FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

数学の女教師(2)


「先生うれしいわ。数学の勉強、もっとがんばって欲しいもの」
小さなフリルのついた真っ白なブラジャーに包まれた乳房を、ギュッと僕に押し付けながら先生は言った。
おかげで、いきり立ったチンポがピクピクと反応した。
「ほら、御覧なさい。田中君のおちんちんが、早く射精したいようって言ってるよ」
笑いながら鈴木先生の右手が金玉に添えられる。
「ここにいっぱい精液を溜めると、頭がいやらしいことばっかり考えるようになるの。だからすっきりしてから勉強に取り組むといいわよ。精液と成績は大いに関係があるのよ」
「はい……」

「じゃあ、いっぱい出してすっきりしましょうか」
真っ白なブラジャーとパンティ姿の先生は、僕の前にしゃがみ込むとリズミカルにチンポを扱き始めた。
シコシコ、シコシコ……
「気持ちいい?」
「はい、とても……」
「いっぱい出してね」
シコシコ、シコシコ……

鈴木先生に扱かれながら、僕は先生のおっぱいにそっと手を伸ばした。
「ダメよ!」
先生の厳しい声が飛び、僕は思わず手をひっこめた。
「田中君わかってる?今してることは勉強の一環なのよ」
「はい……」
「もっと数学の勉強を頑張ってほしいから、先生も努力してるのに……」
「すみませんでした」
「そんなことするんだったら先生、手伝わないから。勉強もオナニーも」
先生はチンポから手を離した。
「そんな……」
僕は、先生に見捨てられたような気がして少し悲しくなった。
「じゃあ、どうして欲しいのか。言ってごらん」
言い過ぎたと思ったのか、鈴木先生の口調が少し優しくなった。
「先生に……手伝って欲しいです」
「何を手伝って欲しいの?……はっきり言わないとわからないわ」
「先生に……オナニーを手伝って欲しいです」
「声が小さいわよ。先生にオナニーを手伝って欲しいですってはっきり言いなさい」
「先生にオナニーを手伝って欲しいです!」
「そうよ!もう一回言って!」
「先生にオナニーを手伝って欲しいです!」
「いいわよ。」先生は優しく笑うと、再び僕のチンポを握った。

「こうやって、おちんちん扱いて欲しいんでしょ?」
「はい」
「じゃあ、言ってごらん」
「おちんちん扱いて欲しいです」
「もう一回!」
「おちんちん扱いて欲しいです!」
「勃起したおちんちんを扱いてください!さあ、言って!」
「勃起したおちんちんを扱いてください!」

先生の手がシコシコと動き出した。
「あなたのおちんちん硬いわ!」
「おちんちん硬いです!」
「カチカチチンポよ!」
「カチカチチンポ!」
「私に扱かれて気持ちいい?」
「先生に扱かれて気持ちいいです!」
「とっても気持ちいい?」
「とっても気持ちいです!」

僕はもう我慢できなかった。
「先生、もうイキそうです」
「いっぱい精液出してね」
「いっぱい精液出します!」
「熱いザーメンいっぱい飛ばしてね」
「あぁぁ……ザーメン飛ばします……あぁ……イク!イク!」

ドピュー!ドピュー!
大量の精液がほとばしった。
勢いが良すぎて、先生の肩をかすめて飛んで行った。
「すごい!」
先生もびっくりしたようだった。
3回目の発射からは少し勢いを失い、先生の肩や胸にかかった。
最後は、先生の太腿に垂れ落ちた。

「どう、すっきりした?」
「はい、すっきりしました」
「じゃあ、早く家に帰って勉強しなさい」

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(11)


2人のフェラチオで、カチカチに勃起したペニスを満足そうに眺めながら、和美は言った。
「あー、暑くなってきちゃった」
「本当、暑いわね」
みどりも同意をすると二人は服を脱ぎ始めた。

