FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

葵と亜香音(4)


「もっと気持ちよくしてあげる・・・」
亜香音は身体を起こすと、葵の両足に手を掛けた。
「いやっ!」とっさに葵は声を上げる。
しかし、容赦なく両足が大きく広げられる。
スカートはまくれ上がり、ピンク色のパンティが露わになる。
「ふふふ・・・」
亜香音は妖しく微笑んだ。そしてパンティに施されたレース模様に指を這わす。
「可愛いパンティね・・・よく似合ってるよ」
「あ、ありがとう」
「あれ?ここ、シミになってるよ」
亜香音の指先が、クロッチの割れ目を上下に撫でる。
「う、うぅぅ・・・」
「キスされて、おっぱい触られて・・・感じちゃったのね」
亜香音は優しく微笑みながら、クロッチの割れ目を何度もこすりあげる。
「うんんん・・・」
葵は、再び愛液がにじみ出てくるのを堪えられなかった。
「また湿ってきたわ・・・せっかくの可愛いパンティが、汚れちゃう」
「は、恥ずかしい・・・」
「もう大丈夫よ・・・こうしてあげる」
そう言うと、亜香音はパンティを一気に脱がした。
「だめっ!」葵が抵抗する。
そんな葵の声などお構いなしに、両脚を高く持ち上げた。
そして、マングリ返しにされた葵の秘部に、亜香音は顔を近づけた。
「きれいだわ・・・」
「恥ずかしいよ」
「ほら、こんなに濡れてるわ・・・」
亜香音はオマンコの襞を大きく開いた。
「きれいなピンク色・・・葵のいやらしいお汁がいっぱい溢れてる」
亜香音は葵のオマンコに口をつけた。

ペロリ。
舌で舐め上げる。
「あんっ!」
ペロペロ。
「ああぁぁぁん!」
亜香音は、ベロベロと舐め、そしてチュウチュウと吸い付いた。
「美味しいわ・・・葵のここ、とっても美味しいわ」
葵のピンクの襞を、柔らかい舌がくまなく愛撫する。ネットリトした動きで、襞を舐めたかと思えば、時には舌をとがらせ膣口に差し込み、小刻みに震わせた。
その度に葵の口から喘ぎ声が漏れる。
「はぁぁぁん!・・・あぁん!!・・・あぁん!!」
淫唇を舐めまわされて、快楽に酔いしれる表情を見ながら、亜香音は言った。
「じゃあ、ここはもっと気持ちいでしょう」
亜香音の舌は、クリトリスを舐め上げた。
「あぁぁぁんっ!・・・そこ!・・・気持ちいい!」
葵はひと際大きな声を上げた。クリトリスは葵の一番の性感帯なのだ。
マングリ返しのポーズで身動きがとれないまま、亜香音にクリトリスを愛撫される。
亜香音の愛撫は容赦なく繰り返され、葵は何度も歓喜の声をあげる。
「あんっ!・・・気持ちいい!・・・気持ちいいの!」
「マン汁がこんなにでてるわ・・・」
チュウ・・・亜香音の舌が、ねっとりとした愛液を舐めとる。
「はぁぁぁん!」
「舐めても、舐めても・・・いっぱい出てくるわ!」
「あっ!・・・あっ!・・・あっ!」
「気持ちいいの?・・・もっとして欲しい?」
「あぁぁん・・・もっと!・・・もっと!」
「もっと舐めて欲しいの?・・・オマンコもっと舐めて欲しいのね?」
「うん・・・舐めて!・・・葵のオマンコ、もっと舐めて!」
亜香音の舌が、激しく這い回る。
「あぁぁぁぁ・・・イク!・・・イク!」
亜香音の舌が、さらに激しくクリトリスを刺激する。
「あぁぁ!・・・ダメ!・・・イク!・・・イッちゃう!・・・イクッ!!!!」
葵は大きな声を上げると、腰を大きく突き出しながら足はビクビクと痙攣させ、絶頂を迎えた。

亜香音は、葵の股間から顔を上げ、ぐったりとした表情の葵の顔を見つめ、優しく微笑んだ。
「気持ちよかった?」
「うん」
照れくさそうに葵は笑った。
マングリ返しの姿勢を解いてやりながら、葵の股間に垂れたネットリとした愛液を拭てやった。
「ほら、ビチョビチョよ」
「もう・・・」
はにかんだ笑顔を見せる葵に、亜香音はキスをした。
「私たち、これからも仲良くしましょうね」

