FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟年夫婦の習慣(4)


次の日の夜、風呂から上がった義男はパジャマ姿でリビングルームに向かい、座椅子にだらしなく座りながらテレビを見ている妻の横に座った。

「貴子、少し話があるんだが・・・」
「何よ、改まって・・・」
「僕たち、最近セックスしてないだろう?」
「・・・」
「昨日の夜、夢精したよ。10代の時、以来だよ」」
「ふーん」
「君がセックスしたくないなら、無理強いはしない。だから・・・」
「だから・・・何よ」
「貴子。すまないが手でしごいてくれないか」
「・・・」少し驚いた表情を浮かべた。
「貴子のその手で扱かれて、射精したいんだ」
「・・・」あきれたような、それでいて少し嬉しいような表情で義男の顔を見つめた。
「いいだろう?」

義男はパジャマのズボンとパンツを脱ぐと、妻の横に仰向けで寝ころんだ。
「頼むよ」
貴子は無言のまま、まだ柔らかいままのペニスに手のひらを当てた。そして、ゆっくりと撫で始めると、みるみる内にペニスは硬く勃起した。
膨れ上がった亀頭を指先でつまみながら裏筋を刺激すると、透明な液体がトロトロと溢れ出してきた。
慣れた手つきで溢れるカウパーを亀頭の括れにまぶすと、リング状にした指先で上下に扱きあげる。
まだ数分しか経っていないのに、義男をイキそうになってきた。
「貴子・・・もう、イキそうだよ」

妻は無言のまま、いきり勃ったペニスを握り直すと、その上に顔を持って行く。
そして、その口から小さな泡混じりの唾液が、ゆっくりと垂らされる。
(あぁぁ。貴子のツバが・・・)

透明な液体が糸のように少しづつ伸びていく。
(貴子のツバが、俺のチンポに・・・)

義男のペニスは一段と硬くなる。
それを握った貴子の手は、握力に強弱をつけながら刺激する。

ついに妻の唾液が亀頭に到達し、一本の透明な糸でつながった。

その瞬間、急激な射精感が義男の背筋を駆け上がった。
(あぁぁぁ・・・イクッ!!)
ドピュー!!!ドピュー!!!

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

熟年夫婦の習慣(3)


義男は妻にペニスを扱かれながら、同時にスマホの画面の中で繰り広げられる淫靡な行為を見つめる。
画面の中の女はビンビンに勃起したペニスを握り、嬉しそうな表情を浮かべながらゆっくりと上下に手を動かしている。

義男はスマホの画面を見ながら、セックスレスが続いていたあの日を思い出していた。

セックスは愛情表現の一つだと考えていた義男は、年齢を重ねても貴子とのセックスを欠かさなかった。しかし、そんな妻からセックスを拒否されるようになっていった。
拒否されても何度も誘っていたが、そのうち義男の方から誘うこともなくなっていった。
しかし、二人の仲が悪くなったわけではない。単にセックスをしなくなっただけだ。

それまで定期的にセックスをしていた義男にとって、セックスがない生活というのは精液放出の機会が減少したことを意味する。
その結果、起こったのが夢精だ。義男は50歳を超えて夢精をしたのだ。

気が付くと義男はズボンとパンツをはいていなかった。
下半身裸で、なぜかテレビを見ている貴子の横に寝そべっている。
貴子はテレビ画面から視線を外さないまま右手を伸ばしてきて、義男の股間を弄り始めた。
セックスレスになってから、貴子からこんなに積極的になるのは驚きだ。
貴子は慣れた手つきでペニスを勃起させると、そのまま激しく上下にしごき始めた。
急激な射精感に襲われた義男が、妻の動きを制しようとしたが、妻はテレビを見ながらやめようとしない。
もうダメだ。射精するぞ。
ドピュ!ドピュ!と激しく精子が飛び散った。
そして、亀頭の先からドクドクと精子が溢れ出し、扱き続ける貴子の手に甲に、白濁液が流れてゆく。
精液の放出が収まると、貴子はようやく手の動きを止めた。そして、手にかかった精子をペロペロと舐めた。

そこまで来て、義男は夢精をしたことに気が付いた。
妻に手淫される夢を見ながら、パンツの中に射精してしまったことを。
はじめは自分でも信じられなかった。夢精するなんて何十年ぶりだろう。
隣で寝ている妻に気付かれないようにそっと起き上がると、洗面所に行き、精子まみれになったパンツを自分で洗った。
パンツをはきかえて寝室に戻ると、「どうしたの?」と妻が声を掛けた。
義男は「ちょっと・・・」と言ってごまかすと、すぐに寝たふりをした。
貴子もそれ以上、聞いては来なかった。

義男は寝たふりをしながら、決心した。
「妻に手淫を手伝ってもらおう。俺のチンポを貴子に扱いてもらおう」と。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (7)

