FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(8)


一方、ショウゴは大きなおっぱいに顔を埋めながら、コリコリと硬くなった乳首を愛撫し続けた。
「あん・・・あん・・・いい・・・気持ちいいわ」
可愛い声をあげながら陽子の息は荒くなり、ムズムズと太ももを擦りあわすような仕草を見せ始めた。
ショウゴは両手で乳房をつかんだ。
柔らかく、スライムのような乳房だ。
ゆっくりと揉みながら、指を食い込ませる。
「あん・・・もっと・・・もっとお願い」
陽子の甘い声に、ショウゴはさらに乳房を揉み、そして乳首を指先で摘まんだ。
「あーん・・・そこが気持ちイイの・・・」
乳房だけへの愛撫では我慢できずに陽子が言った。

「じゃあ、もっと気持ちよくなりましょう・・・さあ、起きて」
陽子の太ももを枕にして横たわっていたショウゴは身体を起こした。
「脱いじゃおうかな」
陽子は独り言のように言い、すみれ色のパンティを自ら脱いだ。
「舐めあいっこしましょう」
ショウゴをソファの上に寝かせると、69の体制になった。
ショウゴの顔の上の、淫唇からは愛液が溢れ出しキラキラと輝くほどであった。舌を伸ばし陰唇に沿って舐める。
「うふーん」
相変わらず可愛い声が漏れる。
続いて、陰唇の端にある小さ目のクリトリスを舌先で愛撫する。
「あん・・・あん・・・いいわ・・・」

陽子もショウゴのいきり立つペニスに顔を近づけた。
「ああ、硬いおちんちん大好き」
小振りのペニスをパクリと咥えこむと、舌先をぐるぐると回転させた。
「それ・・・気持ちいいです・・・」

陽子の舌技に耐えながらショウゴは、人差し指を舐めると陰唇の中に挿入した。
「はぁーん!」
陽子は大きな声をあげた。
ショウゴは、ゆっくりと指の挿抜を繰り返す。その度にクチュリ、クチュリといやらしい音が響く。
「はぁん・・・はぁん・・・はぁん・・・」
さらなる快感を貪るように、陽子の腰は、ショウゴの指の動きに合わせて前後に動きだす。
それを見て、ショウゴは指を2本にして、スピードを早めた。
「あん・・・あん・・・あん・・・気持ちいい・・・すごく気持ちいい」
次第に愛液は、白濁してゆき、粘度も増してくる。
「あっ!ダメ・・・イッちゃう・・・イッちゃうよ・・・イク!・・・イク!」
陽子は腰をガクガク痙攣させ、絶頂に達した。

しばらくして呼吸が収まると、陽子は照れ臭そうなそうな顔をして起き上がると、体制を入れ替え始めた。ショウゴの脚を開き、その間に身体を入れ、目の前のペニスにしゃぶりついた。そして口の中の唾液まみれにした。
「おっぱいで挟んであげるね」
陽子は、巨大なおっぱいでショウゴのペニスを挟み込むと、ゆっくりとしごいた。
「ああ・・・柔らかい」
陽子の乳房は巨大なマシュマロのように柔らかく、そしてペニスに吸い付くような感触があった。
しかも、半開きなった口からはダラダラと唾液が流れ出し、おっぱいの谷間に流れ込む。
唾液の潤滑油ですべりのよくなった乳房でリズミカルにしごき上げながら、ペニスの感触を楽しむようだ。
「おちんちん、すごく硬いよ・・・硬いおちんちんが、おっぱいに挟まってる・・・気持ちいい?・・・おっぱい気持ちいい?・・・」
可愛い陽子の声を聞きながら、ショウゴは絶頂が近いことを知った。
「イキそうです」
「いいよ・・・いっぱいイッてね」
おっぱいのスピードが速くなる。
「イクよ・・・イク!」
亀頭の先から、精液が激しく吹き出した。
陽子は、おっぱいの中で脈打ちながら、何度も噴き出す白いザーメンを眺め、軽いエクスタシーを感じていた。
「すごい、いっぱいでたね。もう、おっぱいがドロドロになっちゃった」
射精が終わると、陽子はおっぱいについた精液を舐め取った。
「あぁ・・・美味しい」
「僕もすごくよかったです」
ショウゴは、陽子を抱きしめるとキスをした。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(2)


