FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(10)


「久し振りなんでしょう?お先にどうぞ」
和美が茶化したように言った。

みどりは目の前のペニスをまじまじと眺めた。
確かに、こんなに間近にペニスをみるのは夫を亡くしてから3年ぶりのことだ。
夫のペニスに比べると少し小ぶりだが、亀頭は一回り太く、カリ首が張り出している。
その亀頭の先の小さな割れ目からはすでに透明な液体が溢れ出し、裏筋を伝って陰茎に垂れている。

「ねえ、みどり。いつまで見てるの?久しぶりで忘れちゃった?こうやって舐めるのよ」
我慢できなくなった和美が、亀頭をペロリと舐めた。
「あぁぁ、美味しい」
妖しく光る舌全体で亀頭をペロペロと舐めると、今度は舌先で亀頭の括れをチロチロと刺激する。
亀頭の周りを舐め終わると、最後に亀頭にチュッとキスをした。

「思い出した?」
和美は笑いながら、みどりと交代した。

「うん、思い出した」
はにかみながら、みどりはそっと亀頭に舌を這わした。
久し振りとはいえ、もちろん本当に忘れていたわけではない。ただ、和美の前で恥ずかしがっていただけなのだ。
みどりも、ペニスをペロペロと舐めまわし、最後に亀頭を口に含んだ。
大きめの亀頭を舌で舐めまわす。
「ふぅぅ……」
コウジが吐息を漏らした。

「ねえ、いっしょに舐めよう」
ふたりは顔をくっつけるようにすると、、同時に陰茎の根元から舐め始めた。
ベローっと舐めながら上がっていき、亀頭の先端まで舐める。
そして、再び根元に戻り亀頭の先まで舐め上げる。
「気持ちいい?」
みどりが微笑みながら尋ねる。
「うん、すごく気持ちいい……」
コウジも嬉しそうに答える。

2人の同時フェラが何度か繰り返さされたのち、今度は、和美がパクリとペニスを咥えた。
唾液でいっぱいになった口の中に、ペニスが奥まで挿入され、そして、唇をすぼめながらゆっくりと引き出される。
クチュクチュといやらしい音を立てながら、何度も抽挿が繰り返される。

「じゃあ、私はタマも舐めちゃおうかな」
みどりは、金玉袋の中のコロコロとした玉を舌先でツンツンと刺激する。
そしてコウジの顔を見ながら、片方の玉を口に含んだ。
口の中で金玉を転がしながら、コウジの表情を伺う。
強すぎる睾丸への愛撫が禁物なのを、みどりは知っているのだ。
コウジが愉悦の表情を浮かべてるの見ると、みどりは金玉を軽く吸引し、チュパッと口から吐き出した。
「コウジくんは、キンタマ気持ちいいのね」

「そうなの?」
和美は咥えていたペニスを掃き出すと、今度はもう片方の金玉を口に含んだ。
そうなると、今度はみどりがペニスを咥え込んだ。
クチュクチュ……チュパチュパ……クチュクチュ……チュパチュパ……
2人は、ペニスと金玉を舐め続けた。

第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(3)


女教師は、僕の耳元で囁いた。
「こんなにたくさんの女の子におちんちんを見られるのは、どんな気分なの?・・・きっと興奮してるのよね・・・だってこんなにも勃起してるんだもの・・・・」
鼓膜に響くいやらしい声に、僕のペニスはピクピクと何度も跳ね上がった。

「あら!本当に元気のいいおちんちんね」
先生は、そう言いながら生徒たちの方に向いた。
「皆さん!おちんちんがこんなに大きくなっています。いやらしいことばっかり考えている証拠です。」
クスクスと、女の子たちの笑い声が聞こえた。
「男の子は、いやらしいことを想像するとおちんちんが大きくなってしまいます・・・そして、おちんちんを触りたくなります・・・おちんちんを扱いて気持ちよくなりたいのです・・・そうなると、もう我慢できなくなります・・・シコシコしたいのです」
先生は、大きく反り上がったペニスを軽く握るとシコシコと扱き始めた。
「どう?気持ちいいでしょ?」
僕の耳元で先生が囁いたので、僕は小さく肯いた。

「皆さん!男の子は、こうやっておちんちんを扱かれると気持ちいのです・・・こうやってひとり裸で立たされて、勃起したチンポをクラスの女の子全員に見られながらでも、気持ちいいのです」
ハハハハ・・・
女の子たちは僕のペニスを間近で見ながら、大きな声で笑った。
笑われて、とても恥ずかしいのに、僕のペニスはますます硬くなった。
「わかりますか?これが宿題を忘れた原因です。勉強が手に付かない証拠です」