「じゃあ、セックスのお勉強を続けましょう」
亜沙美は純平の横に添い寝をし、胸板をさわりながら話を続ける。
「セックスをする時に、女の子のおっぱいやオマンコを触ったり、舐めたいって思うでしょう。・・・それは女の子も同じなの。女の子もおちんちんや金玉を触ったりしたいのよ」
亜沙美の手が下半身に移動し、純平のペニスをゆっくりと擦った。
するとペニスはググッと大きくなった。
「ほら、もう復活している」純平の顔を見て微笑んだ。
「女の子は、男の人にも気持ちよくなって欲しいの。だからこんなこともするのよ」
亜沙美は身体を起こすとペニスに顔を近づけた。そして純平の顔を見る。
純平も亜沙美を見つめている。
「フェラチオしてあげる」
亜沙美は純平を見つめながら、大きく舌を出し亀頭をペロリと舐めた。
「うぅん・・・」
純平の声を聞きながら、亀頭を口に咥える。
「あぁぁ・・・気持ちいい」純平が声を漏らす。
敏感な純平が再び射精しないように気を付けながら亜沙美はゆっくりと舌を絡ませていく。
純平は目を閉じ、快感に耐えているようだ。
亜沙美は、ゆっくりとしたスピードでペニスを唇でしごき上げる。
「ふん・・・ふん・・・ふん・・・ふん・・・」
亜沙美の鼻腔からもれるリズミカルな甘い吐息に、純平の快感は急速に高まって行った。
「あっ!・・・ダメ!ダメ!」大きな声で亜沙美を制止する。
亜沙美もペニスを口から吐き出した。
「大丈夫?」
「うん・・・ちょっと危なかった」
今度は射精は我慢できたようだ。

「じゃあ、私も気持ちよくしてくれる?」
亜沙美は純平の顔の上に跨り、69の体制になった。

純平は目の前のオマンコにしゃぶりついた。
そして、小陰唇から膣口そしてクリトリスと、あらゆるところを舐めまわす。
クチュ、クチュ、クチュ
「はぁん・・・激しいのね・・・気持ちいいわ・・・ううん」
若さゆえの荒々しい愛撫に、亜沙美も声を上げた。
「純平くん・・・触ってもいいのよ」
純平は、ヌメヌメと光る割れ目に指を挿入し、ゆっくりと抜き差しを繰り返す。
「あぁぁ・・・」
「気持ちいいですか?」
「うん・・・すごく気持ちいい・・・」
純平は、指のスピードに変化をつけたり、深さを変えたりして自分なりに工夫をしているようだ。
「あん!・・・上手よ・・・」
亜沙美は純平の愛撫に身体を任せながら、目の前のペニスを観察する。
硬く勃起し、血管を浮き立たせた陰茎。真っ赤に腫れ上がったような亀頭。そして先からは透明な汁が溢れ出している。
挿入の準備は万全のようだ。



「セクシャルサポーター」の第1話から読む
「富田亜沙美の場合」の第1話から読む


アダルトブログランキングへ



関連記事

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (5)

「まずは女性器の説明をするわね」
おもむろに亜沙美は脚をM字に開いた。
「さあ・・・見て・・・」

セクシャルサポーターの仕事として、今までに何人もの若い男性と対応してきたが、股間を開いて見せるのはいまだに恥ずかしい。殆どの男性が食入るような視線を投げかけ、陰毛の一本一本や、襞の細かな様子までを目に焼き付けるかの様に、凝視してくる。
純平も、純真そうな瞳をキラキラさせながら、亜沙美の股間を見つめていた。
亜沙美は恥ずかしさに耐えながらも、股間を指差しながらきっぱりと言った。
「・・・よく見てください・・・」
ゴクリと純平が唾を飲み込む音が響いた。
細い指で割れ目を少し開いてやる。
「ここが女性器。つまり・・・おまんこです。」
純平は身体を前のめりにして、亜沙美の股間に顔を近づけた。
「純平くん、初めて見た感想は?」
「・・・とてもきれいです・・・」
「そう言ってくれて、うれしいわ」
突き刺すほどの視線を感じながら、亜沙美は説明を開始した。
「ここの外側のところが大陰唇。そして内側のこれが小陰唇と言うの。」
両手の指で襞を大きく開く。
「ここにある小さな突起がクリトリス・・・わかる?・・・女の子がとっても感じるところなの・・・そしてここは尿道。おしっこが出るところね・・・そしてこれが膣です。SEXをする時、ここにおちんちんを入れるのよ・・・」
亜沙美は、両手でピンク色の襞を大きく開いた。
「さあ、もっと近くで見て」
その声を聞くと、純平はベッドに腹這いになり、亜沙美のおまんこのすぐ近くまで顔を寄せた。

「じゃあ、純平くん、触ってみて」
戸惑いながらゆっくりと伸ばされた人差し指が、外側の襞に触れた。
「そう、そこよ・・・・割れ目に沿って触って」
大陰唇の上を、ゆっくりと指が擦っている。
「小陰唇も触って・・・」
亜沙美は両手でもう少し割れ目を開いてやった。
純平の指先が小陰唇に触れる。そして襞に沿って行ったり来たり動いていく。
「そう、純平くん上手よ・・・」
ゆっくりとした動きで、優しく小陰唇を触られて、亜沙美は割れ目の奥が湿ってくるのを感じた。

