FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

先生に見られながらの ~エリカの場合~ (4)


そうよね。やっぱりクリトリスが一番気持ちいいかもね。

先生も、エリカちゃんぐらいの年頃の時は、毎日クリトリス触ってオナニーしてたわ。
最初は、枕を足の間に挟んで・・・そして、段々気持ちよくなってきたら、枕に跨ってグリグリと腰を動かすの。クリちゃんを枕に擦り付けたり、ギューッと押し付けたりして。
まだHしたことなかったけど、色々と妄想しながら・・・

そう言えば、1度だけお母さんに見つかったことがあったな・・・
ベッドの上で、全裸でなって枕に跨って腰を振ってたの。生理前で感じやすくなってたのかな。いつもより気持ちよくて・・・もしかしたら声を上げてたかもしれない・・・そしたら、急にお母さんが部屋に入ってきたの。
私もお母さんもビックリして、ふたり見つめ合ったまま固まっちゃった。
しばらくして、お母さんが我に返って、「あんまりしちゃだめよ」って言うと部屋を出て行ったわ。その後、顔を合わせても何も言わなかったな。

だから、それから毎日オナニー三昧よ。
段々、枕じゃ物足りなくなって、机の角や自転車のサドルとか、硬いものに擦り付けるようになって・・・でもやっぱり、自分の指で触るのがいいわよね。
気持ちいい場所や触り方は、自分が一番知ってるからね。

エリカちゃんは、そうやってクリトリスをこねくり回すのが好きなのね。
クリちゃん、さっきより大きくなってるわよ。

あぁ・・・いい感じね。
中指を小刻みに動かして・・・
激しくなってきたわ。クチュクチュっていやらしい音が聞こえる。
気持ちいいのね・・・あぁぁ・・・クリトリスってなんでこんなに気持ちいのかしら。
いやらしいお汁もいっぱい出てきてるわよ。

エリカちゃん・・・すっごく可愛い声が出てるわよ。
いいのよ、もっと声を出して。気持ちいいんだもの。
もっと聞かせて。先生にもっと聞かせて。

あぁぁぁ・・・いやらしい音がアソコからもいっぱい聞こえてるわ・・・クチュ、クチュって。
すごいわ!・・・いやらしいお汁がいっぱい!
気持ちいいの?・・・イキそうなの?
いいいわよ。先生が見ていてあげる。エリカちゃんがイクところをじっと見ていてあげるよ。

いいよ。大丈夫よ。気持ちよくなったら、思い切りイッていいのよ。
気持ちいいの?・・・気持ちいいの?・・・エリカのオマンコ気持ちいいの?・・・
もっといじって・・・クリちゃんをいじるの・・・あぁぁぁ、気持ちいい!・・
すごいわ!・・・グチョグチョ!・・・エリカのアソコはグチョグチョよ!

あぁぁぁ・・・イきそうなの?・・・イッちゃうの?
先生に見せて・・・エリカのイクところ、見せてね・・・綺麗よ・・・
イク?・・・イッちゃうの?・・・イクッ!・・・イクッッッッッッツ!


イッちゃたね・・・気持ちよかった?
エリカちゃんがオナニーしているところ・・・すごく綺麗だったよ。

もし、また誰かに見られながらオナニーしたくなったら、先生に言ってね。
先生はいつでも見てあげる。もちろん二人の秘密にするよ。約束ね。



第1話から読む
~エリカの場合~第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事

先生に見られながらの ~エリカの場合~ (3)


さあ、先生によーく見せてね・・・あなたのアソコ。
あぁぁ。とっても綺麗よ。
ぷっくりしてて・・・綺麗な割れ目よ。

その割れ目の周りに、陰毛もいっぱい生えてて・・・
もうすっかり大人よね。

どうしたの?そんなに恥ずかしがらなくてもいいじゃない。
大人になったら生えてくるのよ
ちなみに、先生は結構早かったのよ。すぐにボーボーになっちゃって・・・
あなたはいつ頃から生えてきたのかしらね。

大人になって、陰毛が生えてきて・・・ぷっくりと膨らんだ割れ目がムズムズしてくるのね。
そうよ、触っていいのよ。
いつも、どんな風に触るのかしら。

そう。そうやって、割れ目に沿って、指を動かすの。
気持ちいいところはわかってるよね。
そこを、自分の指でこねくりまわすの。

あぁぁ・・・気持ちいいのね。
可愛いわ・・・すごくいい顔してる。

もっと激しくしていいいのよ。
あら! もう割れ目を開いちゃうの?
我慢できないのね。
いいのよ、あなたの好きなようにすればいいの。

見せてね・・・あなたの割れ目の中も。
そう。両手で開いて見せて・・・・あっ!すっごく綺麗。
綺麗なピンク色をした襞がよく見えるわ。
それに、いやらしいお汁ですっかり濡れてるのね。
そして、可愛いクリちゃんも見せて。
まあ・・・小っちゃなピンクの真珠みたいよ。

