FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

オナニー三昧 ~跨線橋の上で~(2)

彼女が通路を渡り切った。
(見られちゃう!)
そう思った瞬間、とっさに僕はカバンで股間を隠してしまった。
彼女は、階段に座り込んでいる僕を不審そうに眺めながら、急ぎ足で降りていった。

(どうしたの?見てもらいたかったんでしょ?)
山下先生が優しく話しかける。
(うん・・・でもやっぱり恥ずかしくて・・・)
(恥ずかしかったの?・・・でも興奮したんでしょう?見せてごらんなさい)
僕は股間に置いたカバンをそっと横に置いた。
(あら、凄い!さっきより大きいわよ。・・・やっぱり興奮してたのね)
(う、うん・・・・)
(きっと、女の子も気づいてたわよ。あなたがいやらしいことをしてたのは・・・)
(そうかな?)
(絶対そうよ。・・・家に帰ると自分の部屋に鍵をかけて、あの子もオナニーするはずだわ。あなたのオナニー姿を思い出して・・・)
(僕のオナニー姿で?)
(そう・・・・あなたの硬く勃起したオチンチンを想像しながら、パンティの上から割れ目を擦るの)
あの子のオナニー姿を想像しながら、僕はチンポをしごき始める。
(あら?あの子のことを想像してるのね?・・・私のことはもういいの?)
(そんな・・・・先生にしごかれたいです)
(いい子ね・・・あなたのチンポは私が扱いてあげる。・・・ほらこうして・・・)

先生が高速でチンポをしごきたてた。
(あっ!・・・イクッ!)
先生の手がピタッと止まった。
(まだイッちゃダメよ・・・)
(ふう・・・)
僕はどうにか射精感をやりすごした。

(あなたって、いつもそんな風にオナニーしてるの?)
妄想の中で、さっきの女子高生が話しかける。
(えっ!)
僕が返事に窮していると、山下先生が代わりに応えてくれた。
(そうなのよ。いつも私が扱いてあげてるのよ)
(へえ・・・いいわね。)
(あなたのこのおちんちん扱いてみる?)
先生が彼女に問いかける。
(いいんですか?)
(もちろん・・・他の人に見られたりするの、好きみたいだから・・・ねえ、そうでしょ?)
(う、うん)
僕は返事する。
(そうなんだ・・・だから跨線橋の上でオナニーしてたんだね)
(やっぱりわかってたでしょ?)
(もちろんですよ、先生。・・・でもおちんちんは見えなかったけど)
(隠しちゃったからね。でも本当はこんなにビンビンに勃起してたのよ・・・しっかり扱いてあげてね)
先生が僕のチンポを指差すと、彼女がそっと握ってくれた。
(凄い!カチカチだ!)
(でしょ?いっぱい扱いて、いっぱい精子出してあげてね)

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事