FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキュバスの仕業 ~宿題~(1)


なぜか僕は、教室の一番前で立たされていた。

「あなた・・・宿題忘れたのね」
僕の背後から女性の呆れたような声が聞こえた。
「先生、本当に残念だわ」
白いブラウスと黒いタイトなミニスカートに身を包んだ大柄な美人が、僕の前に現れた。
「宿題忘れると、どうなるか分かってるわよね」
憐れみを含んだ笑みを浮かべながら僕を見下ろした。

長い黒髪と真っ赤な唇がその美しさを際立たせている。
そして、胸のボタンが弾けそうになるほど大きく膨らんだ胸。スカートにぴったりと包まれた大きなお尻。そしてすらりと伸びた細い脚。

「どこを見てるのかしら」
女教師は、互いの鼻がくっつくほど顔を近づけてきて囁いた。
その豊満な身体から発せられる香りが僕の鼻腔をくすぐる。
(あぁぁ・・・いい匂い)

次の瞬間、先生は僕の股間をグッと掴んだ。
クラス中からクスクスと笑い声が起こった。
教室を見渡すと、白いブラウスとチェック柄のスカートに身を包んだ女の子たちが席に座って僕を見つめていた。

女教師は僕の股間を掴んだまま女生徒たちの方を向くと大きな声で言った。
「宿題を忘れたらどうなるか、皆さん知っていますよね?」
ニヤニヤ笑いながら頷く子。恥ずかしそうに頬を赤らめる子。
様々な反応をする女の子たちの様子を眺めながら、先生はゆっくりと僕の股間を撫でまわし始めた。
その刺激に、僕のペニスはみるみるうちに硬くなっていく。

人気ブログランキングへ


第1話から読む


関連記事

葵と亜香音(4)


「もっと気持ちよくしてあげる・・・」
亜香音は身体を起こすと、葵の両足に手を掛けた。
「いやっ!」とっさに葵は声を上げる。
しかし、容赦なく両足が大きく広げられる。
スカートはまくれ上がり、ピンク色のパンティが露わになる。
「ふふふ・・・」
亜香音は妖しく微笑んだ。そしてパンティに施されたレース模様に指を這わす。
「可愛いパンティね・・・よく似合ってるよ」
「あ、ありがとう」
「あれ?ここ、シミになってるよ」
亜香音の指先が、クロッチの割れ目を上下に撫でる。
「う、うぅぅ・・・」
「キスされて、おっぱい触られて・・・感じちゃったのね」
亜香音は優しく微笑みながら、クロッチの割れ目を何度もこすりあげる。
「うんんん・・・」
葵は、再び愛液がにじみ出てくるのを堪えられなかった。
「また湿ってきたわ・・・せっかくの可愛いパンティが、汚れちゃう」
「は、恥ずかしい・・・」
「もう大丈夫よ・・・こうしてあげる」
そう言うと、亜香音はパンティを一気に脱がした。
「だめっ!」葵が抵抗する。
そんな葵の声などお構いなしに、両脚を高く持ち上げた。
そして、マングリ返しにされた葵の秘部に、亜香音は顔を近づけた。
「きれいだわ・・・」
「恥ずかしいよ」
「ほら、こんなに濡れてるわ・・・」
亜香音はオマンコの襞を大きく開いた。
「きれいなピンク色・・・葵のいやらしいお汁がいっぱい溢れてる」
亜香音は葵のオマンコに口をつけた。