部屋のほぼ全員が全裸のため、恥ずかしさはない。
スルスルと服を脱ぎ、ブラジャーを外し、パンティを脱いだ。
「みどりのおっぱいって、相変わらず大きいね」
みどりのおっぱいに和美が手を伸ばす。
「本当、素晴らしい」
コウジも触ってくる。
手のひらには収まらないほど大きな巨乳は、みどりの自慢でもある。

「和美さんも綺麗ですよ」
コウジは、和美の乳房にも手を伸ばす。
みどりほど大きくはないが、和美も美乳の持ち主だ。
「そうよ、綺麗なおっぱい」
みどりは、和美のおっぱいを揉んだ。
「はぁん!」
すでに硬くなっている乳首を摘ままれ、和美は声を上げた。
「ねえ、あっちに行かない?」
和美は、部屋の奥のキングサイズのベッドを指差した。
「行きましょう」

三人は足早に移動すると、抱き合いながらベッドに倒れ込んだ。
和美はコウジの唇を奪い、コウジの手はみどりの乳房を弄り、みどりはコウジのペニスを扱いた。
しばらくすると、コウジとみどりがディープキスを交わし、和美がコウジの股間を弄った。

「ねえ、舐めて」
みどりは脚を開き、自らコウジを股間に導いた。
ビラビラとした陰唇がはみ出した熟女の割れ目からは、淫汁がたっぷりと溢れ出している。
コウジが股間に顔を埋めると、女陰の香りが鼻を突いた。
決して悪い匂いではない。溜まっていた性欲からくる濃厚な匂いかもしれない。
「早く!」
みどりに急かされ、コウジは割れ目をくまなく舐めまわしてやった。
「あぁぁぁぁ……」
喘ぎ声が上げながら、みどりは腰をくねらせる。
今度は、クリトリスを舌先で小刻みに刺激する。
「あっ!あっ!あっ!」
さらに声が大きくなる。
夫を亡くしてからは、自分で慰めることしかなかったクリトリスを愛撫され、一気に快感がほとばしった。
「……ック!ック!……イクッ!イクッ!」
ガクガクと身体を揺らしながら、みどりは絶頂を迎えた。

第1話から読む
アダルトブログランキングへ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(7)


「どうだった?」
和美の質問に、みどりは即答できなかった。
特大のペニスに驚いたのはもちろんだが、皆が見ている前でフェラチオをすることや、それを見ながらオナニーをする女性たちに驚いたのだった。
「自分の気持ちに正直に行動すればいいのよ。ただそれだけのことよ」
「そうね・・・でも恥ずかしいわ」
「段々、慣れてくるって。ほら、あそこを見てごらん」
和美が指さす方にみどりは視線をやった。


部屋の壁際に並んだソファに座り、黒川陽子は夫のことを思い出していた。
巨乳が大好きで、ベッドの中ではいつも陽子のおっぱいをまさぐっていた夫。
そんな夫を思い出しながら、陽子は服の上から乳房を触っていた。

その様子を見ていた全裸のウェイター、ショウゴが近づいて行った。
「何かお手伝いしましょうか」
色白で細身の身体、そして小さめのペニス。夫にそっくりだわ、と陽子は思った。
「ありがとう。それじゃあ、脱がしてもらおうかな」
陽子は立ち上がり、背中のファスナーを降ろしてもらうとスルスルとワンピースを脱いだ。
ぽっちゃりとした白い肌に薄いすみれ色のブラジャーとパンティが映える。
「こちらもお願い」
再び背を向け、ショウゴにブラジャーのホックを外してもらう。
「ありがとう」
陽子が肩ひもをずらしてブラジャーを取り去ると、メロンほどの大きさの巨大な乳房がふたつこぼれ落ちた。
「すばらしい・・・」ショウゴの口から声が漏れた。

