FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

寮母さんとの淫らな体験談(1)


僕が20代のころの話です。
会社の転勤で地元を離れた地方都市の支店勤務となり、会社の寮に入りました。
3階建てのアパートのような小さな寮で、2階と3階に寮生部屋が12部屋。寮生は全部で12人いましたが、20代は僕だけであとは単身赴任のおじさんばかりでした。
1階には食堂と風呂場。
そして食事や掃除の為に毎日通いで来ている二人の寮母さんの部屋がありました。
ひとりは山下さんという60歳くらいのぽっちゃりした肝っ玉母さんみたいな人です。
もうひとりは50歳くらいの神田さん。小柄で童顔で働きもののお母さんといったタイプでした。


ある金曜日の仕事帰りに、僕は会社の先輩たちと飲みに行きました。
三次会のスナックではカラオケで大いに盛り上がり、寮に帰ったのは深夜。僕は風呂にも入らず寝てしまいました。
翌日の朝起きてから、1階の風呂場にシャワーを浴びに行きました。
二日酔いで少しだるい身体をシャワーですっきりと流しながら、昨晩のスナックの女の子のことを思い出していました。丸顔が可愛くて、そして胸が大きい女の子でした。
若い僕をからかっているのでしょう。歌っている最中に何度も僕に抱きつき、その大きなおっぱいを押し当ててくるのです。
ムニュッとしたその柔らかい感触を思い出し、僕は勃起してしまいました。
そして誰もいないことをいいことに、オナニーを始めてしまったのです。

あの子のおっぱいを想像しながらシコシコと扱いてギンギンに勃起した時、ガラッと音がして風呂の扉が開きました。
「そろそろお掃除するよ」
寮母の神田さんです。
僕は、勃起したチンポを握ったまま固まってしまいました。

「もう……」
神田さんも苦笑したまま、固まってしまいました。しかし、僕の勃起チンポをしっかりと見ていました。

数秒の沈黙のあと、神田さんは笑いながら「ごめんね」と言うと、そっと扉を閉めて風呂場を出て行きました。

神田さんが風呂場を出て行く姿をすりガラス越しに眺めながら、妙に興奮している自分に気づきました。チンポは硬く勃起したままです。
おっぱいの大きな女の子は僕の頭の中から消えうせ、代わりに神田さんの姿が現れました。僕は、50代の寮母さんに見られながらオナニーしていることを想像しながらチンポを扱きました。
そして、すぐに射精してしまいました。

風呂場を出ると、廊下を掃除している神田さんに会いました。
「もう、びっくりしたわよ」
「すみません……」
「若いから仕方ないよね。ハハハ……」
神田さんはそういうと、僕のお尻をポンと叩きました。

全てはこの出来事から始まったのでした。

人気ブログランキングへ


未亡人寮母・かおり【電子書籍】[ 巽飛呂彦 ]

熟女たちの秘密のパーティー(12)


「こんどは私が舐めてあげる」
和美は、コウジを仰向けに寝かせるとペニスにしゃぶりついた。
ジュルジュルと音を立てながら唾液たっぷりのフェラチオを繰り返すと、コウジのペニスはギンギンに勃起する。
「ねえ、入れていいでしょ?」
和美は、コウジに跨るとオマンコにペニスの先端を当てがい、ゆっくりと腰を下ろしていった。
「ンっ……はぁ……」
愛液で濡れたオマンコは、ズブズブとペニスを受け入れていった。
「あはぁぁぁぁん!」
大きく喘ぎながら、和美はクネクネト腰を動かしていく。
ペニスが出し入れされる度に、粘度の高い愛液がネチョネチョと音を立てる。
「あぁぁ……いいわ!……オマンコ気持ちいい!」
和美のタイミングに合わせてコウジも腰を突き上げる。
みどりは、背後から和美の乳房を揉みしだく。
「もうダメ……イッちゃう!……イッちゃう!……はぁん!イクッ!!!」
和美は騎乗位のまま、イッてしまった。

