FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空想ニュース ~セックスフラワーが見頃~


都内の植物公園では、初夏に咲くセックスフラワーが花を咲かせ、見頃を迎えています。

この花は、オマンコの形をした雌花と、オチンチンの形をした雄花を持っており、受粉する様子が、まるで、オチンチンをオマンコに挿入しているように見えることから、セックスフラワーと呼ばれています。
また、雌花からはオマンコの匂い、雄花からは精液の匂いがして、その匂い嗅ぐと、異常なほど性欲が掻き立てられるという花です。
日本でも「まぐわい花」と呼ばれ、子宝に恵まれない夫婦に贈る風習がある地方があります。

こちらの公園では、先月下旬から「セックスフラワーまつり」が開かれており、大勢の人でにぎわっております。
期間内は園内でセックスをすることが黙認されており、若いカップルはもちろん、高齢者の夫婦もセックスフラワーに囲まれながらセックスを愉しんでいます。
園内には、多数のベンチが設置され、クッションのブランケットの無料貸し出しが行われています。またコンドームも無料で配布されています。

もちろん男性だけ、女性だけで来場される方も大勢います。セックスフラワーを鑑賞しているうちに、オチンチンは勃起し、オマンコはビショビショになるので、気に入った相手を見つけるとすぐに仲良くなり、セックスを愉しむことができます。

また、夜はライトアップされ、キラキラと輝くイルミネーションがセックスフラワーを照らし出します。閉園の夜10時まで、思う存分セックスを堪能することができます。

「セックスフラワーまつり」は今月25日まで開かれます。なお18歳未満の方は入場できませんのであしからず。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking



関連記事

空想ニュース ~女子大生が電車のホームでセックス~


昨日午後8時ごろ、都内に住む30歳の男性が、駅のホームで女性に無理やり性行為をされられるという事件が発生しました。

逮捕されたのは、都内に住む女子大学生、又野満子容疑者21歳です。

目撃者の話によると、又野容疑者は、駅のベンチに座っていた男性の股間を突然掴み、「気持ちいいことしない?」と話しかけ、男性の下半身を露出させペニスを舐めたということです。
そして、男性のペニスがギンギンに勃起すると、「私のオマンコも舐めて」と言いながらパンツを脱ぐと、男性の口元にオマンコを擦り付け、無理やり男性に舐めさせました。
男性の証言によると、舐め始めるとすぐに又野容疑者のオマンコから愛液が大量に溢れ出し、非常に濡れやすい体質だったということです。
その後、又野容疑者は、「もう、我慢できないわ。あなたの硬いおちんちんを私のオマンコにちょうだい」と大声で叫ぶと、体面騎乗位で男性の上に跨り、勃起したペニスを濡れたオマンコに深々と挿入しました。そして激しく腰を振り、約20分の間に「イク!イク!」と叫びながら、少なくとも3回は絶頂に達した模様です。
そして、4回目の絶頂を迎えると同時に男性も射精を行い、又野容疑者のオマンコの中に精液約5ミリリットルを発射したということです。

警察は当初、男性による犯行の可能性も考慮し両面で捜査をしていましたが、防犯カメラの映像等から又野容疑者による犯行であると断定しました。

警察の調べに対し又野容疑者は、駅のホームで男性とセックスをしたことは認めているものの、強制わいせつの容疑に対して「強制わいせつなんかじゃないわ。合意の上よ。だって彼ったら下からガンガン突いてくるの。オチンチンがオマンコの奥に当たってすっごく気持ちよかった。またやりたい」などと反省の色は見えないとのことです。

一方、又野容疑者の弁護士は「みなさんご存知のように昨年、公然わいせつ罪は廃止されました。よって合意の上でのセックスを駅のホームで行うことはなんら問題ありません。完全なる誤認逮捕です」とコメントを発表しました。

今後は、この男性が合意の上だったのかどうかが注目されます。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

空想ニュース ~空きマンコ増加~

政府の発表によると、定期的に性交渉を行っていない女性、いわゆる空きマンコが10年で40%も増え、深刻な問題が生じているとして、自治体による管理の強化など早急な対策が必要だとしています。

これは、若年男性の性への関心の低下により未婚者のセックス回数が減少していることや、既婚者のセックスレスが大幅に増加していることを背景に、ペニスを挿入されなくなったマンコが全国的に広がっているとみられています。

これにより、性欲が満たされない女性が、空きマンコへのペニス挿入を求める大規模なデモが各地で発生しています。デモに参加の女性たちは、全員が全裸になり、「私のマンコにチンチンを!」や「あなたのチンポをマンコに入れて!」と連呼しながら行進しました。

政府は、空きマンコは今後さらに増えていくと指摘していて、夫に代わって自治体職員がセックスをできるような条例制定の促進や、空きマンコの情報を集約した空マンコバンクの整備を行ったうえで、セックスを希望する男性への情報提供を行うなど早急な対策が必要だとしています。

また、空きマンコを町おこしに活用しようとする動きも活発化しています。一部の農村では村に住む女性の空マンコ写真集をインターネットに公開して村外からのセックス希望者を募集したところ応募者が殺到したため、村の公民館を24時間開放して臨時のラブホテルとして使用するなど、対応に追われました。

