FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(12)


「こんどは私が舐めてあげる」
和美は、コウジを仰向けに寝かせるとペニスにしゃぶりついた。
ジュルジュルと音を立てながら唾液たっぷりのフェラチオを繰り返すと、コウジのペニスはギンギンに勃起する。
「ねえ、入れていいでしょ?」
和美は、コウジに跨るとオマンコにペニスの先端を当てがい、ゆっくりと腰を下ろしていった。
「ンっ……はぁ……」
愛液で濡れたオマンコは、ズブズブとペニスを受け入れていった。
「あはぁぁぁぁん!」
大きく喘ぎながら、和美はクネクネト腰を動かしていく。
ペニスが出し入れされる度に、粘度の高い愛液がネチョネチョと音を立てる。
「あぁぁ……いいわ!……オマンコ気持ちいい!」
和美のタイミングに合わせてコウジも腰を突き上げる。
みどりは、背後から和美の乳房を揉みしだく。
「もうダメ……イッちゃう!……イッちゃう!……はぁん!イクッ!!!」
和美は騎乗位のまま、イッてしまった。

「ねえ、私もお願い」
みどりは仰向けになり、脚を開いた。
コウジは、みどりのオマンコにズブリとペニスを挿入した。
「あん!……太いわ!」
コウジは太いペニスをゆっくりと引き出した。
「あぁぁぁ……気持ちいい!……もっと!……もっとして!」
大きな喘ぎ声をあげるみどりのオマンコに、コウジは激しく抽挿を繰り返す。
「あん!……あん!……あん!……」

大きく揺れる乳房を揉みながらコウジが周りを見渡すと、ベッドの周囲に女性たちが集まり、二人のセックスを眺めている。
もちろん全員全裸で、M字に脚を開きオナニーをしていた。
オマンコに手をあてがいながら、忙しそうにクリトリスを擦り続ける熟女。
黒ずんだ肉襞をかき分け、オマンコに指を突っ込んでいる熟女。
1人1人が好きなスタイルで、オナニーを愉しんでいる。

コウジの興奮も頂上を迎え、腰のスピードを上げる。
「あぁぁ……いいわ!すごくいい!……イキそう!オマンコイキそう!」
みどりも絶頂を迎える。
「オマンコイキそう!……イク!……イク!……イクッッッッ!!!!!!」
「俺もイクよ!」
コウジはドピュドピュと、オマンコの中に精液をぶちまけた。

射精を終えペニスを抜き取ると、みどりのオマンコからザーメンがドロッと溢れ出した。
すかさず、和美が精液と愛液でドロドロになったペニスにしゃぶりつき、丁寧に舌で舐め尽くした。

ペニスの掃除が終わると、三人はゆったりとベッドに横たわる。
「ねえ、みどり?今日のパーティどうだった?」
「すごくよかったわ。誘ってくれてありがとう」
「コウジもすごくよかったしね」
「それはどうもありがとう」
笑うコウジの股間にみどりの手が伸びる。
「ねえ、コウジ?」
まだ柔らかいペニスを弄びながら、みどりが恥ずかしそうに言った。
「もう一回しよ?」
苦笑するコウジ。
「ダメよ。今度は私の番よ」
微笑みながら和美もペニスに手を伸ばした。

熟女たちの宴はまだまだ続くのだった。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(11)


2人のフェラチオで、カチカチに勃起したペニスを満足そうに眺めながら、和美は言った。
「あー、暑くなってきちゃった」
「本当、暑いわね」
みどりも同意をすると二人は服を脱ぎ始めた。

部屋のほぼ全員が全裸のため、恥ずかしさはない。
スルスルと服を脱ぎ、ブラジャーを外し、パンティを脱いだ。
「みどりのおっぱいって、相変わらず大きいね」
みどりのおっぱいに和美が手を伸ばす。
「本当、素晴らしい」
コウジも触ってくる。
手のひらには収まらないほど大きな巨乳は、みどりの自慢でもある。