「ねえ、私もお願い」
みどりは仰向けになり、脚を開いた。
コウジは、みどりのオマンコにズブリとペニスを挿入した。
「あん!……太いわ!」
コウジは太いペニスをゆっくりと引き出した。
「あぁぁぁ……気持ちいい!……もっと!……もっとして!」
大きな喘ぎ声をあげるみどりのオマンコに、コウジは激しく抽挿を繰り返す。
「あん!……あん!……あん!……」

大きく揺れる乳房を揉みながらコウジが周りを見渡すと、ベッドの周囲に女性たちが集まり、二人のセックスを眺めている。
もちろん全員全裸で、M字に脚を開きオナニーをしていた。
オマンコに手をあてがいながら、忙しそうにクリトリスを擦り続ける熟女。
黒ずんだ肉襞をかき分け、オマンコに指を突っ込んでいる熟女。
1人1人が好きなスタイルで、オナニーを愉しんでいる。

コウジの興奮も頂上を迎え、腰のスピードを上げる。
「あぁぁ……いいわ!すごくいい!……イキそう!オマンコイキそう!」
みどりも絶頂を迎える。
「オマンコイキそう!……イク!……イク!……イクッッッッ!!!!!!」
「俺もイクよ!」
コウジはドピュドピュと、オマンコの中に精液をぶちまけた。

射精を終えペニスを抜き取ると、みどりのオマンコからザーメンがドロッと溢れ出した。
すかさず、和美が精液と愛液でドロドロになったペニスにしゃぶりつき、丁寧に舌で舐め尽くした。

ペニスの掃除が終わると、三人はゆったりとベッドに横たわる。
「ねえ、みどり?今日のパーティどうだった?」
「すごくよかったわ。誘ってくれてありがとう」
「コウジもすごくよかったしね」
「それはどうもありがとう」
笑うコウジの股間にみどりの手が伸びる。
「ねえ、コウジ?」
まだ柔らかいペニスを弄びながら、みどりが恥ずかしそうに言った。
「もう一回しよ?」
苦笑するコウジ。
「ダメよ。今度は私の番よ」
微笑みながら和美もペニスに手を伸ばした。

熟女たちの宴はまだまだ続くのだった。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(9)


開始から1時間を過ぎてパーティはますます盛り上がってきた。
参加している未亡人たちは自ら服を脱ぎ、恥ずかしげもなく熟れた裸体を晒し、そして様々なやり方で、自らの性欲を満たしていた。

壁際に仁王立ちした全裸の若者のペニスを舐めまわしている熟女。
バーカウンターの上で大きく脚を広げて、股間を舐めてもらっている熟女。
ソファーの上では、ウェイトレスと熟女が互いの乳房を触り合っている。
そして部屋のいたるところでは、硬く勃起したペニスを挿入され、喘ぎ声をあげる熟女たちがいた。
またその様子を見ながらオナニーを愉しむ熟女たちもいる。

一方、みどりと和美は服を着たまま並んでソファに座っていた。
パーティの常連である和美は、今すぐにでも服を脱いで仲間に入りたいのだが、初めて参加するみどりに気を使っているのだった。
「ねえ、みどり……そろそろ私たちも楽しまない?もう我慢できないかも……」
頬は紅潮させ、太ももをモジモジさせながら和美が言った。
もちろん、みどりも股間の火照りを感じていた。
「うん、私もすごくエッチな気分よ……でもね……」

するとひとりの若者が近づいてきた。
「楽しんでいらっしゃいますか?」
見覚えのある筋肉質の身体。顔をみると、パーティーが始まって最初に話をした男性だった。
「あら……コウジくんだったっけ?」
和美が声を掛けた。
「覚えておいてくれたんですね。うれしいな」
和美は横にずれて、みどりとの間にコウジを座らせると、早速、6つに割れた腹筋を撫で始めた。
「本当、いい身体ね」
そう言いながら和美の手は下がっていき、まだ柔らかいペニスを握って扱きはじめた。
「あぁぁ、気持ちいい……」
小声で吐息を漏らし、コウジのペニスはみるみるうちに硬く勃起していく。
真っ赤に膨れ上がった亀頭、ごつごつと血管を浮き出す陰茎。
みどりの視線はコウジのペニスに釘付けになった。
「ねえ、みどり……見てるだけじゃなくて、触りたくなったんでしょう?」
和美がねっとりとした視線をやった。