第1話から読む

FC2 Blog Ranking





関連記事

10年ぶりに会った先生との体験談(2)

僕は脱衣場に行き、ずぶ濡れの服を脱いだ。そして、言われた通り洗濯籠に入れようとふと見ると、籠の中には白いブラウスが入ってた。
(先生のブラウスだ!)
さっき見えた先生のおっぱいが僕の脳裏をよぎる。
(きっとブラジャーも脱いでるはずだ・・・)
雨のせいで濡れているブラウスをそっとめくると、やはりその下にはピンクのブラジャーがあった。
(でかいな・・・何カップだろう)
先生の大きな乳房を想像させる様な、こんもりとした大きなカップ。そしてカップに綺麗ないなレース模様が施されている。
(もしかして・・・)
想像した通り、ブラジャーの下には小さく畳んだピンク色のパンティが見つかった。
(おお・・・!)
パンティをそっと取り出し広げてみる。腰の部分にはブラと同じレース模様。
(青山先生、こんなパンティつけてるんだ!)
雨のせいなのか、先生の汗なのか、少し湿っているクロッチ部分に顔を当て、大きく息を吸うと、何とも言えないいい香りで鼻腔が満たされる。
僕のペニスはすっかり勃起していた。

(そろそろシャワー浴びないと怪しまれるかも?)
僕はパンティを畳むと籠の中に戻し、その上にブラジャーとブラウスを元通りに置いた。
そして浴室に入り、シャワーを浴び始めた。
しかしさっき見た先生の下着が頭にちらつき、勃起が収まらない。僕は置いてあったボディーシャンプーを手にとり泡立てると、硬くなったペニスをしごき始めた。

10年前は、妄想の世界の中で先生のおっぱいを想像してオナニーをしていたが、今は、現実に先生のブラジャー、パンティを目にして、ペニスはカチカチに勃起していた。
さっき見えた先生に谷間を思い出し、パイズリされているところを妄想する。
(柴田君のおちんちん、おっぱいで挟んであげる)
(ああ・・・先生のおっぱい柔らかいよ・・・すっごく気持ちいい・・・)
(柴田君のおちんちん、硬くて、とっても熱い!・・・ほら、もっと気持ちよくなって!)
射精感がこみ上げてくる
(先生、もうイキそうだよ・・・ガマンできないよ・・・イクよ!・・・イクッ!)

その時、浴室のドアが突然開いた。
「ねえ、柴田くんの服だけど・・・」
先生が顔を覗かせた。

勃起したペニスを握りしごいている僕の姿を見て、先生は驚き、動作が止まった。
「あら!・・・ごめんなさい!・・・ノックしたんだけど・・・」
先生はそう言って扉を閉めようとしたが、遅かった。

ドピュー!ドピュー!
僕のペニスから大量の精子がほとばしった。

気まずい沈黙がバスルームに広がる。

「まずいところ見ちゃったね・・・」
まだ硬くなったままのペニスを先生は見つめながら言った。

僕はどうしていいのかわからなくなった。
しかし、あいかわらず勃起は収まらない。

「柴田君もすっかり大人になったのね・・・」
先生は浴室の中に入ってくると、まじまじとペニスを眺めた。
「きれいにしなくちゃね」
シャワーヘッドを手に取るとお湯を出し、泡まみれの勃起ペニスにシャワーを掛ける。
「熱くない?」
「・・・はい・・・」
僕は立ち尽くしたまま返事をした。
先生にシャワーを掛けられ、泡はすっかり流されたが、相変わらずペニスが萎むことはなかった。
「柴田君のここって・・・元気なのね」
青山先生は小さく笑いながら言った。
「だって、先生が選択籠の中に・・・」
「あら!先生の下着を見たのかしら?」
「・・・ええ・・・」
僕は口ごもった。たしかブラウスをめくらなければブラやパンティは見えなかったのだ。
「かごの中のブラウスをめくって、ブラジャーやパンティを見たのね」
「・・・う、うん・・・」
「それで、オナニーしてたの?・・・」
「・・・は、はい・・・」
「いけない子ね・・・・でも先生うれしいわ・・・もうすっかりおばさんになっちゃったから・・・」
「おばさんだなんて・・・先生はすごく魅力的です」
「まあ、うれしい・・・ところで柴田君のおちんちん、さっきから大きくなったままね・・・」
「すみません・・・でも、それは・・・」
「いいのよ。柴田君も大人になったってこと・・・さあ、こっちにいらっしゃい」
先生は僕の手を握ると、寝室へと向かった。

