FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寮母さんとの淫らな体験談(4)


僕が、さらに唇をくっつけようとすると、突然、神田さんはクスクスと笑いながら身体を離しました。
「だめよ。風邪なんだから大人しく寝てなきゃ」
そう言いながらも、神田さんの手が、僕の太腿の上にそっと載せられました。そのすぐ横には、大きく膨らんだ僕の股間があります。
「でも、こんなになってたら眠れないよね」
寮母さんは妖しく微笑みながら、顔を近づけてきました。
「私とキスしたから、こんなになったのかしら?」
「……」
「ごめんね……私のせいなのね」
寮母さんの手が内ももの上をスーッと滑り、テントを張った股間ギリギリを優しく擦ります。
テントの中でビクンビクンと脈打つチンポを見ながら、ポツリと言いました。
「手伝ってあげようか」

寮母さんが僕をこの部屋に呼んだのは、これが目的だということは最初から気付いていました。でも、寮母が寮生のオナニーを手伝うという大義名分が必要だったのです。
僕は、申し訳なさそうに「お願いします」と頷きました。
「絶対、秘密よ」
僕が大きく頷くと、神田さんはドアに鍵をかけ、そして窓のカーテンをぴったりと閉めました。
仰向けになった僕の隣に、神田さんは正座しました。
「誤解しないでね。私のせいだから……」
独り言のように小さな声で言うと、パジャマのズボンとトランクスを下ろしました。

「まあ!」
僕の勃起したチンポを見て、神田さんは恥ずかしそうに声を上げました。
「谷村くんのおちんちんを見るのは、2回目ね」
そう、言いながら柔らかい手が勃起したチンポに触れました。
「この間、お風呂場で見た時はチラっとしか見なかったけどね」
まだ恥ずかしいのでしょうか。神田さんはゆっくりとチンポを触っていきます。

指先で陰茎をこすり上げ、その指先が亀頭をこねくり回します。そして、尿道口から溢れ出るカウパー氏腺液をすくい取ると、カリ首をゆっくりと一周させました。
「気持ちいい?」
今度は、指先で輪を作ると、亀頭の周りをゆっくりと上下に扱きます。
決して激しく扱くことはありません。ゆっくりと優しい手つきです。
「痛くない?」
時折、神田さんは指をペロリと舐めて潤滑剤代わりにしながら、ゆっくりと、しかし確実に性感帯を攻めていきます。
尿道口から裏筋を刺激したあとは、亀頭の括れを湿った指が這い回ります。
そして陰茎に沿わせながら下がっていくと、金玉袋の中の睾丸をゆっくりと転がします。
「あぁぁ」
思わず吐息が漏れてしまいます。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事

寮母さんとの淫らな体験談(3)


ウトウトとしていた僕はドアをノックする音で目が覚めました。
時計をみると午後1時過ぎです。
ガチャリと音がしてドアが開き、寮母の神田さんが顔をのぞかせました。
「お腹空いたでしょう?おかゆを作ったから後で寮母さんの部屋においで」
神田さんはそれだけ言うと、なぜかニヤニヤしながら部屋を出て行きました。
確かに朝から何も食べていません。
僕は、パジャマの上にジャージを羽織ると一階へと降りていきました。

寮母さんの部屋に入るのは初めてです。
僕は少しドキドキしながらドアをノックしました。
「はーい」
聞きなれた寮母さんの声がしてドアが開きました。
神田さんさっきまでのズボン姿ではなく、淡い藤色のワンピースを着ていました。それにピクの口紅も引いているようでした。
「なによ、ジロジロ見て……食事の時は作業服じゃない方がいいでしょ。さあ、入って」」

寮母さん部屋は、板の間、四畳半、六畳と3部屋の間取りになっています。
一番奥の六畳間に置かれたちゃぶ台の上には、作り立てのおかゆが用意されていました。
「いただきます」
「熱が下がって食欲もでてきたね」
「ええ。おかゆ、本当に美味しいです」
「そう?うれしいわ」
神田さんはすぐ隣に座り、僕が食べる様子をじっと見つめていました。

