FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

寮母さんとの淫らな体験談(1)


僕が20代のころの話です。
会社の転勤で地元を離れた地方都市の支店勤務となり、会社の寮に入りました。
3階建てのアパートのような小さな寮で、2階と3階に寮生部屋が12部屋。寮生は全部で12人いましたが、20代は僕だけであとは単身赴任のおじさんばかりでした。
1階には食堂と風呂場。
そして食事や掃除の為に毎日通いで来ている二人の寮母さんの部屋がありました。
ひとりは山下さんという60歳くらいのぽっちゃりした肝っ玉母さんみたいな人です。
もうひとりは50歳くらいの神田さん。小柄で童顔で働きもののお母さんといったタイプでした。


ある金曜日の仕事帰りに、僕は会社の先輩たちと飲みに行きました。
三次会のスナックではカラオケで大いに盛り上がり、寮に帰ったのは深夜。僕は風呂にも入らず寝てしまいました。
翌日の朝起きてから、1階の風呂場にシャワーを浴びに行きました。
二日酔いで少しだるい身体をシャワーですっきりと流しながら、昨晩のスナックの女の子のことを思い出していました。丸顔が可愛くて、そして胸が大きい女の子でした。
若い僕をからかっているのでしょう。歌っている最中に何度も僕に抱きつき、その大きなおっぱいを押し当ててくるのです。
ムニュッとしたその柔らかい感触を思い出し、僕は勃起してしまいました。
そして誰もいないことをいいことに、オナニーを始めてしまったのです。

あの子のおっぱいを想像しながらシコシコと扱いてギンギンに勃起した時、ガラッと音がして風呂の扉が開きました。
「そろそろお掃除するよ」
寮母の神田さんです。
僕は、勃起したチンポを握ったまま固まってしまいました。

「もう……」
神田さんも苦笑したまま、固まってしまいました。しかし、僕の勃起チンポをしっかりと見ていました。

数秒の沈黙のあと、神田さんは笑いながら「ごめんね」と言うと、そっと扉を閉めて風呂場を出て行きました。

神田さんが風呂場を出て行く姿をすりガラス越しに眺めながら、妙に興奮している自分に気づきました。チンポは硬く勃起したままです。
おっぱいの大きな女の子は僕の頭の中から消えうせ、代わりに神田さんの姿が現れました。僕は、50代の寮母さんに見られながらオナニーしていることを想像しながらチンポを扱きました。
そして、すぐに射精してしまいました。

風呂場を出ると、廊下を掃除している神田さんに会いました。
「もう、びっくりしたわよ」
「すみません……」
「若いから仕方ないよね。ハハハ……」
神田さんはそういうと、僕のお尻をポンと叩きました。

全てはこの出来事から始まったのでした。

人気ブログランキングへ


未亡人寮母・かおり【電子書籍】[ 巽飛呂彦 ]

オナニー三昧 ~跨線橋の上で~(3)

その時、線路の向こう側からおばさんが階段を上ってくるのが見えた。
(ほら、おばさんが来たわよ。今度はしっかり見てもらいましょうね)
先生が言う。
(そうよ・・あなたのオナニー姿見てもらいましょう)
彼女もそう言いながら、僕のチンポを高速でしごき上げる。
(ダメ!そんなに早くしちゃ・・・イッちゃうよ!)
(いいのよ、見てもらいたいんでしょ?このカチカチのおちんちんを見てもらいたいんでしょ?)
(私にも、あなたがイクところを見せてね。ザーメンいっぱい飛ばしてね)
僕は二人に扱かれながら、完全に妄想の世界に入り込んでしまった。
(あぁぁぁ・・・気持ちいい!・・・イッちゃうよ!)
(いいのよ、イッていいのよ!)
(私にも、先生にも、そしてあのおばさんにも、あなたがイク瞬間を見せてあげましょう)

おばさんは、コツコツと足音を立てながら近づいてくる。
(ほら!おばさんが来たわよ)
(あなたのオナニー姿見られちゃうよ)
二人の嘲るような声が、僕の頭の中を駆け巡った。
(あぁぁぁ・・・もうダメ!)
(いいのよ!・・・いっぱい出して!)
(あなたのイクところ見せて!!)
彼女のシコシコと扱くスピードが最高潮に達した。

(イクっ!・・・イクッ!!!)
ドピュー!ドピュー!
1メートル程、精液がほとばしった。
(凄い!・・・もっと出して!)
彼女はチンポを扱き続け、僕はザーメンを発射し続けた。
ピュー!ピュー!
(まだ出るでしょ?)
彼女はいつまでも扱いていたが、とうとうザーメンは出なくなった。
(もう、出ないかな?)
彼女が歯磨き粉を絞り出すように、チンポの根元からゆっくりと扱き上げると、尿道口から白いザーメンが少しだけ出てきた。
(先生、これで最後みたいね)
彼女が嬉しそうに言った。
(いっぱい出たね)