(第1話はこちら)


人気ブログランキングへ



関連記事

オナニー三昧 ~姉の気配を感じながら~ (2)

更にページをめくる。
四つん這いになった彼女は身体の向きを変えて、大きなお尻を僕に見せつける。
(どう?私のお尻?)
(なんて魅力的な大きなお尻なんだろう。・・・あぁぁ、たまらない!)
僕はシコシコとチンポをしごき続ける。

(あなた・・・私のアソコばっかり見てるでしょう?もっとよく見せてあげるよ)

僕はページをめくる。
彼女は砂浜にペタンと座り込み、脚を大きくM字に開いていた。水着のクロッチには、縦に筋が入っている。
(ほら、よく見えるでしょう?)
(うん。割れ目の筋がよく見えると)
(私の割れ目見ながらいっぱいシコシコしてね)
僕は射精感を感じて、椅子から立ち上げる。
そして、彼女の股間の割れ目を凝視しながら、高速で扱きつづける。


その時、ミシッと廊下で音がした。
(あれ?誰かいるのかな?・・・もしかしてお姉ちゃん?)
横目で入り口をみると、きっちり閉めたはずの襖がほんの少しだけ開いている。

(どうしたの?私のこと見ながらシコシコしないの?)
ページの中の彼女が僕に話しかける。
(廊下にお姉ちゃんがいるみたいなんだ・・・)
僕は現実と妄想の狭間をいったりきたりしながら、チンポをしごきつづける。

(じゃあ、もうオナニー止めるの?・・・その大きくなったおちんちんから精子がでるところ見せてくれないの?・・・)
(そんなことないけど・・・)
(それに、もうすぐイキそうなんでしょう?・・・ザーメンいっぱい出しちゃえば)
(でも・・・)
(そういいながら、ずっとシコシコしてるじゃない。もう我慢できないんでしょ?)
(でも・・・お姉ちゃんに見られてるなんて・・・)
(私には、おちんちんいっぱい見せてくれてるでしょ?・・・お姉ちゃんにも見せてあげればいいじゃない?)
(そうかな・・・)
(そうよ・・・お姉ちゃんも精子がでるとこ見たいのよ・・・ホラ、もうすぐイキそうでしょ?・・・いっぱいシコシコして!)

僕は、彼女に言われるまま、チンポをしごき続けた。
(あぁぁ・・・イキそう!イキそうだよ!)
(思い切りイッて!・・・いっぱいザーメン飛ばしてね!)
ドピュー!ドピュー!
僕は机の上に精子をぶちまけた。

ミシッ。また廊下で音がした。
(やっぱりお姉ちゃんがいる・・・)

(いっぱい出たね?気持ちよかった?)
彼女が話しかける。
僕はティッシュペーパーでザーメンを拭き取りながら、妄想の世界の中で話を続ける。
(うん。気持ちよかったよ)
(お姉ちゃんに見られてたからいつもより、気持ちよかったんじゃない?)
(そうかな?)
(きっと、そうよ!・・・そのおちんちん、もう一回お姉ちゃんに見せてあげたら?)

彼女に唆されて、僕は襖の方に向き直った。
(ほら、あの隙間からお姉ちゃんが見てるわよ)
(お姉ちゃんが僕のチンポを見てる・・・)
(そう。あそこで息を潜めて、あなたのおちんちんをじっと見てるわよ)
そう思うと、なぜか僕のチンポは再び硬くなり始めた。

その時、誰かが階段を上ってきた。
「真由美・・・こんなところで突っ立って、何してるの?」母の声だ。
「いや別に・・・」襖の向こうから、姉の声がした。

(やっぱりお姉ちゃんに見られてたね・・・フフフ・・・)



第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

ブルーパンティ(3)

ピンポーン
「はーい」
「あの・・・アキラです・・・さっきの事なんですけど・・・ちゃんと謝ろうと思って・・・」
「・・・ちょっと待ってね」

しばらくしてドアが開き、柴田さんが顔を出した。
さっきほど怒ってはいないようで、アキラは内心ホッとした。
「ここじゃ、なんだからとりあえず上って」
「お邪魔します」