「ほら、コウジのおちんちん。触りたいんでしょ?」
「みどりさんも触ってもらってもいいですか」
躊躇しているみどりに優しく声を掛けながら、みどりの手を取りペニスを握らせた。
熱く脈打つペニスの感触がみどりの手のひらに伝わる。
「すごいわ」
みどりは、心の中のタガがゆっくりと外れていくのを感じた。
「あぁぁ……」
「どう?おちんちん触るのは久しぶりなの?」
「ええ……主人が亡くなってから初めてなの」
「本当にみどりを誘ってよかったわ。今日はいっぱい楽しみましょう」
「うん。楽しみましょう」
2人は笑顔で視線を交わした。
「ねえ、舐めてもいい?」
みどりがコウジに尋ねる
「もちろん」
「じゃあ、私も」
ふたりはコウジの股間に顔を持っていった。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(7)


「どうだった?」
和美の質問に、みどりは即答できなかった。
特大のペニスに驚いたのはもちろんだが、皆が見ている前でフェラチオをすることや、それを見ながらオナニーをする女性たちに驚いたのだった。
「自分の気持ちに正直に行動すればいいのよ。ただそれだけのことよ」
「そうね・・・でも恥ずかしいわ」
「段々、慣れてくるって。ほら、あそこを見てごらん」
和美が指さす方にみどりは視線をやった。


部屋の壁際に並んだソファに座り、黒川陽子は夫のことを思い出していた。
巨乳が大好きで、ベッドの中ではいつも陽子のおっぱいをまさぐっていた夫。
そんな夫を思い出しながら、陽子は服の上から乳房を触っていた。

その様子を見ていた全裸のウェイター、ショウゴが近づいて行った。
「何かお手伝いしましょうか」
色白で細身の身体、そして小さめのペニス。夫にそっくりだわ、と陽子は思った。
「ありがとう。それじゃあ、脱がしてもらおうかな」
陽子は立ち上がり、背中のファスナーを降ろしてもらうとスルスルとワンピースを脱いだ。
ぽっちゃりとした白い肌に薄いすみれ色のブラジャーとパンティが映える。
「こちらもお願い」
再び背を向け、ショウゴにブラジャーのホックを外してもらう。
「ありがとう」
陽子が肩ひもをずらしてブラジャーを取り去ると、メロンほどの大きさの巨大な乳房がふたつこぼれ落ちた。
「すばらしい・・・」ショウゴの口から声が漏れた。

陽子はソファに座ると、むっちりとした自分の太ももを指差した。
「さあ、どうぞ。」
ショウゴは太ももの上に頭をのせ、仰向けになった。
「うちの旦那は、こんな風にされるのが大好きだったのよ」
昔を懐かしむように話をしながら、ショウゴの胸板を優しく撫でまわす。
「そうなんですか」
相槌を打ちながら、ショウゴは顔の上の大きな乳房を眺めた。
顔の大きさ程のたわわな乳房、大きめの乳雲、そして小豆色の乳首。

陽子は片方の乳房をショウゴの顔の上に乗せた。
「吸って・・・」
囁くような声に従い、小豆色の乳首に吸い付く。
「あんっ!」
陽子が可愛い吐息を漏らす。
チュパ、チュパと音を立てながら、赤ちゃんのようにおっぱいを吸うショウゴを嬉しそうな表情で陽子は眺めた。
「うちの旦那も、こんな風にして私のおっぱいを吸うのが大好きだったの・・・久しぶりに思い出しちゃったわ」
懐かしげな陽子の声を聞きながら、ショウゴは乳首をレロレロと舌で転がしてみた。
「うーん・・・いいわ・・・」
艶めかしい声をあげた陽子が身体を前に倒したので、ショウゴの顔は柔らかい乳房で覆われた。
「う、う・・・」
息ができない苦しさにショウゴはうめいた。
「あら、ごめんなさい・・・」
陽子は笑いながら、身体を起こした。