 パーティー当日。みどりは自宅でシャワーを浴びながら、和美との話を思い出していた。未亡人だけが参加する秘密のパーティーというのだから、エッチなパーティーに違いない。
 期待と不安のふたつの感情に揺れながら、乳房に手をやった。手のひらには収まらないほど大きな巨乳を揉んでみる。年齢のせいで少し垂れてはきたもののまだまだ魅力的だと思う。
 そして乳房の頂上にある乳首。指先で刺激すると、すぐに硬くなってくる。今日のパーティのことを想像しながら、乳首をコリコリと転がしてみる。
 「あぁぁ、気持ちいい・・・」

 一人ごちた後、今度は片足を浴室椅子に乗せながら、シャワーヘッドを股間にあてがった。
「ここも綺麗にしとかなきゃ」
 陰毛の茂みの下にある陰唇を自ら指で開く。
「あら、いやだわ・・・」
 女性器に淫汁があふれていることにみどりは気づいた。
襞にそって指先を動かしていると、淫汁がますます溢れ出してくるのがわかる。そして敏感になったクリトリスをシャワーのしぶきが刺激する。
「あぁぁ・・・いいわ・・・」
 みどりは指先で一定のリズムでクリトリスを撫で続けた。
「あっ!・・・イクッ!」
 軽い絶頂を迎え満足すると、みどりはシャワーを終えた。
「そろそろ行かなきゃ」


 顔がばれないようにサングラスをして、みどりは指定されたホテルのロビーに午後2時に到着した。
すると、すぐさま和美が近寄ってきた。
「サングラスなんかして、誰かと思ったわよ・・・さあ、行きましょう」

 和美の案内で向かったホテルの一室の入り口には「近藤絵画倶楽部 第17回会合」の看板があった。受付をしている女性に、和美がみどりを紹介する。
「今日から参加する佐山みどりさんです。よろしくお願いします。」

 中は、立食パーティー会場の様に、小さな丸テーブルが置かれ、壁際にはソファーが並んでいる。既に20人ほどの女性たちが、テーブルを囲み雑談したり、ソファーに座りくつろいでいた。

 みどりと和美が部屋に入ると、何人かが振り向き会釈をした。和美と顔なじみらしい。その中の白髪交じりの大柄な女性は近づいてきて話しかけてきた。
「和美さん、こんにちは」
「こんにちは、妙子さん」
 みどりも挨拶をする。
「初めまして、佐山みどりです」
「私は近藤妙子。この会の主催者です。みどりさんのことは和美さんから聞いているわ。今日は楽しんでいってね」
「よろしくお願いします。でも、この会の事、よく知らないんですけど・・・」
「あら、和美さん。言ってないの?」
 妙子が少し驚いて言うと、和美はいたずらっ子のように笑った。
「みどりとは昔からずっと友達なんです。だから知ってるんです。みどりだったら絶対楽しめるって」
「和美さんがそう言うなら間違いないわね・・・そろそろ時間ね。全員揃ったかしら?」
 妙子が声を掛けると、受付の女性が大きく肯いた。


第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

先生に見られながらの ~エリカの場合~ (4)


そうよね。やっぱりクリトリスが一番気持ちいいかもね。

先生も、エリカちゃんぐらいの年頃の時は、毎日クリトリス触ってオナニーしてたわ。
最初は、枕を足の間に挟んで・・・そして、段々気持ちよくなってきたら、枕に跨ってグリグリと腰を動かすの。クリちゃんを枕に擦り付けたり、ギューッと押し付けたりして。
まだHしたことなかったけど、色々と妄想しながら・・・