リビングルームに案内され、ソファに座るように勧められたが、座るわけにはいかない。謝罪しにきたのだから。
アキラは深々と頭を下げた。
「さっきは、すみませんでした・・・もう二度としません。」
「まあまあ・・・さっきはおばさんも怒りすぎたわね。・・・座って話をしましょう」
「いや、許してもらうまで座るわけにはいきません。・・・それに・・・お母さんにだけには言わないでください。お願いします」
アキラはさらに身体を深く折り曲げた。
「仕方ないなぁ・・・じゃあ、さっき何をしてたのか正直に話してくれたら、お母さんには内緒にしてあげるわ」
「えっ!」アキラは顔を上げ柴田さんの顔を見た。
柴田さんの顔はいつもの優しい顔に戻っていた。
「じゃあ、正直に話すのでお母さんには絶対内緒にしてくださいね。・・・」
「いいわよ、全部正直に話したらね・・・だから座って話を聞かせて」
促され、遠慮がちにソファの端にアキラは座った。そしてその横に柴田さんが座った。

「じゃあ、さっきアキラ君がしてたこと、おばさんに話してちょうだい」
そう言いながら、青いパンティをポケットから取り出した。
「アキラ君。このパンティ、拾ってくれた後に何してたのかな?」
「はい・・・拾ってみたらパンティだったので、つい・・・」
「つい・・・どうしたの?
「・・・匂いを嗅ぎました」
「どんな風に?・・・やってみて」
柴田さんは青いパンティをアキラの鼻先に突き出した。
「えーっと・・・」躊躇するアキラ。
「さあ、やって見せてね。正直にしないとお母さんに報告しちゃうよ」
アキラは渋々受け取ると、パンティを広げながらクロッチ部分露わにすると顔に押し当てた。
「まあ・・・いやらしい!」柴田さんは少し笑いながら顔をしかめた。
「もう、正直に言ったんだから、許してくださいよ」
「あら、そう?・・・・アキラ君がしてたこと、ぜーんぶ話してくれたかしら?」
柴田さんは、身体が触れるほど近づいてきた。

(第1話から読む)

アダルトブログランキングへ



関連記事

ブルーパンティ(2)

アキラは無意識のうちにパンティを裏返し、クロッチ部分を見た。そしてそっと顔に当て、匂いを嗅いだ。
洗濯後なので、汚れも匂いもついているわけではないが、高校生のアキラにとってはそれでも十分だった。
ムクムクと膨らんでくるペニスをジャージの上から擦りながら、クンクンと青いパンティの股間部分を嗅ぎ続ける。
アキラの熱い吐息でクロッチ部分が湿ってくると、柴田さんの香りが立ち上ってくるような気がして、ますます興奮する。
鼻と口にパンティを押し当てながら、さらに硬くなった股間を激しく擦る。
たまらずジャージの中に手をいれ、完全勃起したペニスを握る。亀頭の先からはすでにカウパー氏腺液が溢れているのが分かる。
アキラは最高潮に興奮し、射精感が押し寄せてきた。イキそうだ。

「アキラくん、何してるの!」
アキラが振り返ると、そこには、怒った顔をした柴田さんが立っていた。
「あっ!・・・」アキラは慌ててジャージの中から手を出したが、完全にばれているのは明白だ。
パンティを顔に擦りつけながら、ジャージの中に手を入れ股間をしごいてるのだから。
柴田さんは近づいて来ると激しい口調で言った。
「何してるのよ!こっちを向きなさいよ!」
アキラは渋々、柴田さんの方に向き直る。
「まぁ・・・」柴田さんは思わず声を上げた。そして、ペニスの形がはっきりとわかるほど大きく膨らんだアキラの股間に、柴田さんの視線はくぎ付けになった。
アキラも股間を凝視されていることに気付き、右手で股間を隠しながら、パンティを持った左手を前に突き出した。
柴田さんはふと我に返った。
「返して・・・」
柴田さんはアキラの左手から青いパンティを奪い取り、ポケットにしまい込んだ。
「アキラ君のお母さんにも報告するからね!」
「えっ!・・・それだけはやめてよ・・・」アキラは焦った。
しかしアキラの声を無視するように、柴田さんは帰って行った。


「ああ・・・どうしよう・・・お母さんに怒られちゃうよ・・・柴田さん、ずいぶん怒ってたな・・・」
その一方で、青いパンティのことも頭を離れない。
「柴田さんって、あんなパンティ履いてるんだ・・・」
再びペニスが硬くなってくる。
「いや・・・こんなことをしてる場合じゃない。お母さんに報告される前になんとかしなくちゃ・・・やっぱり、謝りに行った方がいいよな」
アキラは意を決して、隣の柴田さんの家に行った。

(第1話から読む)

人気ブログランキングへ



関連記事