どうしたの?腰がクネクネ動いているわよ。
見られて、感じてるのね?
大きく脚を広げて、自分で割れ目を広げて、先生に見せてるのよ。
そう!エリカちゃんのオマンコを先生がしっかり見てあげてるの。
だって、見て欲しかったんでしょう?
こうやって、いやらしい姿を見せたかったんでしょう。

いいのよ・・・それでいいの。
さあ、触っていいわよ。
あなたのオナニーすることを、先生がしっかり見ててあげる。

第1話から読む

~エリカの場合~第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

熟年夫婦の習慣(2)


画面の中では、タレント達のトークが続いていた。
家事を終えてゆっくりとテレビを見るのが、貴子の楽しみだ。
そんな妻の横で、下半身を丸出しにして横たわっている夫の姿を貴子は眺める。
中年太りのたるんだお腹。筋肉もなくヒョロっとした脚。少し生えたすね毛が、哀しささえ醸し出している。
そのくせペニスだけは、昔と変わらず、ギンギンに勃起している。
ごつごつと血管が浮き出たせた陰茎。ずる剥けの真っ赤な亀頭今は陰毛に白い毛がちらほらと混じるようになったが、屹立したペニスだけを見ると、まだまだ立派なものである。

貴子は右手を伸ばすとそのペニスを握った。
とても硬く、とても熱い。
手のひらから、夫の性欲がビンビンと伝わってくる。

しばらく、握ったままでじっとしていると、義男がチラチラとこちらの様子を探るように視線を投げかけてくる。
早く扱いて欲しいのだろうか。
貴子はゆっくりと上下に動かし始めながら、思いを巡らせる

このペニスを何回扱いただろうか。
このペニスを何回しゃぶっただろうか。
このペニスを何回オマンコに入れただろうか。
そして、このペニスから何回、精液を発射させただろうか。

以前は普通にセックスをしていた。
いや、数年前までは週に2、3回はしていたので、平均以上にセックス好き夫婦といってもいい。
しかし急に面倒くさくなった。
決して性欲がなくなったわけではない。
今でもオナニーは大好きだ。
夫には内緒だが、バイブレータも持っている。以前は、夫とセックスをした翌日の昼間にオナニーすることもよくあった。
しかし数年前から急に面倒くさくなった。
夫は何度も求めてきたが、急に面倒くさくなったのだ。

そういう訳でずっとセックスレスが続いていたある日、夫から頼まれた。
「貴子。すまないが手でしごいてくれないか」と。



第1話から読む
FC2 Blog Ranking



関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(12)

「あぁぁ・・・いい!・・・奥まで入ってる!」
早紀の喘ぎ声を聞きながら、太一は腰を振り続ける。

「いいわ!・・・気持ちいいわ!・・・もっと!・・・もっと!」
肉付きのよい太ももをM字に大きく開き、淫らな女性器を露わにしながら喘ぎ続ける。
「あぁぁぁぁぁ・・・・・突いて!・・・もっと突いて!・・・オマンコを突いて!!」
淫らな声を上げる早紀の顔には、大粒の汗が煌めいている。
太一は、挿抽のスピードを上げてゆく。

「あん!・・・はぁん!・・・いいわ!・・・気持ちいい!!」
ねっとりとした愛液を垂れ流すオマンコの内部の柔襞が、ペニスにまとわりつき、そして時折、キューっと締め付けてくる。
「僕も気持ちいいです!・・・あぁぁぁ・・・早紀さんのオマンコが締め付けてる!」
「私も!・・・私も気持ちいいの!・・・あぁぁ・・・・太一くんのおちんちんが!・・・おちんちんが気持ちいいの!!」

太一は奥までガンガンと突きまくる。早紀のオマンコもクイクイと締め付ける。
「ダメ!・・・イッちゃいそう!・・・イクッ!!!」
顔を真っ赤にした太一のあごから汗がポタポタと落ちる。
「僕もイキそうです!」

そう言ったとたん、早紀が言った。
「ダメよ・・・中はダメ・・・中に出しちゃだめよ」
「わかりました・・・ちゃんと外に出します」
「よかった・・・じゃあ、いっしょにイキましょう」

