FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

数学の女教師(2)


「先生うれしいわ。数学の勉強、もっとがんばって欲しいもの」
小さなフリルのついた真っ白なブラジャーに包まれた乳房を、ギュッと僕に押し付けながら先生は言った。
おかげで、いきり立ったチンポがピクピクと反応した。
「ほら、御覧なさい。田中君のおちんちんが、早く射精したいようって言ってるよ」
笑いながら鈴木先生の右手が金玉に添えられる。
「ここにいっぱい精液を溜めると、頭がいやらしいことばっかり考えるようになるの。だからすっきりしてから勉強に取り組むといいわよ。精液と成績は大いに関係があるのよ」
「はい……」

「じゃあ、いっぱい出してすっきりしましょうか」
真っ白なブラジャーとパンティ姿の先生は、僕の前にしゃがみ込むとリズミカルにチンポを扱き始めた。
シコシコ、シコシコ……
「気持ちいい?」
「はい、とても……」
「いっぱい出してね」
シコシコ、シコシコ……

鈴木先生に扱かれながら、僕は先生のおっぱいにそっと手を伸ばした。
「ダメよ!」
先生の厳しい声が飛び、僕は思わず手をひっこめた。
「田中君わかってる?今してることは勉強の一環なのよ」
「はい……」
「もっと数学の勉強を頑張ってほしいから、先生も努力してるのに……」
「すみませんでした」
「そんなことするんだったら先生、手伝わないから。勉強もオナニーも」
先生はチンポから手を離した。
「そんな……」
僕は、先生に見捨てられたような気がして少し悲しくなった。
「じゃあ、どうして欲しいのか。言ってごらん」
言い過ぎたと思ったのか、鈴木先生の口調が少し優しくなった。
「先生に……手伝って欲しいです」
「何を手伝って欲しいの?……はっきり言わないとわからないわ」
「先生に……オナニーを手伝って欲しいです」
「声が小さいわよ。先生にオナニーを手伝って欲しいですってはっきり言いなさい」
「先生にオナニーを手伝って欲しいです!」
「そうよ!もう一回言って!」
「先生にオナニーを手伝って欲しいです!」
「いいわよ。」先生は優しく笑うと、再び僕のチンポを握った。

「こうやって、おちんちん扱いて欲しいんでしょ?」
「はい」
「じゃあ、言ってごらん」
「おちんちん扱いて欲しいです」
「もう一回!」
「おちんちん扱いて欲しいです!」
「勃起したおちんちんを扱いてください!さあ、言って!」
「勃起したおちんちんを扱いてください!」

先生の手がシコシコと動き出した。
「あなたのおちんちん硬いわ!」
「おちんちん硬いです!」
「カチカチチンポよ!」
「カチカチチンポ!」
「私に扱かれて気持ちいい?」
「先生に扱かれて気持ちいいです!」
「とっても気持ちいい?」
「とっても気持ちいです!」

僕はもう我慢できなかった。
「先生、もうイキそうです」
「いっぱい精液出してね」
「いっぱい精液出します!」
「熱いザーメンいっぱい飛ばしてね」
「あぁぁ……ザーメン飛ばします……あぁ……イク!イク!」

ドピュー!ドピュー!
大量の精液がほとばしった。
勢いが良すぎて、先生の肩をかすめて飛んで行った。
「すごい!」
先生もびっくりしたようだった。
3回目の発射からは少し勢いを失い、先生の肩や胸にかかった。
最後は、先生の太腿に垂れ落ちた。

「どう、すっきりした?」
「はい、すっきりしました」
「じゃあ、早く家に帰って勉強しなさい」

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

数学の女教師


今日の数学のテストの結果は、ひどかった。
昨晩はあまり勉強ができなかったので期待はしていなかったが、自分でも驚くほど低い点数だった。
案の定、数学の鈴木先生から呼び出しを食らった。
鈴木先生は、分かりやすい授業で生徒から人気のある女の先生だ。