僕はチンポから手を離し、我に返った。
すると、さっきのおばさんが横に立っていた。
「ずいぶん気持ち良さそうね」
「・・・」
「いつもこんなところでオナニーしてるの?」
「・・・」
「誰かに見られるのが好きなのかな?」
「・・・」
「でも、こんなところでオナニーしちゃだめよ。するなら、自分の部屋でしなさいね」

おばさんは僕を咎めることなく、横を通り過ぎ、階段を下りていった。
そして数段階段を下りたところで、振り返った。
「おばさん、毎日この時間にここを渡るの・・・だから・・・」
おばさんの目が妖しく輝いた。
「だから?」
「どうしてもしたくなったら・・・ね?」
「えっ!」
おばさんは微笑みながら言った。
「さあ、早く帰りなさい・・・そして自分の部屋でおもいっきりオナニーしなさいね」
そして、スタスタと階段を下りていった。

僕は家に帰ると、おばさんに言われた通り自分の部屋でオナニーをした。
妄想の世界の中で、おばさんと先生と女の子の3人に扱かれながら。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

オナニー三昧 ~跨線橋の上で~(1)


うちの家の近くには電車が走っていて、その線路の跨ぐ歩道橋、つまり跨線橋があった。
しかし大通りから外れたところにあるため、その跨線橋を利用する人は殆どいないことを僕は知っていた。また跨線橋を囲む目隠し用のフェンスが高いため、渡っている人が周りから見えないことも調査済だった。

僕はいつものようにクラブ活動を終えて学校から帰宅する途中、その跨線橋に行った。案の定、周りには誰もいない。
僕は橋を上りきると、階段に座って妄想を始めた。

いつものように、学校で一番人気のある音楽の山下先生が現れて、僕に話しかける。
(今日はこんなところでオナニーするの?)
(うん、外で一度してみたかったんだ)
(へえ・・・そうなの?・・・じゃあ、見ててあげる)
僕はチャックを下ろすとチンポを引っ張り出した。
秋の風がチンポにあたり、少しヒヤッとする。空を見ると夕闇で赤く染まり始めた鰯雲が流れている。
(風が冷たいね。おちんちんも小さくなってるね。・・・じゃあ、大きくしてあげる)
山下先生は小さくなったままのチンポを摘まむと、包皮を根元に引っ張り亀頭を露出させたり、戻したりしながらゆっくりとしごき始めた。
しかし初めて外でするため、気が散ってなかなか勃起しない。

すると線路の向こうから制服姿の女子高生が上ってくるのが見えた。
(あら!女の子が来たわよ・・・おちんちん見られちゃうわよ)
(どうしよう?)
僕の頭の中には、見られたい気持ちと、恥ずかしい気持ちの両方が渦巻いた。
(さあ、どうするの?)
山下先生はそう言いながらも僕のチンポをしごき続ける。
(僕のおちんちん見てくださいってあの子に言ってみようか?)
意地悪そうな先生の言葉に、僕のチンポが反応する。
(あっ!おちんちん硬くなってきたよ・・・やっぱり見られたいんだね)

そうしているうちに女子高生は階段を登り切った。
僕のチンポは一気に硬くなりビンビンに勃起した。
(すごいね!もうビンビンだよ・・・僕のビンビンに勃起したおちんちん見てくださいって言おうよ)
妄想の中で山下先生が唆す。

階段の一番上段に座っている僕は、通路部分を覗いた。
制服のスカートを翻しながら彼女が跨線橋を渡ってくる。
(彼女が来たよ!・・・しっかり見てもらいなさい)
(あぁぁぁ・・・どうしよう)
そう思いながら僕のチンポはますます硬さを増してゆく。
彼女の足音がすぐ近くまで響いてきた。
(ほら!もうすぐよ!)
僕はチンポをしごきながら理性と欲望の狭間で揺れ動く。

彼女がすぐそこまで来た。
(さあ、興奮してこんなに勃起したチンポを見てもらいなさい)
(あぁぁぁ・・・先生、どうしよう!)



第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

オナニー三昧 ~姉の気配を感じながら~ (2)

更にページをめくる。
四つん這いになった彼女は身体の向きを変えて、大きなお尻を僕に見せつける。
(どう?私のお尻?)
(なんて魅力的な大きなお尻なんだろう。・・・あぁぁ、たまらない!)
僕はシコシコとチンポをしごき続ける。

(あなた・・・私のアソコばっかり見てるでしょう?もっとよく見せてあげるよ)

僕はページをめくる。
彼女は砂浜にペタンと座り込み、脚を大きくM字に開いていた。水着のクロッチには、縦に筋が入っている。
(ほら、よく見えるでしょう?)
(うん。割れ目の筋がよく見えると)
(私の割れ目見ながらいっぱいシコシコしてね)
僕は射精感を感じて、椅子から立ち上げる。
そして、彼女の股間の割れ目を凝視しながら、高速で扱きつづける。


その時、ミシッと廊下で音がした。
(あれ?誰かいるのかな?・・・もしかしてお姉ちゃん?)
横目で入り口をみると、きっちり閉めたはずの襖がほんの少しだけ開いている。

(どうしたの?私のこと見ながらシコシコしないの?)
ページの中の彼女が僕に話しかける。
(廊下にお姉ちゃんがいるみたいなんだ・・・)
僕は現実と妄想の狭間をいったりきたりしながら、チンポをしごきつづける。