太一は再び、スピードを上げて挿抽を繰り返す。
「あん!あん!あん!・・・いい!いい!いいの!・・・イキそうなの!」
「僕もイキそうです!」
「一緒に!・・・一緒に!・・・一緒にイッて!!!!」
「あぁぁぁ!・・・」
「イクゥゥゥゥゥ!!!!!」

射精感がこみ上げ、陰茎の中を精液が駆け上ってきたのを感じ、太一はペニスを抜き、早紀の腹の上にザーメンをぶちまけた。
ドピューーーー!!ドピューーーー!!
勢いよく発射された白濁液が早紀の巨乳に降り注がれる。
そして、その後も続けざまにザーメンが彼女の身体に着弾した。

「いっぱい出たね・・・」
乳房の谷間に貯まったザーメンを指先でぐるぐると弄びながら、早紀がつぶやく。
そして手を伸ばすと太一のペニスを握った。
「ねえ・・・舐めさせて」
早紀が恥ずかしそうに言った。

太一は、早紀の顔の方ににじり寄る。
そして、精液と愛液をしたたらせているペニスを突き出すと、待ちきれないように熟女の舌が絡みつき、陰茎についた体液を舐めとった。
「ふふふ・・・すごくいやらしい味がするわ」
亀頭をペロリと舐め、次いで、口いっぱいに頬張る。そして、頬をすぼませながらチューっと精液を吸い取った。
「太一くんの精液、全部吸い取ってあげる」
チュー、ペロリ、チュチュッツ。
彼女のお掃除フェラのおかげで、太一のペニスは綺麗になった。
「ありがとう」
太一はティッシュを取り、早紀の身体に着いたザーメンを拭き取ってやった。
「太一くん、ありがとう・・・すごくよかったわ」
早が、はにかむ様に言う。
「僕も気持ちよかったです」
太一は、早紀の横に添い寝をして話す。

「でも、汗びっしょりね・・・ねえ、シャワーしようか」
「じゃあ、早紀さんからどうぞ」
「ううん・・・一緒に入ろ」
肉感あふれる熟女は、少女のように甘えた声でそう言うと、太一の顔を抱きかかえ、自らの乳房の谷間にギューっと押し付けた。
「ねえ、いいでしょ?」

柔肉の感触と息苦しさの中で、太一は無言で肯いた。

第1話から読む
人気ブログランキングへ






関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(10)

「あん!・・・入ってる・・・太一くんのおちんちんが入ってるわ!」
早紀のオマンコの中にペニスがずっぽりと入っている様子が、太一からもよく見えた。
「あぁぁぁ・・・いいわ!」
頬を紅潮させた早紀は額から流れる汗を拭いながら、太一の顔を見るとうれしそうに微笑んだ。そして、ゆっくりと身体を上下に動かし始めた。
自分の身体の上にしゃがみ込んでいる熟女に笑顔を返しながら、太一は改めて肉感あふれる様子を眺める。
紅潮した汗まみれの童顔。そしてその童顔からは想像できないような豊満なおっぱいが、タプンタプンと揺れている。さらに、太いウェストに大きなヒップ。そして太もも。
太一は、揺れ動くその愛しき肉体の眺めを満喫していた。

「あぁぁ、気持ちいい・・・でも、疲れるわ」
早紀はしゃがみ込んでいた姿勢から、膝をつくと、太一の上に覆いかぶさってきた。
そして、ディープキスを求めてきた。ねっとりと互いの舌が絡み合う。
「んんんん・・・」
クチュ、チュウ・・・チュルル
「舌を出して・・・」
早紀に言われるまま、太一が舌を出すと、早紀も舌を尖らせた。
そして二人は見つめ合いながら、舌を近づけると、絡めた。

「うーん・・・」「ふふふ・・・」
舌を出した姿に、互いに笑いながらも、早紀は溢れる唾液を舌に辿らせ、太一の口の中に流し込んでいく。
彼女の甘い唾液が口の中に溢れていき、太一はごくりと飲んだ。
それをきっかけに、早紀は太一の口の中に舌をニュルリと入れた。そして口中を激しく愛撫する。
「んんんん・・・・」
声にならない声を上げながら、彼女の腰が再び動き出した。
挿入したまま互いの股間を密着させ。グリグリと擦り付けるようにする。
「んんん・・・はぁん・・・うーん・・・・あぁぁぁぁぁ・・・」

早紀は股間の快楽に集中するかのように目を閉じて、グリグリ、クネクネと腰を動かしていく。
「あぁぁん!・・・いい!・・・あぁぁぁん!・・・いくっ!!」
早紀は再び絶頂を迎えた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事
次のページ