授業が終わり進路指導室に行くと、鈴木先生がひとりで待っていた。
真っ白なシャツに紺色のタイトスカートが魅力的だ。
「じゃあ、座って」
僕が椅子に座ると、先生も隣の椅子に並んで座った。
「田中君、今日のテストは悪かったね。どうしちゃったの?」
先生が、僕の顔を覗き込む。
「最近、勉強が手に付かなくて……」
「そうなの?勉強もいいけど、たまには身体を動かさなきゃだめよ」
「そういえば、全然運動してません」
「ダメよ。男の子は運動して発散させなくちゃ。すぐに溜まっちゃうんだから」
「はい……」
「昨日はしたの?」
「エッ!何をですか?」
「何をって……オナニーに決まってるでしょう」
鈴木先生の口からオナニーという言葉が出て、僕は驚いた。
「どうしたのそんな顔して。私がオナニーって言ったからびっくりしたの?マスタベーションとか自慰って言った方がよかったかしら。でも同じでしょう……で、きのうはシコシコしたの?」
僕はチンポが硬くなってくるのを感じた。
「昨日はしてません」
「ダメよ。男の子はオナニーしてすっきりしないから勉強が手につかないのよ」
「はい、すみません」

「じゃあ、今日は先生が手伝ってあげる」
鈴木先生の手が伸びてきた。
「いや、いいです」
「恥ずかしがってるの?……大丈夫よ。先生には今までたくさんの男子生徒を教えてきた経験があるの。それではっきりしているのは、男子の成績不振の最大の原因は、精子を溜め過ぎなのよ。」
「そうなんですか」
「そうよ。だから今日は先生が手伝ってあげるって」
先生の手が、ついに僕の股間を掴んだ。
「あれ?硬くなってる?」
先生の手が、ズボンの上からチンポを撫で回す。
「もうカチカチね」
先生はズボンとトランクスを脱がすと、完全に勃起したチンポを見て嬉しそうに笑った。
「田中君。立派なおちんちんね」

先生は、早速扱き始めた。
「こんなに元気がいいんだから、毎日オナニーしなくちゃ」
「はい……」
「ほら。ここ気持ちいでしょう」
シコシコと扱きながら、片方の手で亀頭を撫で回す。
もう、我慢できない。
「先生……イキそうです」
「いいわよ。いっぱいだしてね」
「アッ!イクッ!」
ドピュー!ドピュー!

先生の真っ白なシャツと紺色のタイトスカートに、精液をぶっかけてしまった。
「すごい!たくさん出たね」
「でも先生の服に掛けてしまって、すみません」
「全然、構わないわよ。でも、洗わないとダメね」
そう言うと、シャツとスカートを脱ぎ、ブラジャーとパンティ姿になった。

「田中君、またおちんちん大きくなってるよ。それじゃあ、家に帰っても勉強が手に付かないんじゃない?」
「……」
「よかったら、もう少しここで先生とお勉強しない?」
僕は大きくタテに首を振った。

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

寮母さんとの淫らな体験談(5)


唾液で湿らせた指先が、まるで軟体動物の触手のようにゆっくりと這い回ります。
細い指をクネクネと亀頭に絡ませながら、指の腹を小刻みに震わせて尿道口を刺激します。
そして、トロトロと溢れ出る透明な液をカリ首にまぶしながら、亀頭冠をやんわりと扱きます。
もう片方の手は金玉を弄びます。右の金玉をコロコロ、左の金玉をコロコロ。
じんわりとした快感が押し寄せてきます。

もっと激しく扱いて欲しい気持ちと、このまま焦らされつづけたい気持ちがないまぜとなりながら、僕のチンポはビクンビクンと激しく脈打ちました。
「もっと激しいのがいい?」
神田さんは優しく微笑み、硬く勃起したチンポを握りました。
そして、その上に顔を近づけると、真っ赤に腫れ上がった亀頭にタラーッと唾液を垂らしました。
大量の唾液をチンポにまぶすと、リズミカルに扱き始めました。
「あぁ、気持ちいい!」
焦らされ続けたチンポに、強烈な快感が走ります。

神田さんはシュッ、シュッと扱きながら、さらに唾液を垂らします。
「フフフ……」
ベトベトになった手を動かしながら、妖しく僕を見つめる寮母さんはすっかりいやらしい熟女になっていました。
「ビンビンね。もう我慢できないんじゃない?」
僕は頷きました。
「そう……やっぱりね」
チンポに絡みつく唾液まみれの手の動きがスピードを速めました。
クチュ、クチュ、クチュ、クチュ……
「あぁぁ!」
寮母さんは、さらに唾液を追加します。
「もっと気持ちよくなっちゃうよ」
クチュ、クチュ、クチュ、クチュ……
「イクよ……イッちゃうよ!」
「イッていいのよ」
クチュ、クチュ、クチュ、クチュ……
「あぁぁぁ!」
「いっぱい出して!」
クチュ、クチュ、クチュ、クチュ……
「アッ!イクッッッ!」

