FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟年夫婦の習慣(5)


長年の経験から、夫が射精する前のペニスの感覚を貴子は把握しているつもりだった。

しかし今回はあまりにも急激だった。
垂らした唾液がペニスの先に着いたかと思った途端、一瞬にして陰茎が太くなりザーメンが噴き出してきた。
ドピュー!!!ドピュー!!!

顔を近づけていたので避けることもできなかった。
唇、顎、そして頬から鼻へと、精液をたっぷりと浴びてしまった。

久しぶりの夫の精液。
独特に匂いが鼻を衝く。
舌を伸ばして、口の周りについた精液を舐める。
お世辞にも美味しいとは言えたものではないが、久しぶりに夫の精液を舐めることに興奮を覚えた。
今まで、何度もフェラチオをして、何度も精液を飲んできたが、なぜ、こんなに興奮するのだろう。

その時、貴子にひとつの考えが浮かんだ。
性欲はオナニーで解消できる。
クリトリスへの刺激で快感は得られるし、ディルドを挿入して膣の快感も得られる。
しかし、ペニスからほとばしる精液の味や臭いは、決して得られない。
ああ・・・私には、夫のザーメンが必要なのだ。

そこで、私は決心した。
「夫とのセックスは面倒だが、射精の手伝いはしてあげよう。夫の精液を舐めさせてもらおう」と。


貴子は、新たな習慣となったこの行為が始まった時のことを思い出しながら、ビンビンに勃起した夫のペニスを今晩も扱いている。

亀頭もパンパンに膨らみ、金玉袋もキュッと収縮している。
もうすぐ射精しそうだ。
貴子はあの日のように、口の中に貯めた唾液をタラリと亀頭に垂らした。
義男は、満足そうな顔でこちらを見つめている。
そして唾液まみれの陰茎を扱きあげながら、段々スピードを上げていく。

(さあ。思い切りイキなさい。)
陰茎が急に太く膨らむと、射精が始まった。
ドピュー!!ドピュー!!
何度も何度も脈打ちながら、精液が発射される。
定年を過ぎた夫が昔と変わらず、勢いよく精液を噴き出す様子を眺めながら、貴子は嬉しくなる。
精液が飛び散らないようにペニスの角度を調整しながら、貴子は優しく扱き続ける。
義男の胸や腹まで飛んでいたザーメンは、その勢いを失っていく。しかし、尿道口から放出される白濁液は止まらない。
ドクドクと溢れ出したザーメンで、ペニスを握った貴子の手はドロドロになる。

しばらくしてようやく射精が収まると、白濁液でドロドロになった手を貴子は口元へ運び、一本一本と指を舐めてゆく。
あぁ、夫のザーメン!
この匂い、味。
あぁ、堪らない。

貴子は思った。
久しぶりにセックスしてあげようかな。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


関連記事

由実の秘かな楽しみ(1)

由実は終業前からそわそわしていた。

早く自宅に帰りたい。

終業の時刻になると同時に席を立ち、由実は自宅マンションに急いだ。

マンションの部屋に入ると、すぐに内側から玄関のカギをかける。
そしてベッドの上にバッグを放り投げると、窓際に行き、カーテンがぴったりと閉まっていることを確認する。
そして、スマホの電源を切る。

それだけ確認すると、服をするっと脱ぎ去る。
ブラジャーとパンティだけを残して。

そして、ベッドサイドにある引き出しを開けた。

「・・・これが大好きなんだよね。・・・」
由実が取り出したのは、本物のペニスそっくりな肌色のディルドだった。
亀頭の形、陰茎の血管の様子、そして金玉まで、本当にリアルだ。

少し前に通販で購入したばかりだが、虜になってしまった。

由実はディルドを握りしめ、愛おしそうに頬ずりをする。
もうがまんできない。

全身が写る大きな鏡の前に立つ。
ブラジャーとパンティだけを身に着け、片手にディルドを持った自分を見つめる。
唇が渇き、思わず舌舐めずりする。
我ながら、いやらしい姿だ。
そう思いながら、鏡に近づき、ちょうど顔の高さにディルドを吸盤で張り付ける。

鏡の中から、ペニスが大きく突き出している。
「おっきいおちんちんが・・・大好きなんだよね・・・」
鏡に映る自分に話しかける。

(早く、舐めなさいよ。)
鏡の中の自分に言われ、由実は亀頭の先をぺろりとなめる。

(そう。・・・もっと、舐めていいのよ。・・・)
舌を大きく出し、ペロペロと亀頭を何度も舐めまわす。
「あぁ・・・硬いおちんちん・・・これが、大好きなの・・・」

亀頭は由実の唾液でべとべとになる。

「ここも、気持ちいいんでしょ?」
舌をとがらせ、裏筋を刺激する。そして、そのまま、とがった舌先でカリ首をチロチロと舐める。

「ほら・・・このカリのくびれた所も気持ちいいでしょ?・・・」
舌先からよだれが、ツーッと垂れる。

「由実・・・ちんぽ、大好きなの・・・」
鏡の中の自分に話かける。

今度は横から陰茎を咥え、ハーモニカを吹くように横にスライドする。
ペニス全体がいやらしい唾液でべちょべちょになった。

「ふふ・・・硬いちんぽ・・・しゃぶってあげるね・・・」
由実は正面から亀頭部分をゆっくりと咥えこんだ。
そして、口の中でねっとりと舌を絡める。

「うんんん・・・ふぅんん・・・」
熱い吐息が漏れる。

口を閉じて亀頭を舐めていると、口の中が唾でいっぱいになる。
そして、よだれとなって、口の端からタラリ、タラリと垂れる。

あふれ出る唾を潤滑剤にして、口を前後に動かす。
グチュ・・・チュウ・・・グチュ・・・

唇を少しすぼめるようにして、カリ首の出っ張りを感じながら、ストロークを繰り返す。

そのたびに、よだれが床へ垂れる。

(ほら、よだれがいっぱい垂れてるよ・・・いやらしいのね・・・)
鏡の中の由実が囁く。


「そう・・・ちんぽ大好きなの・・・」
由実は、そう答えると、舌を大きく出し、根元から先端に向けて舌を這わせる。
裏筋の部分にくると舌先でツンツンしたり、ペロペロする。
そして、最後は、舌に力をいれ、亀頭を上にはじいた。
ピクンとディルドが跳ね上がる。

「・・・ふふ・・・気持ちいい?・・・」
そう言うと、もう一度根元から舌を這わし始めた。
そして裏筋部分でペロペロした後、舌で亀頭を跳ね上げた。
「元気いいね・・・ピクンっだって・・・ふふふ・・・」
もてあそぶように、舌で亀頭を下からペロンペロンと舐め上げる。

「どう?・・・気持ちいい?・・・じゃあ、ここはどうかしら・・・」
今度は舌先をとがらせ、尿道口をツンツンと突いた。
そして、尿道口をチュッ、チュッと吸った。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事