そう言えば、1度だけお母さんに見つかったことがあったな・・・
ベッドの上で、全裸でなって枕に跨って腰を振ってたの。生理前で感じやすくなってたのかな。いつもより気持ちよくて・・・もしかしたら声を上げてたかもしれない・・・そしたら、急にお母さんが部屋に入ってきたの。
私もお母さんもビックリして、ふたり見つめ合ったまま固まっちゃった。
しばらくして、お母さんが我に返って、「あんまりしちゃだめよ」って言うと部屋を出て行ったわ。その後、顔を合わせても何も言わなかったな。

だから、それから毎日オナニー三昧よ。
段々、枕じゃ物足りなくなって、机の角や自転車のサドルとか、硬いものに擦り付けるようになって・・・でもやっぱり、自分の指で触るのがいいわよね。
気持ちいい場所や触り方は、自分が一番知ってるからね。

エリカちゃんは、そうやってクリトリスをこねくり回すのが好きなのね。
クリちゃん、さっきより大きくなってるわよ。

あぁ・・・いい感じね。
中指を小刻みに動かして・・・
激しくなってきたわ。クチュクチュっていやらしい音が聞こえる。
気持ちいいのね・・・あぁぁ・・・クリトリスってなんでこんなに気持ちいのかしら。
いやらしいお汁もいっぱい出てきてるわよ。

エリカちゃん・・・すっごく可愛い声が出てるわよ。
いいのよ、もっと声を出して。気持ちいいんだもの。
もっと聞かせて。先生にもっと聞かせて。

あぁぁぁ・・・いやらしい音がアソコからもいっぱい聞こえてるわ・・・クチュ、クチュって。
すごいわ!・・・いやらしいお汁がいっぱい!
気持ちいいの?・・・イキそうなの?
いいいわよ。先生が見ていてあげる。エリカちゃんがイクところをじっと見ていてあげるよ。

いいよ。大丈夫よ。気持ちよくなったら、思い切りイッていいのよ。
気持ちいいの?・・・気持ちいいの?・・・エリカのオマンコ気持ちいいの?・・・
もっといじって・・・クリちゃんをいじるの・・・あぁぁぁ、気持ちいい!・・
すごいわ!・・・グチョグチョ!・・・エリカのアソコはグチョグチョよ!

あぁぁぁ・・・イきそうなの?・・・イッちゃうの?
先生に見せて・・・エリカのイクところ、見せてね・・・綺麗よ・・・
イク?・・・イッちゃうの?・・・イクッ!・・・イクッッッッッッツ!


イッちゃたね・・・気持ちよかった?
エリカちゃんがオナニーしているところ・・・すごく綺麗だったよ。

もし、また誰かに見られながらオナニーしたくなったら、先生に言ってね。
先生はいつでも見てあげる。もちろん二人の秘密にするよ。約束ね。



第1話から読む
~エリカの場合~第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事

熟年夫婦の習慣(5)


長年の経験から、夫が射精する前のペニスの感覚を貴子は把握しているつもりだった。

しかし今回はあまりにも急激だった。
垂らした唾液がペニスの先に着いたかと思った途端、一瞬にして陰茎が太くなりザーメンが噴き出してきた。
ドピュー!!!ドピュー!!!

顔を近づけていたので避けることもできなかった。
唇、顎、そして頬から鼻へと、精液をたっぷりと浴びてしまった。

久しぶりの夫の精液。
独特に匂いが鼻を衝く。
舌を伸ばして、口の周りについた精液を舐める。
お世辞にも美味しいとは言えたものではないが、久しぶりに夫の精液を舐めることに興奮を覚えた。
今まで、何度もフェラチオをして、何度も精液を飲んできたが、なぜ、こんなに興奮するのだろう。

その時、貴子にひとつの考えが浮かんだ。
性欲はオナニーで解消できる。
クリトリスへの刺激で快感は得られるし、ディルドを挿入して膣の快感も得られる。
しかし、ペニスからほとばしる精液の味や臭いは、決して得られない。
ああ・・・私には、夫のザーメンが必要なのだ。