ドピュー
精液が高々と噴き出しました。
「キャッ!」
寮母さんが小さく悲鳴を上げました。
ドピュー、ドピュー
自分でも驚くほど、勢いよくザーメンが噴き出します。
溢れ出る
チンポを握りながら神田さんはキュッキュッと最後まで扱いてくれました。

尿道口から精液が出なくなると、神田さんは優しく微笑みました。
「あぁ、びっくりした。精液がビューって飛んだね」
「あんなに飛んだのは初めてかな?すごくよかったから」
「気持ちよかったんだ。うれしいわ」

神田さんは飛び散ったザーメンをティッシュで拭き取ってくれました。
「いっぱいでたね。じゃあ、部屋に戻ってゆっくりと寝なさい」
ふと見ると、藤色のワンピースにも、一筋の精液が付いていました。
「あっ、寮母さん。ここにも」
神田さんは指先ですくい取り、その指をペロリと舐めました。
「フフフ……おいしい」

部屋に戻った僕は、神田さんの指を思い出しながらもう一度オナニーをしました。

第1話から読む
人気ブログランキングへ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(8)


一方、ショウゴは大きなおっぱいに顔を埋めながら、コリコリと硬くなった乳首を愛撫し続けた。
「あん・・・あん・・・いい・・・気持ちいいわ」
可愛い声をあげながら陽子の息は荒くなり、ムズムズと太ももを擦りあわすような仕草を見せ始めた。
ショウゴは両手で乳房をつかんだ。
柔らかく、スライムのような乳房だ。
ゆっくりと揉みながら、指を食い込ませる。
「あん・・・もっと・・・もっとお願い」
陽子の甘い声に、ショウゴはさらに乳房を揉み、そして乳首を指先で摘まんだ。
「あーん・・・そこが気持ちイイの・・・」
乳房だけへの愛撫では我慢できずに陽子が言った。

「じゃあ、もっと気持ちよくなりましょう・・・さあ、起きて」
陽子の太ももを枕にして横たわっていたショウゴは身体を起こした。
「脱いじゃおうかな」
陽子は独り言のように言い、すみれ色のパンティを自ら脱いだ。
「舐めあいっこしましょう」
ショウゴをソファの上に寝かせると、69の体制になった。
ショウゴの顔の上の、淫唇からは愛液が溢れ出しキラキラと輝くほどであった。舌を伸ばし陰唇に沿って舐める。
「うふーん」
相変わらず可愛い声が漏れる。
続いて、陰唇の端にある小さ目のクリトリスを舌先で愛撫する。
「あん・・・あん・・・いいわ・・・」

陽子もショウゴのいきり立つペニスに顔を近づけた。
「ああ、硬いおちんちん大好き」
小振りのペニスをパクリと咥えこむと、舌先をぐるぐると回転させた。
「それ・・・気持ちいいです・・・」

陽子の舌技に耐えながらショウゴは、人差し指を舐めると陰唇の中に挿入した。
「はぁーん!」
陽子は大きな声をあげた。
ショウゴは、ゆっくりと指の挿抜を繰り返す。その度にクチュリ、クチュリといやらしい音が響く。
「はぁん・・・はぁん・・・はぁん・・・」
さらなる快感を貪るように、陽子の腰は、ショウゴの指の動きに合わせて前後に動きだす。
それを見て、ショウゴは指を2本にして、スピードを早めた。
「あん・・・あん・・・あん・・・気持ちいい・・・すごく気持ちいい」
次第に愛液は、白濁してゆき、粘度も増してくる。
「あっ!ダメ・・・イッちゃう・・・イッちゃうよ・・・イク!・・・イク!」
陽子は腰をガクガク痙攣させ、絶頂に達した。