「じゃあ、こっちも舐めて」
もう片方の乳首を口に含み、チューと吸い付く。
「あん・・・気持ちいいわ」
口の中の乳首が硬くなっているのを感じ、軽く噛んでみた。
「はぁーん!」
ひと際大きな声で陽子が喘ぐ。
乳首を舌先で転がしながら、時折甘噛みすると、その度に大きなあえぎ声が響いた。

陽子は声をあげながら、右手を伸ばしショウゴのペニスを握り、ゆっくりとしごき始めた。
「うちの旦那もね。すぐに硬くしちゃってね・・・いつもこうやってしごいてあげてたのよ・・・どう?気持ちいい?」
「ええ。すごく・・・」
陽子の指先は、優しく動きながらも、いやらしく亀頭の周りを撫で回した。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

先生に見られながらの ~エリカの場合~ (4)


そうよね。やっぱりクリトリスが一番気持ちいいかもね。

先生も、エリカちゃんぐらいの年頃の時は、毎日クリトリス触ってオナニーしてたわ。
最初は、枕を足の間に挟んで・・・そして、段々気持ちよくなってきたら、枕に跨ってグリグリと腰を動かすの。クリちゃんを枕に擦り付けたり、ギューッと押し付けたりして。
まだHしたことなかったけど、色々と妄想しながら・・・

そう言えば、1度だけお母さんに見つかったことがあったな・・・
ベッドの上で、全裸でなって枕に跨って腰を振ってたの。生理前で感じやすくなってたのかな。いつもより気持ちよくて・・・もしかしたら声を上げてたかもしれない・・・そしたら、急にお母さんが部屋に入ってきたの。
私もお母さんもビックリして、ふたり見つめ合ったまま固まっちゃった。
しばらくして、お母さんが我に返って、「あんまりしちゃだめよ」って言うと部屋を出て行ったわ。その後、顔を合わせても何も言わなかったな。

だから、それから毎日オナニー三昧よ。
段々、枕じゃ物足りなくなって、机の角や自転車のサドルとか、硬いものに擦り付けるようになって・・・でもやっぱり、自分の指で触るのがいいわよね。
気持ちいい場所や触り方は、自分が一番知ってるからね。

エリカちゃんは、そうやってクリトリスをこねくり回すのが好きなのね。
クリちゃん、さっきより大きくなってるわよ。

あぁ・・・いい感じね。
中指を小刻みに動かして・・・
激しくなってきたわ。クチュクチュっていやらしい音が聞こえる。
気持ちいいのね・・・あぁぁ・・・クリトリスってなんでこんなに気持ちいのかしら。
いやらしいお汁もいっぱい出てきてるわよ。

エリカちゃん・・・すっごく可愛い声が出てるわよ。
いいのよ、もっと声を出して。気持ちいいんだもの。
もっと聞かせて。先生にもっと聞かせて。

あぁぁぁ・・・いやらしい音がアソコからもいっぱい聞こえてるわ・・・クチュ、クチュって。
すごいわ!・・・いやらしいお汁がいっぱい!
気持ちいいの?・・・イキそうなの?
いいいわよ。先生が見ていてあげる。エリカちゃんがイクところをじっと見ていてあげるよ。

いいよ。大丈夫よ。気持ちよくなったら、思い切りイッていいのよ。
気持ちいいの?・・・気持ちいいの?・・・エリカのオマンコ気持ちいいの?・・・
もっといじって・・・クリちゃんをいじるの・・・あぁぁぁ、気持ちいい!・・
すごいわ!・・・グチョグチョ!・・・エリカのアソコはグチョグチョよ!

あぁぁぁ・・・イきそうなの?・・・イッちゃうの?
先生に見せて・・・エリカのイクところ、見せてね・・・綺麗よ・・・
イク?・・・イッちゃうの?・・・イクッ!・・・イクッッッッッッツ!


イッちゃたね・・・気持ちよかった?
エリカちゃんがオナニーしているところ・・・すごく綺麗だったよ。

もし、また誰かに見られながらオナニーしたくなったら、先生に言ってね。
先生はいつでも見てあげる。もちろん二人の秘密にするよ。約束ね。



第1話から読む
~エリカの場合~第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事
次のページ