「和美さんも綺麗ですよ」
コウジは、和美の乳房にも手を伸ばす。
みどりほど大きくはないが、和美も美乳の持ち主だ。
「そうよ、綺麗なおっぱい」
みどりは、和美のおっぱいを揉んだ。
「はぁん!」
すでに硬くなっている乳首を摘ままれ、和美は声を上げた。
「ねえ、あっちに行かない?」
和美は、部屋の奥のキングサイズのベッドを指差した。
「行きましょう」

三人は足早に移動すると、抱き合いながらベッドに倒れ込んだ。
和美はコウジの唇を奪い、コウジの手はみどりの乳房を弄り、みどりはコウジのペニスを扱いた。
しばらくすると、コウジとみどりがディープキスを交わし、和美がコウジの股間を弄った。

「ねえ、舐めて」
みどりは脚を開き、自らコウジを股間に導いた。
ビラビラとした陰唇がはみ出した熟女の割れ目からは、淫汁がたっぷりと溢れ出している。
コウジが股間に顔を埋めると、女陰の香りが鼻を突いた。
決して悪い匂いではない。溜まっていた性欲からくる濃厚な匂いかもしれない。
「早く!」
みどりに急かされ、コウジは割れ目をくまなく舐めまわしてやった。
「あぁぁぁぁ……」
喘ぎ声が上げながら、みどりは腰をくねらせる。
今度は、クリトリスを舌先で小刻みに刺激する。
「あっ!あっ!あっ!」
さらに声が大きくなる。
夫を亡くしてからは、自分で慰めることしかなかったクリトリスを愛撫され、一気に快感がほとばしった。
「……ック!ック!……イクッ!イクッ!」
ガクガクと身体を揺らしながら、みどりは絶頂を迎えた。

第1話から読む
アダルトブログランキングへ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(10)


「久し振りなんでしょう?お先にどうぞ」
和美が茶化したように言った。

みどりは目の前のペニスをまじまじと眺めた。
確かに、こんなに間近にペニスをみるのは夫を亡くしてから3年ぶりのことだ。
夫のペニスに比べると少し小ぶりだが、亀頭は一回り太く、カリ首が張り出している。
その亀頭の先の小さな割れ目からはすでに透明な液体が溢れ出し、裏筋を伝って陰茎に垂れている。

「ねえ、みどり。いつまで見てるの?久しぶりで忘れちゃった?こうやって舐めるのよ」
我慢できなくなった和美が、亀頭をペロリと舐めた。
「あぁぁ、美味しい」
妖しく光る舌全体で亀頭をペロペロと舐めると、今度は舌先で亀頭の括れをチロチロと刺激する。
亀頭の周りを舐め終わると、最後に亀頭にチュッとキスをした。

「思い出した?」
和美は笑いながら、みどりと交代した。

「うん、思い出した」
はにかみながら、みどりはそっと亀頭に舌を這わした。
久し振りとはいえ、もちろん本当に忘れていたわけではない。ただ、和美の前で恥ずかしがっていただけなのだ。
みどりも、ペニスをペロペロと舐めまわし、最後に亀頭を口に含んだ。
大きめの亀頭を舌で舐めまわす。
「ふぅぅ……」
コウジが吐息を漏らした。

「ねえ、いっしょに舐めよう」
ふたりは顔をくっつけるようにすると、、同時に陰茎の根元から舐め始めた。
ベローっと舐めながら上がっていき、亀頭の先端まで舐める。
そして、再び根元に戻り亀頭の先まで舐め上げる。
「気持ちいい?」
みどりが微笑みながら尋ねる。
「うん、すごく気持ちいい……」
コウジも嬉しそうに答える。

2人の同時フェラが何度か繰り返さされたのち、今度は、和美がパクリとペニスを咥えた。
唾液でいっぱいになった口の中に、ペニスが奥まで挿入され、そして、唇をすぼめながらゆっくりと引き出される。
クチュクチュといやらしい音を立てながら、何度も抽挿が繰り返される。