ペロリ。
舌で舐め上げる。
「あんっ!」
ペロペロ。
「ああぁぁぁん!」
亜香音は、ベロベロと舐め、そしてチュウチュウと吸い付いた。
「美味しいわ・・・葵のここ、とっても美味しいわ」
葵のピンクの襞を、柔らかい舌がくまなく愛撫する。ネットリトした動きで、襞を舐めたかと思えば、時には舌をとがらせ膣口に差し込み、小刻みに震わせた。
その度に葵の口から喘ぎ声が漏れる。
「はぁぁぁん!・・・あぁん!!・・・あぁん!!」
淫唇を舐めまわされて、快楽に酔いしれる表情を見ながら、亜香音は言った。
「じゃあ、ここはもっと気持ちいでしょう」
亜香音の舌は、クリトリスを舐め上げた。
「あぁぁぁんっ!・・・そこ!・・・気持ちいい!」
葵はひと際大きな声を上げた。クリトリスは葵の一番の性感帯なのだ。
マングリ返しのポーズで身動きがとれないまま、亜香音にクリトリスを愛撫される。
亜香音の愛撫は容赦なく繰り返され、葵は何度も歓喜の声をあげる。
「あんっ!・・・気持ちいい!・・・気持ちいいの!」
「マン汁がこんなにでてるわ・・・」
チュウ・・・亜香音の舌が、ねっとりとした愛液を舐めとる。
「はぁぁぁん!」
「舐めても、舐めても・・・いっぱい出てくるわ!」
「あっ!・・・あっ!・・・あっ!」
「気持ちいいの?・・・もっとして欲しい?」
「あぁぁん・・・もっと!・・・もっと!」
「もっと舐めて欲しいの?・・・オマンコもっと舐めて欲しいのね?」
「うん・・・舐めて!・・・葵のオマンコ、もっと舐めて!」
亜香音の舌が、激しく這い回る。
「あぁぁぁぁ・・・イク!・・・イク!」
亜香音の舌が、さらに激しくクリトリスを刺激する。
「あぁぁ!・・・ダメ!・・・イク!・・・イッちゃう!・・・イクッ!!!!」
葵は大きな声を上げると、腰を大きく突き出しながら足はビクビクと痙攣させ、絶頂を迎えた。

亜香音は、葵の股間から顔を上げ、ぐったりとした表情の葵の顔を見つめ、優しく微笑んだ。
「気持ちよかった?」
「うん」
照れくさそうに葵は笑った。
マングリ返しの姿勢を解いてやりながら、葵の股間に垂れたネットリとした愛液を拭てやった。
「ほら、ビチョビチョよ」
「もう・・・」
はにかんだ笑顔を見せる葵に、亜香音はキスをした。
「私たち、これからも仲良くしましょうね」

第1話から読む

FC2 Blog Ranking





関連記事

罰ゲーム(9)


「あっ!・・・イクッ!」
健太の声と同時に、ペニスから精子が勢いよく吹き出した。
ドピュー!ドピュー!
「キャー!」
明美は思わずペニスを握っていた手を外した。
そのため、ペニスはビクンビクンと上下に脈打ちながら、ザーメンをあたりにまき散らす。
「キャー!」
今度は3人の友人たちが悲鳴を上げた。
健太のペニスは何度も精子を吐き出しながら、女の子たちの制服を汚した。

「明美!おちんちん離しちゃだめだよ」加奈が言った。
「ごめん!」慌てた明美は、健太の正面に座り込み、まだ勃起したままの再びペニスを握った。すると、残っていたザーメンがドピュー!と発射された。
「キャッ!」
予期しなかったタイミングだったので明美は避けきれず、ザーメンは顔に掛かってしまった。
「ごめん!」健太はそういいながらも、もう一度ザーメンを明美の顔に発射した。
そして、その後は、勢いがなくなったザーメンをドロリと出し、明美の制服のスカートの上に垂らした。

「ようやく止まったね」陽子が笑った。
「本当・・・健太、精子出しすぎ!」加奈も笑った。
「明美の顔に、精子いっぱいついてるわよ」悦子が教えてくれた。
確かに明美の頬から口に掛けてザーメンがついていた。
「悦子・・・ティッシュある?」
「明美、教えてあげるわ・・・こういう場合はこうするの」
悦子は指先でザーメンを掬い取るとペロリと舐めた。
「えっ!舐めたの?・・・」明美が驚いて声を上げた。
「おいしいわよ」
「本当?」
明美は不審そうにしながらも、顔のザーメンを指先で救い、口の中に入れた。
「・・・」明らかに不味そうな表情を浮かべた。
「ハハハ・・・不味いでしょ?」加奈が笑った。
「私もあんまり好きじゃないな」陽子も同意する。
「そうかな・・・私、大好きだけどな・・・」悦子は不満そうに言うと、ティッシュを取り出した。
みんなもティッシュを取り出し、顔や服についたザーメンを綺麗にふき取った。
健太もペニスをティッシュで綺麗にした。