陽子はソファに座ると、むっちりとした自分の太ももを指差した。
「さあ、どうぞ。」
ショウゴは太ももの上に頭をのせ、仰向けになった。
「うちの旦那は、こんな風にされるのが大好きだったのよ」
昔を懐かしむように話をしながら、ショウゴの胸板を優しく撫でまわす。
「そうなんですか」
相槌を打ちながら、ショウゴは顔の上の大きな乳房を眺めた。
顔の大きさ程のたわわな乳房、大きめの乳雲、そして小豆色の乳首。

陽子は片方の乳房をショウゴの顔の上に乗せた。
「吸って・・・」
囁くような声に従い、小豆色の乳首に吸い付く。
「あんっ!」
陽子が可愛い吐息を漏らす。
チュパ、チュパと音を立てながら、赤ちゃんのようにおっぱいを吸うショウゴを嬉しそうな表情で陽子は眺めた。
「うちの旦那も、こんな風にして私のおっぱいを吸うのが大好きだったの・・・久しぶりに思い出しちゃったわ」
懐かしげな陽子の声を聞きながら、ショウゴは乳首をレロレロと舌で転がしてみた。
「うーん・・・いいわ・・・」
艶めかしい声をあげた陽子が身体を前に倒したので、ショウゴの顔は柔らかい乳房で覆われた。
「う、う・・・」
息ができない苦しさにショウゴはうめいた。
「あら、ごめんなさい・・・」
陽子は笑いながら、身体を起こした。

「じゃあ、こっちも舐めて」
もう片方の乳首を口に含み、チューと吸い付く。
「あん・・・気持ちいいわ」
口の中の乳首が硬くなっているのを感じ、軽く噛んでみた。
「はぁーん!」
ひと際大きな声で陽子が喘ぐ。
乳首を舌先で転がしながら、時折甘噛みすると、その度に大きなあえぎ声が響いた。

陽子は声をあげながら、右手を伸ばしショウゴのペニスを握り、ゆっくりとしごき始めた。
「うちの旦那もね。すぐに硬くしちゃってね・・・いつもこうやってしごいてあげてたのよ・・・どう?気持ちいい?」
「ええ。すごく・・・」
陽子の指先は、優しく動きながらも、いやらしく亀頭の周りを撫で回した。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(6)


「ごめんなさいね、私ばっかり楽しんじゃって。どなたか交代しましょう」
マサユキの特大ペニスを握りながら澄江は周りを見渡した。
「じゃあ、私、いいかしら?」
ショートヘアの女性が、周りに同意を求めるように目配せをしながら歩み出た。

「千恵美です、よろしくね」
マサユキに挨拶をすると、立派なペニスに視線を移した。
「大きいわ。こんなに立派なおちんちんを見てると身体が火照ってくるわ」
千恵美は嬉しそうに言うと、ブラウスを脱ぎ、ブラジャーを取り去った。
肉感溢れる大きな乳房。そして乳輪も乳首も熟女を感じさせる褐色をしていた。
「千恵美さんのおっぱい、大きいですね」
マサユキの褒め言葉にはにかみながら千恵美は座り込み、極太のペニスを握った。
「マサユキくんのおちんちんも大きいわ」
妖艶な視線を投げかけながら、真っ赤な口紅が塗られた唇を開く。テラテラと妖しく輝く舌先から唾液が流れ始める。
亀頭に到達した唾液は、陰茎を伝って流れてゆく。千恵美はそれを丁寧にペニス全体に塗りつけていく。
自らの唾液でテカテカになったペニスを見つめ、千恵美に満足そうに笑うと、唇をペロリと舐めた。

「おいしそう・・・でも私のお口に入るかしら」
唇が大きく開き、亀頭の先を咥え込む。そしてゆっくりとした動きで口の中に押し込んでいく。
「んんん・・・」
声にならない声を漏らしながら、千恵美は亀頭全体を口の中に収めることができた。
「すごいわ」
周りの女性から歓声が上がると、千恵美は頭をゆっくりとその口から亀頭を出し入れし始める。
んんん・・・ジジュル・・・んんん・・・ジュジュル・・・んんんん・・・
息苦しさからくる呻き声と口の端から溢れ出す唾液がいやらしい音を立てる。