「じゃあ、私はタマも舐めちゃおうかな」
みどりは、金玉袋の中のコロコロとした玉を舌先でツンツンと刺激する。
そしてコウジの顔を見ながら、片方の玉を口に含んだ。
口の中で金玉を転がしながら、コウジの表情を伺う。
強すぎる睾丸への愛撫が禁物なのを、みどりは知っているのだ。
コウジが愉悦の表情を浮かべてるの見ると、みどりは金玉を軽く吸引し、チュパッと口から吐き出した。
「コウジくんは、キンタマ気持ちいいのね」

「そうなの?」
和美は咥えていたペニスを掃き出すと、今度はもう片方の金玉を口に含んだ。
そうなると、今度はみどりがペニスを咥え込んだ。
クチュクチュ……チュパチュパ……クチュクチュ……チュパチュパ……
2人は、ペニスと金玉を舐め続けた。

第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(9)


開始から1時間を過ぎてパーティはますます盛り上がってきた。
参加している未亡人たちは自ら服を脱ぎ、恥ずかしげもなく熟れた裸体を晒し、そして様々なやり方で、自らの性欲を満たしていた。

壁際に仁王立ちした全裸の若者のペニスを舐めまわしている熟女。
バーカウンターの上で大きく脚を広げて、股間を舐めてもらっている熟女。
ソファーの上では、ウェイトレスと熟女が互いの乳房を触り合っている。
そして部屋のいたるところでは、硬く勃起したペニスを挿入され、喘ぎ声をあげる熟女たちがいた。
またその様子を見ながらオナニーを愉しむ熟女たちもいる。

一方、みどりと和美は服を着たまま並んでソファに座っていた。
パーティの常連である和美は、今すぐにでも服を脱いで仲間に入りたいのだが、初めて参加するみどりに気を使っているのだった。
「ねえ、みどり……そろそろ私たちも楽しまない?もう我慢できないかも……」
頬は紅潮させ、太ももをモジモジさせながら和美が言った。
もちろん、みどりも股間の火照りを感じていた。
「うん、私もすごくエッチな気分よ……でもね……」

するとひとりの若者が近づいてきた。
「楽しんでいらっしゃいますか?」
見覚えのある筋肉質の身体。顔をみると、パーティーが始まって最初に話をした男性だった。
「あら……コウジくんだったっけ?」
和美が声を掛けた。
「覚えておいてくれたんですね。うれしいな」
和美は横にずれて、みどりとの間にコウジを座らせると、早速、6つに割れた腹筋を撫で始めた。
「本当、いい身体ね」
そう言いながら和美の手は下がっていき、まだ柔らかいペニスを握って扱きはじめた。
「あぁぁ、気持ちいい……」
小声で吐息を漏らし、コウジのペニスはみるみるうちに硬く勃起していく。
真っ赤に膨れ上がった亀頭、ごつごつと血管を浮き出す陰茎。
みどりの視線はコウジのペニスに釘付けになった。
「ねえ、みどり……見てるだけじゃなくて、触りたくなったんでしょう?」
和美がねっとりとした視線をやった。

「ほら、コウジのおちんちん。触りたいんでしょ?」
「みどりさんも触ってもらってもいいですか」
躊躇しているみどりに優しく声を掛けながら、みどりの手を取りペニスを握らせた。
熱く脈打つペニスの感触がみどりの手のひらに伝わる。
「すごいわ」
みどりは、心の中のタガがゆっくりと外れていくのを感じた。
「あぁぁ……」
「どう?おちんちん触るのは久しぶりなの?」
「ええ……主人が亡くなってから初めてなの」
「本当にみどりを誘ってよかったわ。今日はいっぱい楽しみましょう」
「うん。楽しみましょう」
2人は笑顔で視線を交わした。
「ねえ、舐めてもいい?」
みどりがコウジに尋ねる
「もちろん」
「じゃあ、私も」
ふたりはコウジの股間に顔を持っていった。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(8)


