FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(9)


開始から1時間を過ぎてパーティはますます盛り上がってきた。
参加している未亡人たちは自ら服を脱ぎ、恥ずかしげもなく熟れた裸体を晒し、そして様々なやり方で、自らの性欲を満たしていた。

壁際に仁王立ちした全裸の若者のペニスを舐めまわしている熟女。
バーカウンターの上で大きく脚を広げて、股間を舐めてもらっている熟女。
ソファーの上では、ウェイトレスと熟女が互いの乳房を触り合っている。
そして部屋のいたるところでは、硬く勃起したペニスを挿入され、喘ぎ声をあげる熟女たちがいた。
またその様子を見ながらオナニーを愉しむ熟女たちもいる。

一方、みどりと和美は服を着たまま並んでソファに座っていた。
パーティの常連である和美は、今すぐにでも服を脱いで仲間に入りたいのだが、初めて参加するみどりに気を使っているのだった。
「ねえ、みどり……そろそろ私たちも楽しまない?もう我慢できないかも……」
頬は紅潮させ、太ももをモジモジさせながら和美が言った。
もちろん、みどりも股間の火照りを感じていた。
「うん、私もすごくエッチな気分よ……でもね……」

するとひとりの若者が近づいてきた。
「楽しんでいらっしゃいますか?」
見覚えのある筋肉質の身体。顔をみると、パーティーが始まって最初に話をした男性だった。
「あら……コウジくんだったっけ?」
和美が声を掛けた。
「覚えておいてくれたんですね。うれしいな」
和美は横にずれて、みどりとの間にコウジを座らせると、早速、6つに割れた腹筋を撫で始めた。
「本当、いい身体ね」
そう言いながら和美の手は下がっていき、まだ柔らかいペニスを握って扱きはじめた。
「あぁぁ、気持ちいい……」
小声で吐息を漏らし、コウジのペニスはみるみるうちに硬く勃起していく。
真っ赤に膨れ上がった亀頭、ごつごつと血管を浮き出す陰茎。
みどりの視線はコウジのペニスに釘付けになった。
「ねえ、みどり……見てるだけじゃなくて、触りたくなったんでしょう?」
和美がねっとりとした視線をやった。

「ほら、コウジのおちんちん。触りたいんでしょ?」
「みどりさんも触ってもらってもいいですか」
躊躇しているみどりに優しく声を掛けながら、みどりの手を取りペニスを握らせた。
熱く脈打つペニスの感触がみどりの手のひらに伝わる。
「すごいわ」
みどりは、心の中のタガがゆっくりと外れていくのを感じた。
「あぁぁ……」
「どう?おちんちん触るのは久しぶりなの?」
「ええ……主人が亡くなってから初めてなの」
「本当にみどりを誘ってよかったわ。今日はいっぱい楽しみましょう」
「うん。楽しみましょう」
2人は笑顔で視線を交わした。
「ねえ、舐めてもいい?」
みどりがコウジに尋ねる
「もちろん」
「じゃあ、私も」
ふたりはコウジの股間に顔を持っていった。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(7)


「どうだった?」
和美の質問に、みどりは即答できなかった。
特大のペニスに驚いたのはもちろんだが、皆が見ている前でフェラチオをすることや、それを見ながらオナニーをする女性たちに驚いたのだった。
「自分の気持ちに正直に行動すればいいのよ。ただそれだけのことよ」
「そうね・・・でも恥ずかしいわ」
「段々、慣れてくるって。ほら、あそこを見てごらん」
和美が指さす方にみどりは視線をやった。


部屋の壁際に並んだソファに座り、黒川陽子は夫のことを思い出していた。
巨乳が大好きで、ベッドの中ではいつも陽子のおっぱいをまさぐっていた夫。
そんな夫を思い出しながら、陽子は服の上から乳房を触っていた。

その様子を見ていた全裸のウェイター、ショウゴが近づいて行った。
「何かお手伝いしましょうか」
色白で細身の身体、そして小さめのペニス。夫にそっくりだわ、と陽子は思った。
「ありがとう。それじゃあ、脱がしてもらおうかな」
陽子は立ち上がり、背中のファスナーを降ろしてもらうとスルスルとワンピースを脱いだ。
ぽっちゃりとした白い肌に薄いすみれ色のブラジャーとパンティが映える。
「こちらもお願い」
再び背を向け、ショウゴにブラジャーのホックを外してもらう。
「ありがとう」
陽子が肩ひもをずらしてブラジャーを取り去ると、メロンほどの大きさの巨大な乳房がふたつこぼれ落ちた。
「すばらしい・・・」ショウゴの口から声が漏れた。

陽子はソファに座ると、むっちりとした自分の太ももを指差した。
「さあ、どうぞ。」
ショウゴは太ももの上に頭をのせ、仰向けになった。
「うちの旦那は、こんな風にされるのが大好きだったのよ」
昔を懐かしむように話をしながら、ショウゴの胸板を優しく撫でまわす。
「そうなんですか」
相槌を打ちながら、ショウゴは顔の上の大きな乳房を眺めた。
顔の大きさ程のたわわな乳房、大きめの乳雲、そして小豆色の乳首。

