FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

美咲先生のオナニー鑑賞(3)

「真治くんがシコシコするところ、先生には見せてくれたよね。・・・もう一回見せてくれるかな」
桃花が真治に優しく話しかけた。
「・・・えぇ・・・いや・・・」
なおも恥ずかしがる真治の耳元で美咲が囁いた。
「ほら。真治君のおちんちんビンビンになってるよ。・・・いつもどんな風にオナニーしてるか、先生にも見せてちょうだい」

「まずはおちんちんを握るのよね・・・右手?それとも左手?」
「・・・えぇっと・・・右手です。」
美咲は真治の右手を取ると、ペニスを握らせた。そして手を重ねながら、ゆっくりと上下に動かした。
「ほら、こうやってシコシコするのね」
みるみるうちに、ペニスは大きく反り返る。

「気持ちよくなってきた?・・・先生が見てるから、いつものようにオナニーしてね」
美咲はそっと手を離した。
そして、全裸でベッドに横たわる真治の姿を改めて見た。
女教師二人に見つめられながらオナニーをする高校生。
紅潮した白い頬。
薄い胸板、平らなお腹。小さく窪んだおへそ。
その10数センチ下から、薄いながらモシャモシャと陰毛が生えている。
そして、陰毛の中から小ぶりながらギンギンに勃起した包茎ペニスが屹立している。
真治は、皮に包まれた亀頭に親指、人差指、中指の3本を添えて、慣れた手つきで上下にしごいている。
(やっぱり亀頭が気持ちいいのね・・・)

包皮が引き下げられると、亀頭が少しだけ顔をのぞかせる。
(まだまだ子供のおちんちんね。可愛いチンポ・・・)
しかし包皮を根元まで引き下ろすと真っ赤な亀頭がズル剥けになる。
(まあ、きれいな亀頭!・・・あぁぁ・・・舐めちゃいたい!)

顔を上げ、改めて真治の顔を見ると、真治の視線は桃花の顔を捉えている。
(普段はいやらしい動画をみてるのよね・・・でも今日は桃花を見ながらオナニーか・・・)
そう思いながら桃花を見ると、屹立するペニスを見つめながら舌なめずりをしていた。
(加藤先生ったら・・・いやらしい!)

「加藤先生・・・ずいぶん熱心にご覧になってるんですね」
桃花はハッとして顔を上げた。
「え、えぇ・・・うちの生徒の悩みですからね。熱心になるのは当然です」
慌てながらも、どうにか教師としての体面を保つ回答を返してきた。
「そうよね。・・・でもそんなに間近で見つめなくても・・・ほら、おちんちんの先から、透明なカウパ氏腺液がたっぷりと出てきましたよ・・・加藤先生に見つめられて、興奮したんじゃない?ねえ、真治くん」
「うん・・・ちょっと、恥ずかしいけど・・・透明な液はいつもいっぱい出るんだ」
尿道口から溢れる液体を、指先で亀頭に塗り付けながら言った。
「じゃあ、加藤先生にいっぱい見てもらうと、もっと出るかもね」
「そうなの?・・・真治君のためなら、いいわよ・・・先生がいっぱい見てあげる」
桃花は吐息がかかるほどペニスに顔を近づけた。
「高島先生も、もっと近くでみてもらっていいかしら・・・うちの生徒のためにお願いします。」
「いいわよ。生徒のためだもんね」
二人の女教師は妖しく微笑みながら、生徒のペニスを食い入るように見つめていた。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

お姉さんに見られちゃった(2)

さあ、服を全部脱いで。

どうしたの?恥ずかしいの?
でも、恥ずかしいって言うのに、おちんちんはこんなにビンビンになってるよ。

もしかして、恥ずかしいと興奮しちゃうのかな?
大丈夫よ。そんな君のことがお姉さん大好きだから。

全部脱いだら、ベッドに横になってね。
それにしても元気なおちんちんね。ピーンって上を向いてるわ。
お姉さん、元気なおちんちん大好き。
ほら、こうやってシコシコしてあげる。

どうしたの?びっくりしたの?
お姉さんはもう大人よ。だから男のひとのおちんちん大好きなの。
だから、今日はわたしが、気持ちよくしてあげる。
君も、もう少し大きくなって彼女ができたら、その子にしてもらいなさいね。

あっ!ネバネバの液が出てきた。
ほーら。いっぱい出てきた。
じゃ、こうやって塗り付けちゃおう。
真っ赤な亀頭がテカテカになっちゃった。

ほーら。滑りがよくなって気持ちいでしょう。
裏筋から、亀頭の周りのくびれたところ。いっぱいしごいちゃおう。
どう?気持ちいい?