そこで、私は決心した。
「夫とのセックスは面倒だが、射精の手伝いはしてあげよう。夫の精液を舐めさせてもらおう」と。


貴子は、新たな習慣となったこの行為が始まった時のことを思い出しながら、ビンビンに勃起した夫のペニスを今晩も扱いている。

亀頭もパンパンに膨らみ、金玉袋もキュッと収縮している。
もうすぐ射精しそうだ。
貴子はあの日のように、口の中に貯めた唾液をタラリと亀頭に垂らした。
義男は、満足そうな顔でこちらを見つめている。
そして唾液まみれの陰茎を扱きあげながら、段々スピードを上げていく。

(さあ。思い切りイキなさい。)
陰茎が急に太く膨らむと、射精が始まった。
ドピュー!!ドピュー!!
何度も何度も脈打ちながら、精液が発射される。
定年を過ぎた夫が昔と変わらず、勢いよく精液を噴き出す様子を眺めながら、貴子は嬉しくなる。
精液が飛び散らないようにペニスの角度を調整しながら、貴子は優しく扱き続ける。
義男の胸や腹まで飛んでいたザーメンは、その勢いを失っていく。しかし、尿道口から放出される白濁液は止まらない。
ドクドクと溢れ出したザーメンで、ペニスを握った貴子の手はドロドロになる。

しばらくしてようやく射精が収まると、白濁液でドロドロになった手を貴子は口元へ運び、一本一本と指を舐めてゆく。
あぁ、夫のザーメン!
この匂い、味。
あぁ、堪らない。

貴子は思った。
久しぶりにセックスしてあげようかな。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(9)

「はぁぁん!・・・あんっ!・・・そこ!・・・うぅぅん!」
早紀の喘ぎ声を聞きながら、太一はピンク色の柔襞を何度も舐め上げた。
「あぁぁぁ・・・気持ちいいわ!」
襞から溢れ出る愛液に太一の唾液が混じりテカテカに輝く襞を左右に大きく広げると、クリトリスが姿を現した。包皮からピンクの真珠が少し顔を出している。
丁寧に包皮を剥くと、太一は舌先でクルクルと刺激する。
「あっ!あっ!あっ!・・・」
可愛い声が、小さく断続的に発せられた。
さらに、舌先を細かく震わせながら、クリトリスを愛撫する。
「あっ!あっ!・・・いい!いい!・・・」
割れ目からは、再び愛液があふれてくる。
「あっ!・・・ダメ!ダメ!・・・イッちゃう!イッちゃう!・・・ダメェェェ!」
股間に顔を突っ込んだ太一の顔を、早紀の太腿がギュウッと挟むが、太一は愛撫をやめない。
「太一くんダメ!・・・イッちゃう!・・・はぁぁぁん!・・・イクッ!イクッ!イクーーー!!」
早紀は太腿をきつく締めたまま、腰をガクガクと震わせながら絶頂を迎えた。
太一は、汗と愛液にまみれた股間に顔を埋めたまま、早紀の太ももが開くのをじっと待っていた。

「気持ちよかったわ」
けだるい早紀の声が聞こえ、太腿がゆっくりと開いた。
太一は、早紀の股間から顔を外すと、彼女の横に添い寝をした。
「まあ!・・・太一くん、すっごい汗」
早紀は、太一の頬を流れる汗を優しく拭った。
「この汗って・・・半分は早紀さんの太ももの汗だよ・・・ほら」
「ふふふ・・・そうよね・・・」
「それに・・・汗以外にもいっぱい出てたよ・・・いやらしいお汁が」
「もう・・・恥ずかしいわ」
照れくさそうにそう言うと、早紀は太一の唇を求めた。
チュ、チュル・・・チュチュル

早紀は太一と舌を絡めながら、太一の身体をまさぐった。
背中、わき腹、腰、そして勃起しているペニスに到達すると、逆手で握ってゆっくりと愛撫をする。
「硬くなってるね」
早紀は、ペニスを扱きながら身体を起こし、仰向けになった太一をねっとりと眺める。
「太一くん・・・いいでしょ?・・・ガマンできないの」」
早紀は屹立したペニスの上にまたがり、自分の膣の位置を確認すると、一気に腰を下ろした。
「はぁぁぁぁん!!」
熟女の大きな喘ぎ声が響いた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事
次のページ