純平の指が膣口へと移動する。
「そこにおちんちんをいれるのよ・・・少しだけなら指を入れてもいいわ」
愛液で湿った襞をかき分け、膣口の中に指先が入る。
「あん!」甘い吐息が亜沙美の口から漏れた。
純平はびっくりして指を引き抜いた。
「ごめん・・・大丈夫よ・・・純平くんが上手いから、ちょっと感じちゃった・・・濡れてるのがわかる?・・・女の子が感じてる証拠よ」
純平は頷き、再び指を入れる。
「純平くんに触られて、とっても気持ちいいの・・・あん!」
純平が指を出し入れしたので、亜沙美が堪えきれず吐息を漏らした。
「女性器の性感帯といえば、ひとつは膣。もうひとつはここ・・・クリトリスよ」
亜沙美の指が敏感な突起をいじくりだす。
「私もクリトリスはすごく気持ちいいの・・・あん!・・・純平くん、こんな風に優しく触ってみて・・・」
亜沙美の指の動きをまねて、純平の指も円を描くようにピンクの突起を愛撫する。
「そう・・・ふぅん・・・上手いわよ・・・・あん!・・・」
クリトリスを愛撫され、割れ目から愛液が溢れ出す。
愛液が潤滑剤となり、性感帯を這い回る動く指先は、一段と亜沙美の感度を高めていく。
「はぁん!・・・気持ちいい!・・・そこがいいの!・・・」
亜沙美はひと際大きな声を上げ、純平の一生懸命な愛撫に身を任せた。

「セクシャルサポーター」の第1話から読む
「富田亜沙美の場合」の第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (3)

身体を洗い終えた二人は、バスタオルを身体に巻き付けると、ベッドに移動する。
「さあ、座りましょう」二人はベッドサイドに並んで腰を掛けた。
「洗ってる間、純平君のおちんちん、ずっと勃起してたよね・・・興奮してる?」
緊張している純平に対し、亜沙美は親しげに声をかけた。
「ふふっ・・・ほら今も」
純平のバスタイルが大きくテントを張っているのを、亜沙美の視線がとらえる。
「ちょっと、恥ずかしいな」
「恥ずかしくなんかないわよ。元気がいい証拠。・・・こんなに元気なんだから、オナニーは毎日しているんでしょ?」
「はい・・・だいたい毎日・・・」
「若い男の子だったら、1日に2、3回オナニーしても平気よ・・・純平くんも一日に何回もしたことあるでしょう?」
「ええ、時々は・・・」
「ふーん・・・ところでキスはしたことある?」
「あります・・・キスは経験あります」
「でもセックスは未経験なのよね」
純平が大きく頷いた。

「じゃあ、そろそろセックスのお勉強始めようか・・・まずはキスからよ」
亜沙美は手伸ばし、純平の背中に回した。そしてゆっくりと顔を近づけ純平にチュッと軽いキスをした。
亜沙美は微笑みながら純平の瞳を見つめる。そして再び唇を重ねる。
純平は、柔らかい唇の感触を感じながら、大きく鼻で息をした。
「ふふふ・・・そんなに緊張しなくてもいいわよ」
「す、すみませ・・・」
言い終わる前に、純平の口は亜沙美の口でふさがれ、強烈に口を吸われた。
「う、うう・・」
次に亜沙美の舌は、純平の唇をペロペロと舐める。それに応える様に純平も亜沙美の唇を舐める。互いに唇を舐めあっていると、純平の口の中に亜沙美の舌が侵入してきた。口内を這い回る亜沙美の舌の感触に興奮しながら、純平も懸命に応戦する。
「ふぅん・・・純平くん、上手いわ」
褒められて、純平は積極的に、亜沙美の口の中に舌をねじ込ませる。そして亜沙美がしたのと同じように、舌を絡め、口内に己の舌を這わせた。

「純平くん、舌を出して・・・」
純平が舌を出すと、亜沙美も舌を尖らせて突き出した。そして互いの瞳を見つめ合いながら、舌先を触れさせる。
「んんん・・・食べちゃいたい・・・」
精一杯尖らせた純平の舌に亜沙美は吸い付いた。
ジュルッ・・・ゴクリ
「美味しいわ・・・」
亜沙美は、純平の唾液を何度も味わった。
「純平くんも試してみる?」
亜沙美のヌメヌメと輝く舌が純平の口の中に挿入された。
純平がその舌に吸い付くたびに亜沙美の唾液が口中にいっぱいになる。
ジュルル・・・ゴクリ、ジュルル・・・ゴクリ

亜沙美の強烈なキスの愛撫を受け、純平は快楽の波に押し流されているようであった。

「セクシャルサポーター」の第1話から読む
「富田亜沙美の場合」の第1話から読む


アダルトブログランキングへ



関連記事
次のページ