FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

罰ゲーム(7)

明美は健太の顔を覗き込んだ。
「本当に、いいの?」
健太も明美の顔をじっと見ながら答えた。
「うん・・・触って欲しい・・・明美が嫌じゃなければ・・・」
明美は少し戸惑った表情を浮かべた。
「健太がそう言うんだったら・・・私はいいよ」
健太の顔が少し明るくなった。
「じゃあ、少しだけ・・・触ってみて」

明美は、不安そうに周りの女の子たちを見渡した。
陽子が小声でアドバイスする。「そっと握ってみな」
その声に小さくうなずくとピンと上を向いた陰茎を、明美はそっと握った。
「ふー」と健太が声を漏らした。

「どんな感じ?」加奈が尋ねる。
「うーん・・・わかんない」
「硬いでしょ?」
「うーん・・・ゴムみたいかな?・・・でも中の芯はすごく硬いよ」
「さすが、優等生。描写が細かいね」悦子が笑った。
その笑い声で場の雰囲気が緩んだ。

「じゃあ、握ったままシコシコしてごらん」
「こうかな?」
明美はゆっくりと、扱き始めた。
「そうそう・・・うまいじゃない。」
陽子が健太の顔を覗き込む。「どう、気持ちいい?」
「うん・・・気持ちいい」
「だろうね・・・先っぽから透明な液がいっぱいでてるよ」
陽子は指先でその液を掬い取った。
「これ何?」明美は手を止めて尋ねた。
「これは、ガマン汁。正しくはカウパー氏腺液って言うんだ。気持ちよくなると出てくるんだよ」
「これが精子なの?」
「これは精子じゃないよ。射精する前に出るんだよ・・・ほら」
尿道口からタラタラと溢れ出すカウパーを、再び指先で救い上げ、亀頭に擦り付けた。
「明美もやってごらん」
教えられた通り、透明な液を真っ赤な亀頭に擦り付けた。
「こうすると、滑りがよくなるだろう・・・そして、こうやって触ってあげると、男の子は気持ちいいんだよ」
陽子は指先で裏筋を刺激すると、ペニスはピクンと跳ね上がった。

「やってごらん」
明美も裏筋を指先で刺激する。
すると、カウパー氏腺液が、トロリと溢れ出してきた。
「すごい!いっぱい出てきた!」明美が嬉しそうに言った。

「じゃあ、もっとシコシコしてあげよう」加奈がはしゃいだ。
明美の手の動きが早くなってきた。

「さすが優等生。覚えが早いね」悦子が笑った。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

ひとりで残業していたら(4)

「君は、暑いと下着を脱ぐ癖があるのかい?」
「誤解しないでください。いつもはそんなことしません・・・でもなぜか、今日は・・・男の人もそんな日があるでしょう?」
私は一歩踏み出し、おっぱいが彼の身体にくっつくほど、近づきました。そして恥ずかしそうな表情をつくり、彼の顔を見上げました。

すると、彼は私の乳房に手を伸ばしました。
「や・・・やめてください」
本当は抵抗する気もないのに、一応言ってみました。
「いいだろ?俺もそういう気分なんだ・・・」
「お願い・・・やめて・・・」念のため、もう一度言いました。
「暑かったんだよね。汗でぐっしょりだよ」彼はそんなことを言いながら、私のおっぱいを弄りつづけます。
(もう、これで大丈夫かな。・・・私は抵抗したのに、彼が強引にしたのよ・・・)
「暑いから脱いじゃおうよ」
彼はそんなことを言うと、私のスカートを脱がしました。パンティーはすでに脱いでいたので下半身は丸出しです。
次いで、彼がスラックスとトランクスを脱ぎました。
(すごい!・・・大きい!・・・)
予想していましたが、やはり実際に見てみるとかなり大きいおちんちんです。
「大きい・・・」思わず小さな声でつぶやいてしまいました。
彼は満足気な表情を浮かべると、私の肩に手を置き、しゃがむようにうながしました。
しゃがんだ私の目の前には、そそり立った大きいペニスがありました。赤黒い亀頭、くびれたカリ首、血管の浮き出た太い竿。こんなに立派なおちんちんは初めてです。
(とても長いわ!)
まず、竿の根元の方を右手で握ってみます。まだまだ余裕で余っています。
次に左手で握ってみました。するとその先から亀頭が余裕で顔を出しています。

「舐めて・・・」彼が小声で囁きます。
「えっ・・・」少し戸惑うようなふりをしながらも裏筋をペロリと舐めあげると「あぁぁ・・・」と彼が吐息を漏らしました。
(結構、感じやすいのね)
2度3度と舐めあげていると、尿道口から透明な液がタラタラと流れ出してきました。
(ガマン汁もすごい・・・)
続いて、亀頭の周りのくびれた部分をペロペロと舐め回します。
「あぁぁぁ・・・気持ちいい・・・」彼は天井を仰ぎながら言いました。とても感じているようです。
今度は亀頭からすーっと下に下がっていき、竿の部分を舐めました。
「う、うぅぅ・・・」彼は唸りながら、ペニスをピクンピクンとさせました。
彼はとても敏感で、どこを舐めても感じるようです。

(じゃあ、咥えてあげるね・・・でもおっきい・・・)
そんなことを考えながら、私は口を大きく広げ、亀頭の先を咥えこみました。そして、ググッと亀頭全体を口の中に押し込みました。
(うわぁ・・・口の中がいっぱいだ)
私はそのままの状態でじっとしていました。だって、動かすと、オエッてなりそうだったからです。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事