FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

先生に見られながらの ~エリカの場合~ (4)


そうよね。やっぱりクリトリスが一番気持ちいいかもね。

先生も、エリカちゃんぐらいの年頃の時は、毎日クリトリス触ってオナニーしてたわ。
最初は、枕を足の間に挟んで・・・そして、段々気持ちよくなってきたら、枕に跨ってグリグリと腰を動かすの。クリちゃんを枕に擦り付けたり、ギューッと押し付けたりして。
まだHしたことなかったけど、色々と妄想しながら・・・

そう言えば、1度だけお母さんに見つかったことがあったな・・・
ベッドの上で、全裸でなって枕に跨って腰を振ってたの。生理前で感じやすくなってたのかな。いつもより気持ちよくて・・・もしかしたら声を上げてたかもしれない・・・そしたら、急にお母さんが部屋に入ってきたの。
私もお母さんもビックリして、ふたり見つめ合ったまま固まっちゃった。
しばらくして、お母さんが我に返って、「あんまりしちゃだめよ」って言うと部屋を出て行ったわ。その後、顔を合わせても何も言わなかったな。

だから、それから毎日オナニー三昧よ。
段々、枕じゃ物足りなくなって、机の角や自転車のサドルとか、硬いものに擦り付けるようになって・・・でもやっぱり、自分の指で触るのがいいわよね。
気持ちいい場所や触り方は、自分が一番知ってるからね。

エリカちゃんは、そうやってクリトリスをこねくり回すのが好きなのね。
クリちゃん、さっきより大きくなってるわよ。

あぁ・・・いい感じね。
中指を小刻みに動かして・・・
激しくなってきたわ。クチュクチュっていやらしい音が聞こえる。
気持ちいいのね・・・あぁぁ・・・クリトリスってなんでこんなに気持ちいのかしら。
いやらしいお汁もいっぱい出てきてるわよ。

エリカちゃん・・・すっごく可愛い声が出てるわよ。
いいのよ、もっと声を出して。気持ちいいんだもの。
もっと聞かせて。先生にもっと聞かせて。

あぁぁぁ・・・いやらしい音がアソコからもいっぱい聞こえてるわ・・・クチュ、クチュって。
すごいわ!・・・いやらしいお汁がいっぱい!
気持ちいいの?・・・イキそうなの?
いいいわよ。先生が見ていてあげる。エリカちゃんがイクところをじっと見ていてあげるよ。

いいよ。大丈夫よ。気持ちよくなったら、思い切りイッていいのよ。
気持ちいいの?・・・気持ちいいの?・・・エリカのオマンコ気持ちいいの?・・・
もっといじって・・・クリちゃんをいじるの・・・あぁぁぁ、気持ちいい!・・
すごいわ!・・・グチョグチョ!・・・エリカのアソコはグチョグチョよ!

あぁぁぁ・・・イきそうなの?・・・イッちゃうの?
先生に見せて・・・エリカのイクところ、見せてね・・・綺麗よ・・・
イク?・・・イッちゃうの?・・・イクッ!・・・イクッッッッッッツ!


イッちゃたね・・・気持ちよかった?
エリカちゃんがオナニーしているところ・・・すごく綺麗だったよ。

もし、また誰かに見られながらオナニーしたくなったら、先生に言ってね。
先生はいつでも見てあげる。もちろん二人の秘密にするよ。約束ね。



第1話から読む
~エリカの場合~第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事

ママチャリ ~柏木詩織~

長い間乗っていた自転車が壊れたので、新しいのを買おうと、詩織は近所の自転車へ行った。

「いらっしゃい。」店のおばさんがでてきた、
「あの・・・ママチャリを欲しいんですが・・・どんなのがいいですかね?」
「そうね・・・ママチャリだと、どれも変わらないよ。・・・色とかで選んでも大丈夫よ。」
「そうですか・・・じゃあ、これにしようかな・・・変速付きで、カゴも大きいし、値段も手ごろだし・・・」
「はい。これね。・・・じゃあ、試しにまたがってみてください。サドルの高さ調整しますよ。・・・どうです?」
「ちょうどいい高さです。・・・これにします。」
「そうですか・・・・ところで・・・限られた人だけに紹介してるんだけどさぁ・・・」
店のおばさんは声を潜めた。
「とってもいいサドルがあるんだけど、ちょっと試してみない?・・・一回だけでいからさ・・・」
「ええ・・・どんなのですか?」
詩織の質問には答えないままおばさんは店の奥に引っ込み、サドルを手に戻ってきた。
見たところ普通のサドルだ。
「乗ってみたらわかるからさ・・・」
そういうとおばさんは、サドルを交換した。

「ちょっと乗ってみな」
詩織は少し警戒しながらサドルにまたがった。
その瞬間、股間に当たる感触が全然違うことに気付いた。
サドルの表面のクッション材の下に硬く隆起したところがあり、詩織の恥部を的確にとらえていた。

「ねえ・・・いいでしょう・・・このサドル・・・」
「え、ええ・・・」詩織は答えに窮した。
「何がいいかなんて、野暮なことは聞かないよ。・・・私だって女だからさ・・・一度、その辺をグルッと一回りしてきてごらん。・・・気を付けてね。」

詩織は、サドル内部の隆起物が割れ目に当たるのを感じながら、おばさんに言われるまま、走り出した。

予想したように、走り出すと、地面から来る振動が微妙に割れ目を刺激する。
隆起物の前部には小さな突起があり、クリトリスに刺激を与えてくれる。
激しい刺激ではないが、的確に気持ちいい所を攻めてくる。


詩織が店に戻るとおばさんは、にやけた顔で待っていた。
「どう?・・・気にいってもらえたかな・・・」
「えっ・・・ええ・・・」
「心配しなくてもいいよ・・私だって人を見て勧めてるんだよ。・・・じゃあ、このサドルでお買い上げと言うことで・・・何、値段は一緒だよ。・・・私はね、・・・みんながもっと自転車に乗ってくれたらいいなあと思ってやってるんだよ・・・じゃあ、くれぐれも安全運転でね・・・」

詩織は店を出ると、自宅に向かってペダルをこぎ始めた。

地面からの振動が恥部を刺激する。
あぁ・・・この感触。・・・じらすような軽い刺激が・・・クリトリスに伝わって・・・気持ちいい・・・

と思った瞬間、歩道の段差を越す時のドンっという衝撃でサドル内部の突起物が詩織の割れ目を直撃した。
「あうぅぅぅん・・・」
思わず声が出てしまう。
詩織は回りを見わたし、誰もいないことを確認し、ホッとする。

詩織は、このサドルの感触を愉しみながら、自転車通学だった学生時代を思い出していた。あの頃も、サドルに股間をこすり付け、オナニーをしていた。

交差点で信号待ちの時に、我慢できずに、恥部をサドルにこすり付ける。
「ふぅぅぅん。」
こらえきれず、声が出る。
となりの女子校生が不審そうな顔で詩織を見た。

青信号になると同時に詩織は思いっきりペダルをこぐ。
すると恥部への振動も激しくなる。

あぁ・・・たまらない・・・気持ちいい・・・もっと自転車に乗っていたい・・・

詩織は、自宅の前を通り過ぎると、河川敷のでこぼこ道に向かって、思い切りペダルを踏み込んだ。

第1話から読む

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事