政府関係者によると、「空きマンコはうまく活用すれば、少子化を食い止める有効な手段になるとともに生活に活力をもたらし、結果として国の繁栄にもつながる。ことし1月に設置した検討会の中で空きマンコの有効利用や適正管理を促す仕組みについて、しっかりと検討を進めていきたい」と述べました。

FC2 Blog Ranking



関連記事

熟年夫婦の習慣(4)


次の日の夜、風呂から上がった義男はパジャマ姿でリビングルームに向かい、座椅子にだらしなく座りながらテレビを見ている妻の横に座った。

「貴子、少し話があるんだが・・・」
「何よ、改まって・・・」
「僕たち、最近セックスしてないだろう?」
「・・・」
「昨日の夜、夢精したよ。10代の時、以来だよ」」
「ふーん」
「君がセックスしたくないなら、無理強いはしない。だから・・・」
「だから・・・何よ」
「貴子。すまないが手でしごいてくれないか」
「・・・」少し驚いた表情を浮かべた。
「貴子のその手で扱かれて、射精したいんだ」
「・・・」あきれたような、それでいて少し嬉しいような表情で義男の顔を見つめた。
「いいだろう?」

義男はパジャマのズボンとパンツを脱ぐと、妻の横に仰向けで寝ころんだ。
「頼むよ」
貴子は無言のまま、まだ柔らかいままのペニスに手のひらを当てた。そして、ゆっくりと撫で始めると、みるみる内にペニスは硬く勃起した。
膨れ上がった亀頭を指先でつまみながら裏筋を刺激すると、透明な液体がトロトロと溢れ出してきた。
慣れた手つきで溢れるカウパーを亀頭の括れにまぶすと、リング状にした指先で上下に扱きあげる。
まだ数分しか経っていないのに、義男をイキそうになってきた。
「貴子・・・もう、イキそうだよ」

妻は無言のまま、いきり勃ったペニスを握り直すと、その上に顔を持って行く。
そして、その口から小さな泡混じりの唾液が、ゆっくりと垂らされる。
(あぁぁ。貴子のツバが・・・)

透明な液体が糸のように少しづつ伸びていく。
(貴子のツバが、俺のチンポに・・・)

義男のペニスは一段と硬くなる。
それを握った貴子の手は、握力に強弱をつけながら刺激する。

ついに妻の唾液が亀頭に到達し、一本の透明な糸でつながった。

その瞬間、急激な射精感が義男の背筋を駆け上がった。
(あぁぁぁ・・・イクッ!!)
ドピュー!!!ドピュー!!!

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

熟年夫婦の習慣(3)


義男は妻にペニスを扱かれながら、同時にスマホの画面の中で繰り広げられる淫靡な行為を見つめる。
画面の中の女はビンビンに勃起したペニスを握り、嬉しそうな表情を浮かべながらゆっくりと上下に手を動かしている。

義男はスマホの画面を見ながら、セックスレスが続いていたあの日を思い出していた。

セックスは愛情表現の一つだと考えていた義男は、年齢を重ねても貴子とのセックスを欠かさなかった。しかし、そんな妻からセックスを拒否されるようになっていった。
拒否されても何度も誘っていたが、そのうち義男の方から誘うこともなくなっていった。
しかし、二人の仲が悪くなったわけではない。単にセックスをしなくなっただけだ。

それまで定期的にセックスをしていた義男にとって、セックスがない生活というのは精液放出の機会が減少したことを意味する。
その結果、起こったのが夢精だ。義男は50歳を超えて夢精をしたのだ。

気が付くと義男はズボンとパンツをはいていなかった。
下半身裸で、なぜかテレビを見ている貴子の横に寝そべっている。
貴子はテレビ画面から視線を外さないまま右手を伸ばしてきて、義男の股間を弄り始めた。
セックスレスになってから、貴子からこんなに積極的になるのは驚きだ。
貴子は慣れた手つきでペニスを勃起させると、そのまま激しく上下にしごき始めた。
急激な射精感に襲われた義男が、妻の動きを制しようとしたが、妻はテレビを見ながらやめようとしない。
もうダメだ。射精するぞ。
ドピュ!ドピュ!と激しく精子が飛び散った。
そして、亀頭の先からドクドクと精子が溢れ出し、扱き続ける貴子の手に甲に、白濁液が流れてゆく。
精液の放出が収まると、貴子はようやく手の動きを止めた。そして、手にかかった精子をペロペロと舐めた。

そこまで来て、義男は夢精をしたことに気が付いた。
妻に手淫される夢を見ながら、パンツの中に射精してしまったことを。
はじめは自分でも信じられなかった。夢精するなんて何十年ぶりだろう。
隣で寝ている妻に気付かれないようにそっと起き上がると、洗面所に行き、精子まみれになったパンツを自分で洗った。
パンツをはきかえて寝室に戻ると、「どうしたの?」と妻が声を掛けた。
義男は「ちょっと・・・」と言ってごまかすと、すぐに寝たふりをした。
貴子もそれ以上、聞いては来なかった。

義男は寝たふりをしながら、決心した。
「妻に手淫を手伝ってもらおう。俺のチンポを貴子に扱いてもらおう」と。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事
次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。