ふたりはコウジの股間に顔を持っていった。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking

関連記事
次のページ