おかゆを食べ終えると、神田さんがお茶を入れてくれました。
「ねえ谷村くん、休みの日にはたいてい寮にいるけど、彼女はいないの?」
「ええ、残念ながら」
「ふーん。」神田さんが妖しい笑みを浮かべました。「だから、いつも一人でしてるのね」
「エッ!」
「隠さなくてもいいのよ。さっきもしてたでしょう……オ・ナ・ニー」
神田さんの口からいやらしい言葉が発せられました。
「部屋に入ってすぐ分かったわ。だって匂いがしたもの」
「……」
「あら、耳が赤くなっちゃったわよ」
ワンピース姿の寮母さんがにじり寄ってきました。
「熱があるんじゃない?測ってあげようか」
神田さんがおでこをくっつけました。
「熱はないみたいね」
その時、僕は条件反射のように唇を突き出してしまいました。
すると神田さんもほんの少し唇を突き出したので、二人の唇が触れ合いました。
寮母さんとのキス。
神田さんはそのままじっとしていました。

第1話から読む
アダルトブログランキングへ



関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(8)


太一は、贅肉がたっぷりと付いたお腹のしたに広がる陰毛に手を伸ばし、汗に濡れて肌に張り付いている密毛の生え際を、指先で撫でる。
ヘアーの処理はしておらず、剃り跡はないが、美しい逆三角形をしている。
「綺麗な形ですね」
「いやだぁ・・・処理してないから恥ずかしいわ」
褐色の割れ目の周りの覆う細く柔らかい陰毛は、女性器の美しい装飾のようにも見えた。

逆三角形の底辺から頂点へ、さらに大陰唇の縁へと指先が移動する。
年齢を重ねているにも関わらず、早紀の大陰唇はぴっちりと閉じており、襞ははみ出していない。
「本当にきれいだ」
太一は陰毛に覆われた大陰唇にキスをし、そして猫のように舌先でペロペロと舐める。
早紀の汗と愛液が混じり合い、濃密な味がする。
「早紀さんのいやらしい味がしますよ」
「あん!・・・もう、太一くんったら」

太一の舌が、割れ目をこじ開け、中の襞に到達する。早紀の割れ目の内部は愛液で溢れていた。割れ目に沿って舐め上げると、舌先に愛液がまとわりついてくる。
「すごく濡れてる・・・」
「言わないで、そんなこと・・・恥ずかしいから・・・」
「だって、ほら。こんなに」
太一が指で割れ目を大きく開いてやると、艶々としたピンクの襞が姿を現した。
「きれいですよ」
溢れ出る愛液まみれのオマンコを、太一の舌が丁寧に舐め始める。
クチュ、クチュ、チュ、チュ・・・
「あん!・・・はぁぁん!・・・」
見た目はぽっちゃりしたおばさんだが、喘ぎ声だけ聞くと20代かと思うほど可愛い声を上げる。

ムチムチした太ももに顔を挟まれながら、太一は彼女のオマンコを舐め続けた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(4)

早紀の唇を割り、太一の舌が侵入する。と同時に早紀の舌が絡んできた。
ヌメヌメとした舌が絡みついたかと思うと、舌をチューッと吸われた。
チュッ・・・チュウ・・・ジュルル・・・
熟達した舌使いに翻弄されながら、太一も一生懸命に舌を動かす。
「あぁぁぁ・・・こんなキスをしたの、久しぶりだわ」
早紀が嬉しそうに洩らした。

今度は早紀の舌が太一の口の中を入ってきた。
「んんんん・・・」
舌先で上あごを小刻みで刺激したり、歯茎の付近を這いずり回ったり貪るように舐め尽くす。早紀の熟達した舌技で、太一をネットリと攻め続ける。

太一は熟女のキスの洗礼を浴びながらも、豊満なおっぱいを弄り続けた。
手のひらに柔肉の弾力を感じながら、乳房を下から揉み上げる。そして、ポチッと勃起した乳首を指先で弾く。
「うーん・・・」
甘い声を早紀が漏らした。

「太一くんも汗びっしょりだよ・・・脱がせてあげる。バンザイしてね・・・」
まるで子どもの服を脱がす母親のように言うと、太一のTシャツを脱がせた。

「じゃあ、私もお願い・・・脱がせて・・・」
早紀も両手を上にあげた。
太一は、改めて豊満な体を眺める。
童顔の可愛い顔立ち。ぽっちゃりとした身体。大きくて丸い乳房。ブラジャーを外しているので、だらりと乳房の肉が横にはみ出している。そしてそのおっぱいの頂上には勃起した乳首がはっきりと飛び出している。