えっ!どうしたの?・・・イキそうなの?・・・イっちゃう?
あっ!あっ!・・・凄い!凄いよ!・・・いっぱいでてる!・・・凄い!

いっぱい出たね。・・・こんなところまで飛んでるよ。
気持ちよかった?・・・お姉さん嬉しいわ。
じゃあ、またね。



第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

罰ゲーム(8)

陽子、加奈、悦子の3人が見守る中、明美は健太のペニスを扱き続ける。
「すごい!おちんちんビンビンだよ!」
「明美、上手だね」
「キンタマも触ってあげたら?」

明美はペニスを扱くのをやめ、その手で金玉を包み込むようにした。
「どう?金玉の感触は?」
「うーん・・・」
「優しく触ってごらん・・・強く握ると痛いらしいからね」

袋の中の玉を、優しく揉みほぐすように指を動かすと、睾丸がゴロゴロと動くのがわかった。
明美は健太の顔を見上げた。
「健太・・・痛くない?」
「う、うん・・・気持ちいいよ」健太は明美を見ろして言った。
「確かに、この中にタマが二つあるよ」
「そこで精子が作られるんだよね・・・いっぱい溜まってそう」悦子が嬉しそうに言った。

「じゃあ、またシコシコして、もっと気持ちしてあげよう」陽子が言った。
「うん」明美は再びペニスを握ると、リズミカルに扱き始めた。
「ふぅぅぅ・・・」健太が吐息を漏らす。
「気持ちいいのね・・・」明美は嬉しそうに呟いた。
健太は目を閉じ、明美の愛撫に酔いしれているようだ。
明美はもう一方の手を使って、金玉を揉みほぐし始めた。
「両方だと、もっと気持ちいいかな」
「んんんんんん・・・」
「ここが、小さくなってきたよ」金玉袋が収縮してきたのを、明美が伝えた。

「それは、もうすぐ射精する合図だよ」陽子が教えた。
「えっ!・・・ヤダ!・・・どうしよう?」明美は少し狼狽した。
「大丈夫。もっとシコシコしてあげて」
「健太・・・イキそうになったら、教えてね」悦子が助言した。
「うん・・・実は・・・もうイキそうだ・・・」切羽詰まった声で健太が言った。
「そうなの?・・・・いいよ・・・イッていいよ」
「明美・・・よく見ときなよ・・・おちんちんの先から精子がでるところ」
「うん、わかった・・・健太、イッて!・・・お願い!」
明美はそう言うと、扱くスピードを上げた。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

罰ゲーム(7)

明美は健太の顔を覗き込んだ。
「本当に、いいの?」
健太も明美の顔をじっと見ながら答えた。
「うん・・・触って欲しい・・・明美が嫌じゃなければ・・・」
明美は少し戸惑った表情を浮かべた。
「健太がそう言うんだったら・・・私はいいよ」
健太の顔が少し明るくなった。
「じゃあ、少しだけ・・・触ってみて」

明美は、不安そうに周りの女の子たちを見渡した。
陽子が小声でアドバイスする。「そっと握ってみな」
その声に小さくうなずくとピンと上を向いた陰茎を、明美はそっと握った。
「ふー」と健太が声を漏らした。

「どんな感じ?」加奈が尋ねる。
「うーん・・・わかんない」
「硬いでしょ?」
「うーん・・・ゴムみたいかな?・・・でも中の芯はすごく硬いよ」
「さすが、優等生。描写が細かいね」悦子が笑った。
その笑い声で場の雰囲気が緩んだ。