「先生!」
一番前に座っている女生徒が手を上げた。
「大きくなったおちんちんは、どうしたら小さくなるんですか?」
「いい質問ですね・・・これは何か知ってますか?」
ペニスを扱くのを止めて、先生は反り返った陰茎の下にだらりと垂れ下がった金玉を指差す。
「えぇっと・・・タマタマです」
はにかみながら女の子は応えた。
「そうですね・・・タマタマ、キンタマ、睾丸。いろんな呼び方があります。ちなみに先生は、キンタマという言い方が好きです。」
「キンタマだって」「いやだぁ・・」「フフフ」女の子が様々な反応を見せる。

「このキンタマは、精液を作るの役目をしています。男の子のキンタマは、精液をいっぱい作ります・・・そして精液がいっぱい溜まると、いやらしいことばかり考えるようなると・・・勃起したおちんちんを扱いて、気持ちよくなることしか考えられなくなります」
「だから勉強が手に付かなくなるんですね」女の子が発言した。
「じゃあ、貯まった精液を出してあげるといいんですね」隣の女の子が続いて言った。
「そう。その通り!・・・だから、今日は先生が精液をぜーんぶ出してあげます・・・キンタマが空っぽになるまで・・・・教師の役目としてね。」
妖艶な表情を浮かべた女教師は、再び僕のペニスを優しく握った。

第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

罰ゲーム(8)

陽子、加奈、悦子の3人が見守る中、明美は健太のペニスを扱き続ける。
「すごい!おちんちんビンビンだよ!」
「明美、上手だね」
「キンタマも触ってあげたら?」

明美はペニスを扱くのをやめ、その手で金玉を包み込むようにした。
「どう?金玉の感触は?」
「うーん・・・」
「優しく触ってごらん・・・強く握ると痛いらしいからね」

袋の中の玉を、優しく揉みほぐすように指を動かすと、睾丸がゴロゴロと動くのがわかった。
明美は健太の顔を見上げた。
「健太・・・痛くない?」
「う、うん・・・気持ちいいよ」健太は明美を見ろして言った。
「確かに、この中にタマが二つあるよ」
「そこで精子が作られるんだよね・・・いっぱい溜まってそう」悦子が嬉しそうに言った。

「じゃあ、またシコシコして、もっと気持ちしてあげよう」陽子が言った。
「うん」明美は再びペニスを握ると、リズミカルに扱き始めた。
「ふぅぅぅ・・・」健太が吐息を漏らす。
「気持ちいいのね・・・」明美は嬉しそうに呟いた。
健太は目を閉じ、明美の愛撫に酔いしれているようだ。
明美はもう一方の手を使って、金玉を揉みほぐし始めた。
「両方だと、もっと気持ちいいかな」
「んんんんんん・・・」
「ここが、小さくなってきたよ」金玉袋が収縮してきたのを、明美が伝えた。

「それは、もうすぐ射精する合図だよ」陽子が教えた。
「えっ!・・・ヤダ!・・・どうしよう?」明美は少し狼狽した。
「大丈夫。もっとシコシコしてあげて」
「健太・・・イキそうになったら、教えてね」悦子が助言した。
「うん・・・実は・・・もうイキそうだ・・・」切羽詰まった声で健太が言った。
「そうなの?・・・・いいよ・・・イッていいよ」
「明美・・・よく見ときなよ・・・おちんちんの先から精子がでるところ」
「うん、わかった・・・健太、イッて!・・・お願い!」
明美はそう言うと、扱くスピードを上げた。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

罰ゲーム(6)

「明美、よく見てごらん。これが、勃起したおちんちんよ。」ピクピクと脈打つペニスを悦子は指さした。
「すごーい」明美は小さな声で呟くように言った。
「ほら、カチカチになってるよ」
真っ赤に膨れ上がった亀頭を、悦子は人差し指でツンツンと突いた。

すると、明美が大きな声を発した。
「やめて!・・・お互いの身体に触れないのが私たちのルールなの!」
ペニスを突いていた手が止まり、そして悦子は小さく笑った。
「ふふふ・・・明美は知らないの?・・・どうしてこんなにおちんちんが硬くなったか。」
「・・・」明美は口ごもった。
「加奈・・・教えてあげたら?」悦子は加奈に話を振った。
「しかたないわね・・・」そう言いながら、加奈は健太のペニスをそっと触った。
「どうしてこんなに硬くなったか・・・それは興奮したからよ・・・大好きな明美に見つめられて、健太はすっごく興奮しちゃたの。だからこんなに勃起してるの」

