FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

空想ニュース ~セックスフラワーが見頃~


都内の植物公園では、初夏に咲くセックスフラワーが花を咲かせ、見頃を迎えています。

この花は、オマンコの形をした雌花と、オチンチンの形をした雄花を持っており、受粉する様子が、まるで、オチンチンをオマンコに挿入しているように見えることから、セックスフラワーと呼ばれています。
また、雌花からはオマンコの匂い、雄花からは精液の匂いがして、その匂い嗅ぐと、異常なほど性欲が掻き立てられるという花です。
日本でも「まぐわい花」と呼ばれ、子宝に恵まれない夫婦に贈る風習がある地方があります。

こちらの公園では、先月下旬から「セックスフラワーまつり」が開かれており、大勢の人でにぎわっております。
期間内は園内でセックスをすることが黙認されており、若いカップルはもちろん、高齢者の夫婦もセックスフラワーに囲まれながらセックスを愉しんでいます。
園内には、多数のベンチが設置され、クッションのブランケットの無料貸し出しが行われています。またコンドームも無料で配布されています。

もちろん男性だけ、女性だけで来場される方も大勢います。セックスフラワーを鑑賞しているうちに、オチンチンは勃起し、オマンコはビショビショになるので、気に入った相手を見つけるとすぐに仲良くなり、セックスを愉しむことができます。

また、夜はライトアップされ、キラキラと輝くイルミネーションがセックスフラワーを照らし出します。閉園の夜10時まで、思う存分セックスを堪能することができます。

「セックスフラワーまつり」は今月25日まで開かれます。なお18歳未満の方は入場できませんのであしからず。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking



関連記事

オナニー三昧 ~跨線橋の上で~(2)

彼女が通路を渡り切った。
(見られちゃう!)
そう思った瞬間、とっさに僕はカバンで股間を隠してしまった。
彼女は、階段に座り込んでいる僕を不審そうに眺めながら、急ぎ足で降りていった。

(どうしたの?見てもらいたかったんでしょ?)
山下先生が優しく話しかける。
(うん・・・でもやっぱり恥ずかしくて・・・)
(恥ずかしかったの?・・・でも興奮したんでしょう?見せてごらんなさい)
僕は股間に置いたカバンをそっと横に置いた。
(あら、凄い!さっきより大きいわよ。・・・やっぱり興奮してたのね)
(う、うん・・・・)
(きっと、女の子も気づいてたわよ。あなたがいやらしいことをしてたのは・・・)
(そうかな?)
(絶対そうよ。・・・家に帰ると自分の部屋に鍵をかけて、あの子もオナニーするはずだわ。あなたのオナニー姿を思い出して・・・)
(僕のオナニー姿で?)
(そう・・・・あなたの硬く勃起したオチンチンを想像しながら、パンティの上から割れ目を擦るの)
あの子のオナニー姿を想像しながら、僕はチンポをしごき始める。
(あら?あの子のことを想像してるのね?・・・私のことはもういいの?)
(そんな・・・・先生にしごかれたいです)
(いい子ね・・・あなたのチンポは私が扱いてあげる。・・・ほらこうして・・・)

先生が高速でチンポをしごきたてた。
(あっ!・・・イクッ!)
先生の手がピタッと止まった。
(まだイッちゃダメよ・・・)
(ふう・・・)
僕はどうにか射精感をやりすごした。

(あなたって、いつもそんな風にオナニーしてるの?)
妄想の中で、さっきの女子高生が話しかける。
(えっ!)
僕が返事に窮していると、山下先生が代わりに応えてくれた。
(そうなのよ。いつも私が扱いてあげてるのよ)
(へえ・・・いいわね。)
(あなたのこのおちんちん扱いてみる?)
先生が彼女に問いかける。
(いいんですか?)
(もちろん・・・他の人に見られたりするの、好きみたいだから・・・ねえ、そうでしょ?)
(う、うん)
僕は返事する。
(そうなんだ・・・だから跨線橋の上でオナニーしてたんだね)
(やっぱりわかってたでしょ?)
(もちろんですよ、先生。・・・でもおちんちんは見えなかったけど)
(隠しちゃったからね。でも本当はこんなにビンビンに勃起してたのよ・・・しっかり扱いてあげてね)
先生が僕のチンポを指差すと、彼女がそっと握ってくれた。
(凄い!カチカチだ!)
(でしょ?いっぱい扱いて、いっぱい精子出してあげてね)

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事