「じゃあ、握ったままシコシコしてごらん」
「こうかな?」
明美はゆっくりと、扱き始めた。
「そうそう・・・うまいじゃない。」
陽子が健太の顔を覗き込む。「どう、気持ちいい?」
「うん・・・気持ちいい」
「だろうね・・・先っぽから透明な液がいっぱいでてるよ」
陽子は指先でその液を掬い取った。
「これ何?」明美は手を止めて尋ねた。
「これは、ガマン汁。正しくはカウパー氏腺液って言うんだ。気持ちよくなると出てくるんだよ」
「これが精子なの?」
「これは精子じゃないよ。射精する前に出るんだよ・・・ほら」
尿道口からタラタラと溢れ出すカウパーを、再び指先で救い上げ、亀頭に擦り付けた。
「明美もやってごらん」
教えられた通り、透明な液を真っ赤な亀頭に擦り付けた。
「こうすると、滑りがよくなるだろう・・・そして、こうやって触ってあげると、男の子は気持ちいいんだよ」
陽子は指先で裏筋を刺激すると、ペニスはピクンと跳ね上がった。

「やってごらん」
明美も裏筋を指先で刺激する。
すると、カウパー氏腺液が、トロリと溢れ出してきた。
「すごい!いっぱい出てきた!」明美が嬉しそうに言った。

「じゃあ、もっとシコシコしてあげよう」加奈がはしゃいだ。
明美の手の動きが早くなってきた。

「さすが優等生。覚えが早いね」悦子が笑った。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

罰ゲーム(6)

「明美、よく見てごらん。これが、勃起したおちんちんよ。」ピクピクと脈打つペニスを悦子は指さした。
「すごーい」明美は小さな声で呟くように言った。
「ほら、カチカチになってるよ」
真っ赤に膨れ上がった亀頭を、悦子は人差し指でツンツンと突いた。

すると、明美が大きな声を発した。
「やめて!・・・お互いの身体に触れないのが私たちのルールなの!」
ペニスを突いていた手が止まり、そして悦子は小さく笑った。
「ふふふ・・・明美は知らないの?・・・どうしてこんなにおちんちんが硬くなったか。」
「・・・」明美は口ごもった。
「加奈・・・教えてあげたら?」悦子は加奈に話を振った。
「しかたないわね・・・」そう言いながら、加奈は健太のペニスをそっと触った。
「どうしてこんなに硬くなったか・・・それは興奮したからよ・・・大好きな明美に見つめられて、健太はすっごく興奮しちゃたの。だからこんなに勃起してるの」

「じゃあ、どうしたら小さくなるか・・・陽子、教えてあげて」
待ちきれない様子で、陽子も健太のペニスに触れた。そしてその手はゆっくりと下がっていき、金玉に触れた。
「ここは何ていうところか知ってるわよね」陽子は嬉しそうに明美の顔を伺った。
「・・・そんなの言えない・・・」小声で答える。
「じゃあ、教えてあげる。・・・ここはキンタマ」
「キャハハハ・・・」悦子が大げさに笑った。
「ここには、精子がいっぱい溜まってるの・・・この精子を出すとおちんちんは小さくなるのよ・・・いわゆる射精ってやつね」
「さすが、陽子。詳しいわ」加奈が言った。
「じゃあ、どうしたら射精するでしょうか?」再び悦子が質問した。
「やっぱり・・・シコシコしてあげるのがいいんじゃない?・・・ねえ明美?」陽子は明美に問いかけた。
「シコシコ?」
「そう、シコシコ」屹立したペニスを握ると、陽子は上下に扱いて見せた。
「どう?気持ちいい?」陽子が尋ねると、健太は小さくうなずいた。
「じゃあ、明美にも扱いて欲しい?」
「う・・・うん」健太は小さく答えた。
「声が小さくて聞こえないよ!」悦子が言う。
「うん」さっきよりは大きな声で健太が答えた。
「二人のルールを破ることになるけど、それでも明美に触って欲しいんでしょ。はっきり言いなさいよ」加奈がけしかける。
「うん・・・触って欲しい」
「明美、聞こえた?・・・健太はあなたに触って欲しいんだって」

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事
次のページ