陽子は片方の乳房をショウゴの顔の上に乗せた。
「吸って・・・」
囁くような声に従い、小豆色の乳首に吸い付く。
「あんっ!」
陽子が可愛い吐息を漏らす。
チュパ、チュパと音を立てながら、赤ちゃんのようにおっぱいを吸うショウゴを嬉しそうな表情で陽子は眺めた。
「うちの旦那も、こんな風にして私のおっぱいを吸うのが大好きだったの・・・久しぶりに思い出しちゃったわ」
懐かしげな陽子の声を聞きながら、ショウゴは乳首をレロレロと舌で転がしてみた。
「うーん・・・いいわ・・・」
艶めかしい声をあげた陽子が身体を前に倒したので、ショウゴの顔は柔らかい乳房で覆われた。
「う、う・・・」
息ができない苦しさにショウゴはうめいた。
「あら、ごめんなさい・・・」
陽子は笑いながら、身体を起こした。

「じゃあ、こっちも舐めて」
もう片方の乳首を口に含み、チューと吸い付く。
「あん・・・気持ちいいわ」
口の中の乳首が硬くなっているのを感じ、軽く噛んでみた。
「はぁーん!」
ひと際大きな声で陽子が喘ぐ。
乳首を舌先で転がしながら、時折甘噛みすると、その度に大きなあえぎ声が響いた。

陽子は声をあげながら、右手を伸ばしショウゴのペニスを握り、ゆっくりとしごき始めた。
「うちの旦那もね。すぐに硬くしちゃってね・・・いつもこうやってしごいてあげてたのよ・・・どう?気持ちいい?」
「ええ。すごく・・・」
陽子の指先は、優しく動きながらも、いやらしく亀頭の周りを撫で回した。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(2)


 パーティー当日。みどりは自宅でシャワーを浴びながら、和美との話を思い出していた。未亡人だけが参加する秘密のパーティーというのだから、エッチなパーティーに違いない。
 期待と不安のふたつの感情に揺れながら、乳房に手をやった。手のひらには収まらないほど大きな巨乳を揉んでみる。年齢のせいで少し垂れてはきたもののまだまだ魅力的だと思う。
 そして乳房の頂上にある乳首。指先で刺激すると、すぐに硬くなってくる。今日のパーティのことを想像しながら、乳首をコリコリと転がしてみる。
 「あぁぁ、気持ちいい・・・」

 一人ごちた後、今度は片足を浴室椅子に乗せながら、シャワーヘッドを股間にあてがった。
「ここも綺麗にしとかなきゃ」
 陰毛の茂みの下にある陰唇を自ら指で開く。
「あら、いやだわ・・・」
 女性器に淫汁があふれていることにみどりは気づいた。
襞にそって指先を動かしていると、淫汁がますます溢れ出してくるのがわかる。そして敏感になったクリトリスをシャワーのしぶきが刺激する。
「あぁぁ・・・いいわ・・・」
 みどりは指先で一定のリズムでクリトリスを撫で続けた。
「あっ!・・・イクッ!」
 軽い絶頂を迎え満足すると、みどりはシャワーを終えた。
「そろそろ行かなきゃ」


 顔がばれないようにサングラスをして、みどりは指定されたホテルのロビーに午後2時に到着した。
すると、すぐさま和美が近寄ってきた。
「サングラスなんかして、誰かと思ったわよ・・・さあ、行きましょう」

 和美の案内で向かったホテルの一室の入り口には「近藤絵画倶楽部 第17回会合」の看板があった。受付をしている女性に、和美がみどりを紹介する。
「今日から参加する佐山みどりさんです。よろしくお願いします。」

 中は、立食パーティー会場の様に、小さな丸テーブルが置かれ、壁際にはソファーが並んでいる。既に20人ほどの女性たちが、テーブルを囲み雑談したり、ソファーに座りくつろいでいた。

 みどりと和美が部屋に入ると、何人かが振り向き会釈をした。和美と顔なじみらしい。その中の白髪交じりの大柄な女性は近づいてきて話しかけてきた。
「和美さん、こんにちは」
「こんにちは、妙子さん」
 みどりも挨拶をする。
「初めまして、佐山みどりです」
「私は近藤妙子。この会の主催者です。みどりさんのことは和美さんから聞いているわ。今日は楽しんでいってね」
「よろしくお願いします。でも、この会の事、よく知らないんですけど・・・」
「あら、和美さん。言ってないの?」
 妙子が少し驚いて言うと、和美はいたずらっ子のように笑った。
「みどりとは昔からずっと友達なんです。だから知ってるんです。みどりだったら絶対楽しめるって」
「和美さんがそう言うなら間違いないわね・・・そろそろ時間ね。全員揃ったかしら?」
 妙子が声を掛けると、受付の女性が大きく肯いた。


第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

先生に見られながらの ~エリカの場合~ (2)