一方、ショウゴは大きなおっぱいに顔を埋めながら、コリコリと硬くなった乳首を愛撫し続けた。
「あん・・・あん・・・いい・・・気持ちいいわ」
可愛い声をあげながら陽子の息は荒くなり、ムズムズと太ももを擦りあわすような仕草を見せ始めた。
ショウゴは両手で乳房をつかんだ。
柔らかく、スライムのような乳房だ。
ゆっくりと揉みながら、指を食い込ませる。
「あん・・・もっと・・・もっとお願い」
陽子の甘い声に、ショウゴはさらに乳房を揉み、そして乳首を指先で摘まんだ。
「あーん・・・そこが気持ちイイの・・・」
乳房だけへの愛撫では我慢できずに陽子が言った。

「じゃあ、もっと気持ちよくなりましょう・・・さあ、起きて」
陽子の太ももを枕にして横たわっていたショウゴは身体を起こした。
「脱いじゃおうかな」
陽子は独り言のように言い、すみれ色のパンティを自ら脱いだ。
「舐めあいっこしましょう」
ショウゴをソファの上に寝かせると、69の体制になった。
ショウゴの顔の上の、淫唇からは愛液が溢れ出しキラキラと輝くほどであった。舌を伸ばし陰唇に沿って舐める。
「うふーん」
相変わらず可愛い声が漏れる。
続いて、陰唇の端にある小さ目のクリトリスを舌先で愛撫する。
「あん・・・あん・・・いいわ・・・」

陽子もショウゴのいきり立つペニスに顔を近づけた。
「ああ、硬いおちんちん大好き」
小振りのペニスをパクリと咥えこむと、舌先をぐるぐると回転させた。
「それ・・・気持ちいいです・・・」

陽子の舌技に耐えながらショウゴは、人差し指を舐めると陰唇の中に挿入した。
「はぁーん!」
陽子は大きな声をあげた。
ショウゴは、ゆっくりと指の挿抜を繰り返す。その度にクチュリ、クチュリといやらしい音が響く。
「はぁん・・・はぁん・・・はぁん・・・」
さらなる快感を貪るように、陽子の腰は、ショウゴの指の動きに合わせて前後に動きだす。
それを見て、ショウゴは指を2本にして、スピードを早めた。
「あん・・・あん・・・あん・・・気持ちいい・・・すごく気持ちいい」
次第に愛液は、白濁してゆき、粘度も増してくる。
「あっ!ダメ・・・イッちゃう・・・イッちゃうよ・・・イク!・・・イク!」
陽子は腰をガクガク痙攣させ、絶頂に達した。

しばらくして呼吸が収まると、陽子は照れ臭そうなそうな顔をして起き上がると、体制を入れ替え始めた。ショウゴの脚を開き、その間に身体を入れ、目の前のペニスにしゃぶりついた。そして口の中の唾液まみれにした。
「おっぱいで挟んであげるね」
陽子は、巨大なおっぱいでショウゴのペニスを挟み込むと、ゆっくりとしごいた。
「ああ・・・柔らかい」
陽子の乳房は巨大なマシュマロのように柔らかく、そしてペニスに吸い付くような感触があった。
しかも、半開きなった口からはダラダラと唾液が流れ出し、おっぱいの谷間に流れ込む。
唾液の潤滑油ですべりのよくなった乳房でリズミカルにしごき上げながら、ペニスの感触を楽しむようだ。
「おちんちん、すごく硬いよ・・・硬いおちんちんが、おっぱいに挟まってる・・・気持ちいい?・・・おっぱい気持ちいい?・・・」
可愛い陽子の声を聞きながら、ショウゴは絶頂が近いことを知った。
「イキそうです」
「いいよ・・・いっぱいイッてね」
おっぱいのスピードが速くなる。
「イクよ・・・イク!」
亀頭の先から、精液が激しく吹き出した。
陽子は、おっぱいの中で脈打ちながら、何度も噴き出す白いザーメンを眺め、軽いエクスタシーを感じていた。
「すごい、いっぱいでたね。もう、おっぱいがドロドロになっちゃった」
射精が終わると、陽子はおっぱいについた精液を舐め取った。
「あぁ・・・美味しい」
「僕もすごくよかったです」
ショウゴは、陽子を抱きしめるとキスをした。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事
次のページ