「じゃあ、お二人さん・・・これで罰ゲームは終わりかな?」陽子が言った。
「うん」健太と明美の返事が重なった。
「あらら・・・気が合うんだね。」加奈が茶化した。
「そろそろ、私たちは退散するとしましょうか」悦子が言うと、3人は立ち上がると、健太に近づいた。

「今日は楽しかったよ」
加奈はそう言うと、健太の亀頭を指先で撫でまわした。
するとペニスは少し硬さを持ち始めた。

「いいもの見せてもらったわ」
悦子は、少し大きくなったペニスを握り、2、3度扱きあげた。
するとペニスは見る見るうちに勃起してきた。

「本当に、今日はありがとう」
陽子は自分の指を舐めると、裏筋から亀頭をこねくり回した。
健太のペニスは完全に勃起した。

「もう、やめてよ!」明美が大声で言った。
そしてペニスに絡みつく陽子の手を払いのけると、明美は健太のペニスを愛おしそうに握りしめた。
「私・・・健太が好き・・・」

「じゃあ、邪魔者は帰るわ」
「でも部屋の掃除は忘れないでね。」
「明日、ザーメン臭いと思うわ・・・ハハハ」

ドアの外へと出て行く3人を見送ったのち、健太と明美は見つめあった。
「俺も、明美が好きだ」
「嬉しい!」
明美は、全裸のままの健太に抱き着いた。
硬く勃起したペニスを握りしめたまま。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

オナニー三昧 ~跨線橋の上で~(1)


うちの家の近くには電車が走っていて、その線路の跨ぐ歩道橋、つまり跨線橋があった。
しかし大通りから外れたところにあるため、その跨線橋を利用する人は殆どいないことを僕は知っていた。また跨線橋を囲む目隠し用のフェンスが高いため、渡っている人が周りから見えないことも調査済だった。

僕はいつものようにクラブ活動を終えて学校から帰宅する途中、その跨線橋に行った。案の定、周りには誰もいない。
僕は橋を上りきると、階段に座って妄想を始めた。

いつものように、学校で一番人気のある音楽の山下先生が現れて、僕に話しかける。
(今日はこんなところでオナニーするの?)
(うん、外で一度してみたかったんだ)
(へえ・・・そうなの?・・・じゃあ、見ててあげる)
僕はチャックを下ろすとチンポを引っ張り出した。
秋の風がチンポにあたり、少しヒヤッとする。空を見ると夕闇で赤く染まり始めた鰯雲が流れている。
(風が冷たいね。おちんちんも小さくなってるね。・・・じゃあ、大きくしてあげる)
山下先生は小さくなったままのチンポを摘まむと、包皮を根元に引っ張り亀頭を露出させたり、戻したりしながらゆっくりとしごき始めた。
しかし初めて外でするため、気が散ってなかなか勃起しない。

すると線路の向こうから制服姿の女子高生が上ってくるのが見えた。
(あら!女の子が来たわよ・・・おちんちん見られちゃうわよ)
(どうしよう?)
僕の頭の中には、見られたい気持ちと、恥ずかしい気持ちの両方が渦巻いた。
(さあ、どうするの?)
山下先生はそう言いながらも僕のチンポをしごき続ける。
(僕のおちんちん見てくださいってあの子に言ってみようか?)
意地悪そうな先生の言葉に、僕のチンポが反応する。
(あっ!おちんちん硬くなってきたよ・・・やっぱり見られたいんだね)

そうしているうちに女子高生は階段を登り切った。
僕のチンポは一気に硬くなりビンビンに勃起した。
(すごいね!もうビンビンだよ・・・僕のビンビンに勃起したおちんちん見てくださいって言おうよ)
妄想の中で山下先生が唆す。

階段の一番上段に座っている僕は、通路部分を覗いた。
制服のスカートを翻しながら彼女が跨線橋を渡ってくる。
(彼女が来たよ!・・・しっかり見てもらいなさい)
(あぁぁぁ・・・どうしよう)
そう思いながら僕のチンポはますます硬さを増してゆく。
彼女の足音がすぐ近くまで響いてきた。
(ほら!もうすぐよ!)
僕はチンポをしごきながら理性と欲望の狭間で揺れ動く。

彼女がすぐそこまで来た。
(さあ、興奮してこんなに勃起したチンポを見てもらいなさい)
(あぁぁぁ・・・先生、どうしよう!)



第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。