FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

教師と母親(2)

「じゃあ、次は前も・・・」
貴子は酒田の方へ向き直り、Tシャツの裾を少しまくりあげた。
「ま、前??」
「ええ、前も・・・さあ、先生・・・よく見てください」
少し汗ばんだ手首をゆっくりと引き上げていく。
酒田の熱い視線も少しずつ上がっていく。
貴子はおっぱいの下側で手を止めた。
「先生・・・どうですか?」
酒田の瞳がひと際大きくなった。
引き上げられたTシャツの裾から、下乳が覗いていた。
「あ・・あの・・・ノ・・ノーブラなんですか?」
「そうなの・・・よく見てくださいね」
貴子はTシャツは脱ぎ去り、豊満な乳房が姿を現した。

ゴクリ。酒田の唾を飲み込む音がした。
「先生・・・触ってみて・・・」
理性と欲望の狭間に揺れ動きながら、酒田は目の前の魅力的なおっぱいに手を触れた。
マシュマロのように柔らかく、それでいて手のひらに吸い付くような感触。
酒田は、夢中でおっぱいを揉んだ。
「あぁぁ・・・気持ちいい・・・」貴子の口から吐息が洩れる。
酒田は力が入り、乳房に指を食い込ませる。
「先生・・・そんなに力をいれちゃダメ・・・もっと優しくしてちょうだい・・・」
「・・・ごめんなさい・・・」
「先生、可愛い!」
貴子は酒田の頭を抱きかかえた。
おっぱいがギューッと酒田の顔に押し当てられる。
「どうですか・・・おっぱいの感触は?」
「・・柔らかいです」
「フフフ・・・」
ぐいぐいとおっぱいが強く押し当てられる。
「あぁぁ!・・・先生!・・・」
「うぅぅぅぅ・・・」おっぱいに顔を埋めているため酒田の返事は言葉にならない。

既に酒田の理性は吹き飛び、更におっぱいの谷間に顔を押し付ける。
「先生・・・おっぱいがお好きなんですね。・・・」
貴子は腕の力を少し緩めた。
窒息するほど埋めていたおっぱいから、酒田の顔が解放された。
紅潮した顔で貴子を見る。
「お好きなようにして、いいんですよ・・・」
貴子のその声を聞くと、安心したように酒田は巨乳にむしゃぶりついた。
チュウチュウと音を立てながら乳首を吸い、片方の手では乳首を摘まんだ。
「あっ、あっ・・・すごく気持ちいい・・・」
酒田は本能のまま、両方の乳房を舐め、そして揉みしだいた。

「先生・・・何を擦りつけてるんですか?・・・いやらしい・・・」
酒田は無意識に、貴子の太ももに股間を擦りつけていた。
貴子はズボンの上から酒田の股間を触る。
「・・・硬くなってますよ」
ズボンの上からはっきりとわかる硬い膨らみを貴子は数回擦り上げた。
そして艶めかしい指先の動きで先端部を弄んだ。
「う!・・・」酒田が腰を引く。
貴子は笑みを浮かべ、ゆっくりと跪き、酒田のズボンを脱がした。

第1話から読む

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

癒しの部屋(1)

僕の彼女、麻里奈。
いつも僕を癒してくれる。

今日も仕事帰りに麻里奈の住むマンションに立ち寄った。

玄関先で麻里奈は僕を迎えてくれた。
着ているのは、大きめのワイシャツ一枚だ。

「今日も一日お疲れ様でした。」
玄関先で、ハグしてくれた。
麻里奈のFカップの胸が押しつけられる。
ノーブラなので柔らかさがダイレクトに伝わる。

「こっちに来て」
麻里奈に手を引かれ、ベッドルームへ入る。

「さあ、脱いで」
麻里奈に急かされて、服を脱ぐ。
最後にトランクスを脱ごうとしたとき、麻里奈に止められた。
「だめ!・・・それはまだだめよ・・・さあ、そこに寝てちょうだい」
僕はベッドの上で横になる。

麻里奈は僕の顔を見つめながら話し始めた。


 さあ、リラックスして・・・
 麻里奈の部屋へようこそ

 今日、麻里奈はあなたの事をずっと考えてました。
 あなたの顔、あなたの声、あなたの腕、腰、そしてアソコ。

 あなたも麻里奈の事、思ってくれてました?


僕は小さくうなずく。


 うれしい!

 麻里奈の髪、麻里奈の肩、そして、麻里奈のおっぱい。
 おっぱい見たい?・・・でもまだ、ダメよ。

 麻里奈のお腹、麻里奈のお尻、そして、麻里奈のアソコ。
 あなたの硬いあそこを想像すると、濡れてきちゃう。
 あなたも麻里奈のことを想像して・・・お願い。

 今、どんな風になってるの?
 そう、パンツの中。

 麻里奈のこと想像して膨らんでる?
 フフフ・・・


麻里奈の言葉通り、僕のペニスは大きくなる。
麻里奈は僕の股間を見つめる。

 大きくなってるね・・・麻里奈のアソコを想像して硬くなってきたの?
 いやらしいね。
 まだ、何もしてないのに
 もう、ビンビンになってるのね。

 しごきたいんでしょう? 
 いいわよ。
 さあ、パンツ脱いで。
 そして、その硬いおちんちんを私に見せて。

僕が腰を浮かすと麻里奈はトランクスを脱がしてくれた。

 大きくなってるね。
 いつもみたいにおちんちんしごきたいんでしょ?
 いいわよ。

 おちんちん、シコシコシコシコ。
 うふふ。
 シコシコシコシコ・・・そう。

僕は麻里奈の言葉に合わせてペニスをしごいた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

ノーブラファミリー(2)