しばらくして呼吸が収まると、陽子は照れ臭そうなそうな顔をして起き上がると、体制を入れ替え始めた。ショウゴの脚を開き、その間に身体を入れ、目の前のペニスにしゃぶりついた。そして口の中の唾液まみれにした。
「おっぱいで挟んであげるね」
陽子は、巨大なおっぱいでショウゴのペニスを挟み込むと、ゆっくりとしごいた。
「ああ・・・柔らかい」
陽子の乳房は巨大なマシュマロのように柔らかく、そしてペニスに吸い付くような感触があった。
しかも、半開きなった口からはダラダラと唾液が流れ出し、おっぱいの谷間に流れ込む。
唾液の潤滑油ですべりのよくなった乳房でリズミカルにしごき上げながら、ペニスの感触を楽しむようだ。
「おちんちん、すごく硬いよ・・・硬いおちんちんが、おっぱいに挟まってる・・・気持ちいい?・・・おっぱい気持ちいい?・・・」
可愛い陽子の声を聞きながら、ショウゴは絶頂が近いことを知った。
「イキそうです」
「いいよ・・・いっぱいイッてね」
おっぱいのスピードが速くなる。
「イクよ・・・イク!」
亀頭の先から、精液が激しく吹き出した。
陽子は、おっぱいの中で脈打ちながら、何度も噴き出す白いザーメンを眺め、軽いエクスタシーを感じていた。
「すごい、いっぱいでたね。もう、おっぱいがドロドロになっちゃった」
射精が終わると、陽子はおっぱいについた精液を舐め取った。
「あぁ・・・美味しい」
「僕もすごくよかったです」
ショウゴは、陽子を抱きしめるとキスをした。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(6)


「ごめんなさいね、私ばっかり楽しんじゃって。どなたか交代しましょう」
マサユキの特大ペニスを握りながら澄江は周りを見渡した。
「じゃあ、私、いいかしら?」
ショートヘアの女性が、周りに同意を求めるように目配せをしながら歩み出た。

「千恵美です、よろしくね」
マサユキに挨拶をすると、立派なペニスに視線を移した。
「大きいわ。こんなに立派なおちんちんを見てると身体が火照ってくるわ」
千恵美は嬉しそうに言うと、ブラウスを脱ぎ、ブラジャーを取り去った。
肉感溢れる大きな乳房。そして乳輪も乳首も熟女を感じさせる褐色をしていた。
「千恵美さんのおっぱい、大きいですね」
マサユキの褒め言葉にはにかみながら千恵美は座り込み、極太のペニスを握った。
「マサユキくんのおちんちんも大きいわ」
妖艶な視線を投げかけながら、真っ赤な口紅が塗られた唇を開く。テラテラと妖しく輝く舌先から唾液が流れ始める。
亀頭に到達した唾液は、陰茎を伝って流れてゆく。千恵美はそれを丁寧にペニス全体に塗りつけていく。
自らの唾液でテカテカになったペニスを見つめ、千恵美に満足そうに笑うと、唇をペロリと舐めた。

「おいしそう・・・でも私のお口に入るかしら」
唇が大きく開き、亀頭の先を咥え込む。そしてゆっくりとした動きで口の中に押し込んでいく。
「んんん・・・」
声にならない声を漏らしながら、千恵美は亀頭全体を口の中に収めることができた。
「すごいわ」
周りの女性から歓声が上がると、千恵美は頭をゆっくりとその口から亀頭を出し入れし始める。
んんん・・・ジジュル・・・んんん・・・ジュジュル・・・んんんん・・・
息苦しさからくる呻き声と口の端から溢れ出す唾液がいやらしい音を立てる。

横で見ていた澄江も我慢できなくなり服を脱ぐと、千恵美の横に並んで座った。
千恵美はその巨大なペニスを口から吐き出した。
裸の熟女二人は顔を見合わせると舌を大きく出し、赤黒いペニスを舐めた。
根元から始まり、長い陰茎にそって上へと舐めあげる。最後に亀頭を舐めまわす。

周りの女性たちの多くも、床に座り込み、スカートの中に手を入れ、思い思いに性欲を満たしている。
「あぁぁん・・・」
熱い吐息とクチュ、クチュといやらしい音が重なる。

再び千恵美がペニスを口に含み、唇で上下に激しくしごき上げ始めた。
「あぁぁ、気持ちいい・・・もうイキそうです」
マサユキは、二人に伝える。
千恵美は亀頭を咥えたまま、マサユキを見つめ、優しく微笑んだ。
そして、さらに激しくしごき上げた。
「あっ・・・・イク!・・・イク!・・・イクッッ!・・・」
マサユキは腰を突き上げながら、千恵美の口の中にザーメンを発射した。
ビュッ!ビュッ!ビュッ!
千恵美は、口の中が青臭いドロドロの液体で満たされていくことで快感を感じていた。
大量の射精が収まると口からペニスを抜き取り、ゴクリと飲み込んだ。
一方、澄江は精液まみれのペニスをペロペロと舐めまわした。
「おいしいわ・・・」
くすぐったがるマサユキを見ながら澄江は、一滴残らずザーメンを舐めつくした。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事
次のページ