(じゃあ、もうオナニー止めるの?・・・その大きくなったおちんちんから精子がでるところ見せてくれないの?・・・)
(そんなことないけど・・・)
(それに、もうすぐイキそうなんでしょう?・・・ザーメンいっぱい出しちゃえば)
(でも・・・)
(そういいながら、ずっとシコシコしてるじゃない。もう我慢できないんでしょ?)
(でも・・・お姉ちゃんに見られてるなんて・・・)
(私には、おちんちんいっぱい見せてくれてるでしょ?・・・お姉ちゃんにも見せてあげればいいじゃない?)
(そうかな・・・)
(そうよ・・・お姉ちゃんも精子がでるとこ見たいのよ・・・ホラ、もうすぐイキそうでしょ?・・・いっぱいシコシコして!)

僕は、彼女に言われるまま、チンポをしごき続けた。
(あぁぁ・・・イキそう!イキそうだよ!)
(思い切りイッて!・・・いっぱいザーメン飛ばしてね!)
ドピュー!ドピュー!
僕は机の上に精子をぶちまけた。

ミシッ。また廊下で音がした。
(やっぱりお姉ちゃんがいる・・・)

(いっぱい出たね?気持ちよかった?)
彼女が話しかける。
僕はティッシュペーパーでザーメンを拭き取りながら、妄想の世界の中で話を続ける。
(うん。気持ちよかったよ)
(お姉ちゃんに見られてたからいつもより、気持ちよかったんじゃない?)
(そうかな?)
(きっと、そうよ!・・・そのおちんちん、もう一回お姉ちゃんに見せてあげたら?)

彼女に唆されて、僕は襖の方に向き直った。
(ほら、あの隙間からお姉ちゃんが見てるわよ)
(お姉ちゃんが僕のチンポを見てる・・・)
(そう。あそこで息を潜めて、あなたのおちんちんをじっと見てるわよ)
そう思うと、なぜか僕のチンポは再び硬くなり始めた。

その時、誰かが階段を上ってきた。
「真由美・・・こんなところで突っ立って、何してるの?」母の声だ。
「いや別に・・・」襖の向こうから、姉の声がした。

(やっぱりお姉ちゃんに見られてたね・・・フフフ・・・)



第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

オナニー三昧 ~姉の気配を感じながら~ (1)

クラブ活動を終え帰宅した僕は、台所で夕食の準備をしている母と少し話をしてから二階の自分の部屋に上がった。夕食までの時間は、自分の部屋で宿題をして過ごすのがいつもの習慣だ。
「おかえり!」2階にあがると姉の声がした。
「ただいま!」いつものように応えてから、僕は部屋に入った。
ちなみにうちの家は二階建ての一軒家。二階に上がると短い廊下があって、僕の部屋は一つ目の和室。隣は2歳上の姉の部屋だ。僕の部屋は姉の洋室のようにドアに鍵がないのが残念だが仕方がない。

僕は部屋に入り、学生服を着替えると、入り口の襖を少しあけて廊下を覗いた。そして誰もいないことを確認するとキッチリと襖を閉めた。
(さて・・・)
僕はスポーツバッグの中から、友人から借りたグラビア雑誌を取り出した。
表紙には僕の大好きなアイドル歌手。表紙をめくると彼女がビキニ姿で砂浜で微笑んでいる。豊満な乳房が水着からこぼれそうだ。
僕は机の上に雑誌を広げて置く。そしてズボンとパンツを脱ぐ。
チンポは既に勃起している。

ページを一枚めくる。
白い砂浜で微笑む彼女。真っ赤なビキニが魅力的だ。
(さあ、一緒に楽しみましょう)
僕は仮性包茎のチンポを握りしめるとゆっくりとしごき始める。勃起しても皮を被っているが、根元まで包皮を剥くと真っ赤な亀頭が露出する。そして再びしごき上げるようにして皮を戻す。この動作を繰り返すと裏筋からカリ首が刺激されるため、快感がこみ上げてくる。

ページをめくる。
彼女は、白い砂浜に四つん這いになる。大きなおっぱいの先端は真っ赤なブラに隠されているが、垂れさがるたわわな乳房は僕の大好物だ。
彼女は恥ずかしそうに微笑みながら、僕を見つめる。
(恥ずかしいわ・・・そんなに見つめないで・・・)
僕は彼女の顔の前にチンポを突きだす。
(こんなに、硬くなってるんだ)
(すごい!・・・それに透明なお汁がいっぱいでてる!)
タラタラとあふれ出るカウパー氏腺液を指先で亀頭に擦りながら触り続ける。
(君のおっぱいを見て、興奮してるんだ)
(うれしいわ!いっぱいしごいてね)
僕はスピードをあげて、おもいっきり勃起したチンポをしごく。

「カチャリ」
小さな音がしたような気がした。
(お姉ちゃんかな?)

しかし、オナニー真っ最中の僕は、グラビアの彼女にを見ながらチンポをしごくことに夢中だった。



第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事
次のページ