横で見ていた澄江も我慢できなくなり服を脱ぐと、千恵美の横に並んで座った。
千恵美はその巨大なペニスを口から吐き出した。
裸の熟女二人は顔を見合わせると舌を大きく出し、赤黒いペニスを舐めた。
根元から始まり、長い陰茎にそって上へと舐めあげる。最後に亀頭を舐めまわす。

周りの女性たちの多くも、床に座り込み、スカートの中に手を入れ、思い思いに性欲を満たしている。
「あぁぁん・・・」
熱い吐息とクチュ、クチュといやらしい音が重なる。

再び千恵美がペニスを口に含み、唇で上下に激しくしごき上げ始めた。
「あぁぁ、気持ちいい・・・もうイキそうです」
マサユキは、二人に伝える。
千恵美は亀頭を咥えたまま、マサユキを見つめ、優しく微笑んだ。
そして、さらに激しくしごき上げた。
「あっ・・・・イク!・・・イク!・・・イクッッ!・・・」
マサユキは腰を突き上げながら、千恵美の口の中にザーメンを発射した。
ビュッ!ビュッ!ビュッ!
千恵美は、口の中が青臭いドロドロの液体で満たされていくことで快感を感じていた。
大量の射精が収まると口からペニスを抜き取り、ゴクリと飲み込んだ。
一方、澄江は精液まみれのペニスをペロペロと舐めまわした。
「おいしいわ・・・」
くすぐったがるマサユキを見ながら澄江は、一滴残らずザーメンを舐めつくした。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(2)

締め切ったアパートの部屋は蒸し風呂のように暑かった。

言うまでもなく、アパートのお隣同士なので、部屋のつくりは全く同じだ。
しかし、男一人暮らしの太一の部屋と違い、カーテンや家具などに生活感があふれる。
確か、早紀は旦那と二人暮らし。子どもはいない。
40歳は超えているだろう。しかし童顔なので若く見える。それに、なんといってもムッチリとした体つきが魅力的だ。

早紀は部屋の奥まで行くと、サッシ窓を全開にした。
「ごめんね・・・実は今朝からエアコンが壊れてるの・・・暑いけどガマンしてね」
「そうなんですか・・・」
「ちょっと待っててね。私、着替えてくるわ」
早紀は奥の部屋に入っていった。

太一は、座卓に座った。
ふとベランダを見ると、洗濯物が干してあり、その中にタオルで周りを隠しようにして黒いブラジャーとパンティが干してあった。
彼女の特大の乳房を包み込むための大きなカップ。そして精緻なレース模様が施されているブラジャー。
それに比べて小さなパンティ。こちらもレースで飾られている。

「お待たせ!」
缶ビールを手に戻ってきた早紀の姿を見て、太一は驚いた。
胸の膨らみがはっきりとわかるグレーのタンクトップ。しかもワンピースのように丈が長く、太ももが露わになっている。

「さあ、飲みましょう」
早紀も太一の横に座った。
「太一君、今日はありがとう。手伝ってくれたお礼よ。カンパーイ!」
プッシュ!グビグビ・・・・プハーッ!
「あー、美味しい!」
「本当、美味しいですね」
太一の視線は、早紀の胸に注がれる。
そして、早紀は座卓に身体を預けるように座っているので、柔らかそうな二つの膨らみは座卓の上に乗せられている。

「ねえ、太一君・・・」
「・・・・」太一は一瞬ドギマギする。
「私、もう飲んじゃった。もう一本取ってくるね」
早紀は立ち上がると、キッチンへと向かった。

しばらくして早紀が戻ってきた。
「暑いわね」
汗ばんだ豊満な体に、グレーのタンクトップが張り付いている。
タプンと揺れる胸元には、乳首がポチッと突き出していた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
関連記事
次のページ