玲奈は、私立の女子高に通う17歳。
いつものように制服で学校に通う。
白いシャツに紺のブレザー。そして少し短めのチェックのスカートが小柄な玲奈に、とても似合っている。しかし小柄な体つきに似合わず、ブレザーの胸元は大きく張出している。
そして、歩くたびに胸元が揺れている。
そう。もちろんノーブラだ。

小さい時からノーブラなので慣れてはきたが、薄着の季節はジロジロ見られるので、夏でも上着が手放せないのが、悩みの種だ。

「おはよう!」
校門でクラスメートの智美と出会った。
「今日は一時間目から体育だね。」
「やだな。着替えるの。」玲奈が言う。
「いまさら、何言ってんの。毎回、毎回。・・・女の子ばっかりだから、誰も気にしてないって。」智美は、玲奈がノーブラで生活している事情は知っている。
「でもねえ・・・」

玲奈と智美は教室に着くと早速更衣室に向かった。
更衣室は着替え中の女子高生でいっぱいだ。

二人は空いたロッカーをみつけ、着替え始めた。
玲奈は、ブレザーを脱ぎ、シャツを脱いだ。すると大きな乳房がプルンと姿を現した。
ノーブラだ。
数人が驚いたように玲奈の姿を見ている。
いつものことなので、玲奈も智美も、平然と着替えを続ける。

「いつ見ても、玲奈のおっぱいは大きいね。・・・うらやましいわ。」
智美は淡いブルーのブラジャーで越しに、小ぶりの乳房を両手で持ち上げながら言った。
「智美だって、そのうち大きくなるって。・・・彼に揉んでもらってるんでしょ?」
玲奈が応える。
「いやだぁ。そんなことしてないって!」
「えー。うそはよくないぞ。」

二人はたわいもない会話を続けながら着替えを終えた。
「さあ。行こうか。」
玲奈は最後に鏡で自分の恰好を確認する。
白い体操服の胸元は大きく隆起し、その頂上には二つの突起がプクッと膨らんでいた。
「いい形だ。」
玲奈は自分の乳房を確認し、グラウンドに向かった。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

エプロン

今朝、マンション1階にある郵便受けまで新聞を取りに行こうとした時の出来事。

部屋を出てエレベータの前で待っていると、2軒となりの部屋のドアが開き、奥さんがでてきた。時々会う人だ。
グレーのTシャツに、紺の短パン姿。そしてノーメーク。確か30歳前半だが、童顔なので、全然違和感はない。ただ、ひとつだけ違和感があるとすれば、Tシャツの胸が大きく張り出しているところだ。そう、童顔で巨乳なのだ。
いつもは、巨乳を隠すようにエプロンをしているのだが、今日はエプロンなしだ。

「おはようございます。」とあいさつをして、ふと胸元を見ると、大きなおっぱいのふくらみの先に、ツンと2つの突起物があった。・・・ノーブラだ。

えっ、と思い、奥さんの顔を見てしまった。
奥さんも「あっ」と小さく声を上げると、胸の前で両手を交差し、おおきなおっぱいを隠した。
そして真っ赤な顔で「失礼します!」と言って、きびすを返すと部屋に戻っていった。

エプロンを忘れちゃったのね。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



ブラジャーに関する研究成果

ある日の新聞記事
*******************************************************
女性の乳房の形状補正などの目的で使用されているブラジャーを着用した場合、着用しない場合に比べ、乳房が小さくなる可能性があると、●●大学の吉岡教授らの研究グループが発表した。

発表によると吉岡教授らは、下着メーカ社員及びその家族の協力のもと、10歳から30歳の女性1000人に対し、ブラジャーを常時着用するグループと、着用しないグループに分け、乳房の形状変化を10年間にわたり調査を行った。その結果、ブラジャーを着用しないグループの方が13%以上乳房が大きくなることを突き止めた。

吉岡教授によると、現在は乳房の大きさの違いが生じるメカニズムの解明には至っていないが、今後ブラジャーによる締め付け等による身体的要因、ブラジャーを着用しないことによる生活面の変化など多方面にわたって調査、研究を進めるとのことである。
*************************************************************

「ねえ、お母さん。この記事って、私たちが協力した調査だよね?」
三女の高校生、玲奈が尋ねた。

「そうよ。お母さんが勤めている会社の調査だからみんなに協力してもらったのよ。うちは巨乳の家系だしね。それに協力金ということでお金もたくさんもらったしね。」と、母、由美子は答えた。

「でも、本当は、やりたくなかったな。みんなジロジロ見るんだもん。」と20歳になる次女の有希が言った。

「あんた達は、学生だからまだいいじゃない。私なんか会社でどんなに恥ずかしかったか。」と
長女の23歳の若菜が言った。3姉妹の中で若菜が一番の巨乳だ。

「そうなの?ノーブラを一番気に入ってたのが若菜じゃなかったっけ。休みの日には、Tシャツの上から乳首丸わかりで、おっぱいユサユサさせながらコンビニに行ってたじゃない?こっちが心配したわよ」由美子が突っ込む。
「そうだよ。私だったら、絶対ノーブラがばれないようにするもの。」有希が言う。

「でも、ノーブラが一番楽なんだよね。それにおおきなおっぱいは私の魅力だもの。見られてもへっちゃらよ」と若菜。

「さあ、玲奈。そろそろ学校に行く時間でしょ。気を付けてね。」と由美子。
「本当だ。行ってきます。」
「変な人には気をつけるんだよ」
「はーい」そして、玲奈は今日もノーブラで学校に向かった。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
関連記事