「じゃあ、どうしたら小さくなるか・・・陽子、教えてあげて」
待ちきれない様子で、陽子も健太のペニスに触れた。そしてその手はゆっくりと下がっていき、金玉に触れた。
「ここは何ていうところか知ってるわよね」陽子は嬉しそうに明美の顔を伺った。
「・・・そんなの言えない・・・」小声で答える。
「じゃあ、教えてあげる。・・・ここはキンタマ」
「キャハハハ・・・」悦子が大げさに笑った。
「ここには、精子がいっぱい溜まってるの・・・この精子を出すとおちんちんは小さくなるのよ・・・いわゆる射精ってやつね」
「さすが、陽子。詳しいわ」加奈が言った。
「じゃあ、どうしたら射精するでしょうか?」再び悦子が質問した。
「やっぱり・・・シコシコしてあげるのがいいんじゃない?・・・ねえ明美?」陽子は明美に問いかけた。
「シコシコ?」
「そう、シコシコ」屹立したペニスを握ると、陽子は上下に扱いて見せた。
「どう?気持ちいい?」陽子が尋ねると、健太は小さくうなずいた。
「じゃあ、明美にも扱いて欲しい?」
「う・・・うん」健太は小さく答えた。
「声が小さくて聞こえないよ!」悦子が言う。
「うん」さっきよりは大きな声で健太が答えた。
「二人のルールを破ることになるけど、それでも明美に触って欲しいんでしょ。はっきり言いなさいよ」加奈がけしかける。
「うん・・・触って欲しい」
「明美、聞こえた?・・・健太はあなたに触って欲しいんだって」

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

勉強の合間に

夏休みもあとわずか。
僕は残った宿題を必死にかたづけていた。しかし大量に残った宿題は、なかなか終わらない。
「あー。全然終わらないや」
「本当。もっと早くからやっとけばよかった」妹も同調する。
ちなみに僕と妹は同じ部屋。
隣りの机で、妹も宿題を必死にやっている。

「ちょっと、休憩しようっと」
引き出しからグラビア雑誌を取り出し、アイドルの水着写真を眺める。
あどけない顔をしてにっこりと笑いかける女の子。でも身体はすっかり大人。
水着から溢れそうなおっぱい。大きなお尻。そして、割れ目がくっきりとわかる股間。
僕は、硬くなり始めたチンポをズボンの上から擦り始めた。

ふと、隣で勉強している妹の姿を見る。
あどけない顔。Tシャツの胸元は顔に似合わず大きく膨らんでいる。そしてミニスカートから伸びたむっちりとした太ももがそそられる。
僕はグラビア雑誌の中の水着の女の子と、妹をオーバーラップさせながら、チンポをしごいていた。

「ねえ、お兄ちゃん。ここわかんないんだけど・・・」
妹がこちらを向いた。
「何やってるのお兄ちゃん!」
怒った顔で言う。
勉強をしている隣で、兄がオナニーをしているのだから当然の反応だ。

「ご、ごめん」
「もう、お兄ちゃん・・・」
妹はあきれた表情を見せた。
「しかたないだろう・・・我慢できないんだから」
「もう・・・」
「いつもごめんな」
「いいよ・・・私もお兄ちゃんのオナニー見るの好きだから」
兄の行動にあきれながらも、瞳をキラキラさせた妹はこちら向きに座りなおした。

僕は立ち上がると、ズボンとパンツを脱ぎ、半立ちのチンポを再びしごき始めた。
「気持ちよさそうね」妹は笑いながら、僕のオナニー姿を眺める。
「ほら、もうギンギンになってきた」
妹は椅子から下りると、僕の前に膝立ちになり、チンポに顔を近づけた。
「手伝ってあげようか?」
僕は小さく頷く。
妹の手が僕の内腿をやさしく撫でる。
「あぁぁ・・・気持ちいいよ」
僕は激しくペニスをしごく。

「ここはどう?」
妹の手が内腿から金玉へと移動する。
「キンタマも気持ちいい?」
玉袋を少し持ち上げ、袋の中の金玉を指先で摘まむ。
「ほら・・・キンタマがコロコロしてる!」
金玉を触られ、チンポは一段と硬くなった。
「お兄ちゃん!・・・すごい!ビンビンだよ!」
金玉への愛撫が激しくなる。
「フフフ・・・お兄ちゃんの感じてる顔、可愛いよ」

たまらずチンポをしごくスピードが速くなる。
「すごい!・・・お兄ちゃん、金玉パンパンだよ」
「あぁぁぁ・・・気持ちいいよ」
「私も興奮してきちゃった」
妹は舌を出して、いやらしくペニスを舐めるふりをする。
舐められていないのに、その姿だけで猛烈に射精感がこみ上げてくる。
「お兄ちゃん。イキそうなの?・・・」
もう我慢の限界だ。
「お兄ちゃん、気持ち良さそう・・・すごい、気持ち良さそう」
妹は我慢できずに、口を開き、舌を大きく出し、催促をする。
「イッちゃうの?・・・出していいのよ・・・ここに出して・・・お兄ちゃん!」

ドピュー!ドピュー!
勢いよく発射された白い精液が、妹の顔にかかる。
「いっぱい出たね、お兄ちゃん」
嬉しそうな妹を見て、僕も嬉しくなった。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事
次のページ