あなたの柔らかくてまぁるいおっぱい・・・その先のピンク色の乳輪、そして硬くなったピンクの乳首・・・すごく魅力的よ。

そのおっぱいをみんなに見て欲しいんでしょう?
誰に見て欲しいのかしら?
買い物帰りのおばさん達かな?
最初は、遠くのほうからチラチラ見てるの。
「ほら、見て!」「あの子、何してるのかしら」「えっ!裸なの?」「恥ずかしくないのかしら」って言いながら・・・・

その声を聞きながら、あなたはますますエッチな気分になるのね。
身体が熱くなってきて、ムズムズしてくるの。

想像するだけで、興奮してるんじゃない?
乳首が硬く尖ってるわよ。
本当は、触りたいんじゃないの?
いいのよ、触っても。

ほら、前を隠しているその両手をおっぱいのところに持って行って。
そう・・・何も隠すことはないのよ。
あなたの乳房も、陰毛も、アソコも・・・
今日は先生が全部見てあげるんだから。

コリコリに硬くなった乳首を触ってみて。
揉んだり、摘まんだり・・・あなたの好きな触り方でいいのよ。
そう・・・気持ちよくなりたいでしょ?

あっ!・・・可愛い声が出たわね。
先生、あなたのこの声、好きよ。
がまんしなくていいのよ。

好きなようにすればいいの。あなたがしたいことをすればいいのよ。
それを先生が全部見ててあげるからね。

おっぱいの次はどこを見て欲しいのかな?
ねえ・・・先生に教えて。
恥ずかしいの?
いいわ・・・じゃあ、見て欲しいところを触ってみて。

ふふふ・・・やっぱりソコなのね。
じゃあ、先生によく見せてね。
そのソファに座ってもいいわよ
・・・座ったら、脚を広げて・・・
どうしたの?手で隠しちゃって・・・・
恥ずかしいのかな?
ゆっくりと指を広げてみて。
そう・・・指の間から、見えてきたわ。
綺麗だわ。

お願い・・・手を外してちょうだい。
そう・・・
あぁぁ・・・全部見えたわ。・・・とってもきれいよ。



第1話から読む
~エリカの場合~第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(7)

「あっ、あっ・・・はぁん」
硬くなった乳首を舌先で転がすたびに、甘い吐息を漏らす早紀。

そんな彼女のたわわなおっぱいに、太一は両手をあてがった。そして硬くなったふたつの乳首がくっつくほど乳房を寄せた。
「いっぱい舐めてあげるよ」
太一は、舌先を激しい勢いで動かし、ふたつの乳首を同時に愛撫する。
「はぅあぁぁぁ・・・ん!」
大きなあえぎ声が、部屋に響いた。
太一の舌に弾かれながら、プリッとした乳首は、なおも硬さを増してゆくように感じられた。
「いいわ!・・・気持ちいいわ!・・・もっとして!」
いつしか早紀はペニスから手を離し、自らの股間に手を伸ばし、パンティの上から指を使い始めた。
太一の舌技は、さらに激しくスピードを増していく。
それに呼応して早紀の指のスピードも速くなる。
「いい!・・・いい!・・・いいの!・・・気持ちいいの!」
太一は、硬くなった乳首を両方の指先でコリコリと摘まんでやった。
「あっ!ダメ!・・・ダメ!・・・気持ちよすぎるの!」
早紀は身体をよじって、太一の愛撫から逃がれた。

太一は早紀の乳房から顔を外し、早紀の顔を見つめた。
頬は紅潮し、汗が光っていた。
早紀は、太一の顔を見上げながら恥ずかしそうに笑った。
「あんなに激しく舐められたの、久しぶりよ・・・気持ちよかったわ」

太一は笑いながら、再び乳首を指を弾くと、「はぁん!」と早紀が小さく声を上げた。
そんな早紀を見つめながら、太一の指は移動していく。
たわわな乳房の丘を下ると、たっぷりと脂肪のついたおなか、そしてお臍へと移動していった。
「早紀さん、さっき自分で触ってたでしょう?」
太一の視線が早紀の股間に向かう。と、同時に指先がパンティのクロッチ部分に到達した。
「もう、こんなに湿ってる」
太一の指先がパンティの上からクリトリスを探り当てた。そして小さく円を描く。
「あん!」
早紀は小さく喘いだ。

太一は、早紀の股間に移動すると、パンティをゆっくりと脱がし始めた。
しかし早紀のお尻が大きいのに加え、汗でビッチョリと濡れているので、なかなか脱げない。
太一がひとり努力していると、早紀が笑った。
「ははは、ごめんね。おばさんのパンツ、汗でくっついちゃってるね・・・ちょっと待ってね」
彼女は腰を浮かしながら、汗まみれのパンティを自分で脱いだ。
「汗まみれだけど・・・」と言いながら早紀が両足を開くと、汗粒で光る太腿の間に、黒々とした陰毛と、熟女のオマンコが姿を現した。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事
次のページ