「見てばっかりいないで・・・ねえ、早く脱がせて・・・」
甘い声で催促され、太一はタンクトップを脱がせた。

まさにスイカのように大きなおっぱいだった。
少し垂れ気味なところが、なんともいやらしい。
大きめながら薄いピンク色の乳輪。ぽっちりと突き出した乳首。
熟女ならではの、体つきだ。
「そんなにジロジロ見られると恥ずかしいね」
早紀は少し照れた。

「きれいだよ」
太一はその豊満な体を優しく抱きしめると、そのまま覆いかぶさっていった。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
関連記事

葵と亜香音(2)

葵の両肩に亜香音の手が触れた。
「葵って可愛いわね」
優しい声で話しかけながら、そっと身体を引き寄せた。
亜香音の顔がだんだん近づいてくる。
「ダメよ・・・亜香音さん・・・」葵は言った。
「大丈夫・・・」亜香音が妖しく微笑んだ。
「でも・・・」葵は少し身をよじった。
その仕草を嬉しそうに見つめながら、葵の髪を撫で始めた。
「葵の髪、きれいね・・・私、好きだわ」
「あ、ありがとう・・・」褒められて、葵も少し嬉しくなった。
「私の髪も触ってみて」
葵はそっと、亜香音の髪に触れた。
「どう?」
「亜香音さんの髪も、素敵です」
「ありがとう」
「大好きな葵に褒めてもらえて、嬉しいわ」
亜香音は答えた。そして、人差し指で葵の唇に触れた。

「葵の唇って、柔らかいね・・・キスしていい?」
「・・・」葵は、亜香音の顔を直視した。
「私、葵のことが好きになっちゃたの・・・」
「でも、私たち女同士ですし・・・」葵が少し抵抗する。
「大丈夫・・・もっと仲良くしたいの・・・いいでしょ?」
亜香音は、葵の身体を抱きしめ、優しく髪を撫でた。
その手の感触に身体が火照っていくのを葵は感じた。

亜香音がもう一度尋ねた。
「キスしていい?」
「・・・」葵はコクリと頷いた。

亜香音の顔が近づき、二人の唇が重なった。
「亜香音さん・・・」
言いかけた葵の唇を、亜香音は再び唇でふさいだ。そして肩をギュッと抱きしめる。

葵は理性がだんだん薄れていくのを感じた。
葵の身体から力が抜けていくの亜香音は感じて、ゆっくりと唇を離した。
「女の人とキスしたのは初めて?」
「はい・・・」
「男の人より気持ちいいでしょ?」
チュッ!再びキスをする。
「女同士の方が・・・」
チュッ!
「いいでしょ?」
チュッ!
葵のくちびるが自然と開き、亜香音の舌が滑り込む。
応えるように葵は舌を絡めると、唾液まみれの舌同士がクネクネと口の中で蠢いた。
「ふぅぅぅん・・・」甘い吐息が二人の口から漏れる。

「ねえ。舌、出してみて」亜香音が要求する。
言われるまま舌を大きく突き出すと、亜香音が舌先を摘まんだ。
「いやらしい舌ね・・・気持ちよくしてあげるわよ」
葵の舌に亜香音が吸い付いた。
チュッ、チュウゥゥゥ・・・
「んんんん・・・」葵が甘い息を漏らす。

今度は亜香音が舌を突き出した。
葵はすかさず吸い付く。
チュウゥゥゥ・・・
亜香音の唾液が、トロトロと葵の口の中に流れ込んでいく。
溢れそうになり、その唾液を葵は飲み込んだ。
「ゴクリ」
「美味しい?」亜香音は嬉しそうに尋ねた。
「うん」葵は照れくさそうに肯いた。
「私にもちょうだい・・・葵のをちょうだい」
亜香音は口を大きく開け、葵は舌先を尖らせた。
その舌先から唾液がタラタラと流れ出し、亜香音の口に注がれる。
「ゴクリ」
亜香音は大きな音を立て、葵の唾液を飲み込んだ。
「あぁぁぁ・・・美味しいわ」

二人はソファに倒れ込むと、互いの舌を貪った。
チュウ、チュッ、チュッ、・・・
「んんんん・・・」
チュウゥゥゥ・・・
リビングルームに二人の吐息が響いた。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。