FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女たちの秘密のパーティー(10)


「久し振りなんでしょう?お先にどうぞ」
和美が茶化したように言った。

みどりは目の前のペニスをまじまじと眺めた。
確かに、こんなに間近にペニスをみるのは夫を亡くしてから3年ぶりのことだ。
夫のペニスに比べると少し小ぶりだが、亀頭は一回り太く、カリ首が張り出している。
その亀頭の先の小さな割れ目からはすでに透明な液体が溢れ出し、裏筋を伝って陰茎に垂れている。

「ねえ、みどり。いつまで見てるの?久しぶりで忘れちゃった?こうやって舐めるのよ」
我慢できなくなった和美が、亀頭をペロリと舐めた。
「あぁぁ、美味しい」
妖しく光る舌全体で亀頭をペロペロと舐めると、今度は舌先で亀頭の括れをチロチロと刺激する。
亀頭の周りを舐め終わると、最後に亀頭にチュッとキスをした。

「思い出した?」
和美は笑いながら、みどりと交代した。

「うん、思い出した」
はにかみながら、みどりはそっと亀頭に舌を這わした。
久し振りとはいえ、もちろん本当に忘れていたわけではない。ただ、和美の前で恥ずかしがっていただけなのだ。
みどりも、ペニスをペロペロと舐めまわし、最後に亀頭を口に含んだ。
大きめの亀頭を舌で舐めまわす。
「ふぅぅ……」
コウジが吐息を漏らした。

「ねえ、いっしょに舐めよう」
ふたりは顔をくっつけるようにすると、、同時に陰茎の根元から舐め始めた。
ベローっと舐めながら上がっていき、亀頭の先端まで舐める。
そして、再び根元に戻り亀頭の先まで舐め上げる。
「気持ちいい?」
みどりが微笑みながら尋ねる。
「うん、すごく気持ちいい……」
コウジも嬉しそうに答える。

2人の同時フェラが何度か繰り返さされたのち、今度は、和美がパクリとペニスを咥えた。
唾液でいっぱいになった口の中に、ペニスが奥まで挿入され、そして、唇をすぼめながらゆっくりと引き出される。
クチュクチュといやらしい音を立てながら、何度も抽挿が繰り返される。

「じゃあ、私はタマも舐めちゃおうかな」
みどりは、金玉袋の中のコロコロとした玉を舌先でツンツンと刺激する。
そしてコウジの顔を見ながら、片方の玉を口に含んだ。
口の中で金玉を転がしながら、コウジの表情を伺う。
強すぎる睾丸への愛撫が禁物なのを、みどりは知っているのだ。
コウジが愉悦の表情を浮かべてるの見ると、みどりは金玉を軽く吸引し、チュパッと口から吐き出した。
「コウジくんは、キンタマ気持ちいいのね」

「そうなの?」
和美は咥えていたペニスを掃き出すと、今度はもう片方の金玉を口に含んだ。
そうなると、今度はみどりがペニスを咥え込んだ。
クチュクチュ……チュパチュパ……クチュクチュ……チュパチュパ……
2人は、ペニスと金玉を舐め続けた。

第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(5)


「みどり、見てごらん。・・・あの男の子」
和美の視線の先には、女性たちと楽しそうに話をしている全裸のウェイターがいた。
「すごい!」
みどりは、その男性のあまりにも大きなペニスを見て驚いた。だらりと垂れ下がったペニスは遠くからでもはっきりと分かるほど太くて長かった。
「あんなに大きい人見たことないでしょう。もっと近くで見ようよ」
和美に誘われて、みどりはその男性に近づいて行った。

彼の名はマサユキ。
イケメンというわけでもなく、おしゃべりがうまいわけでもない。しかしその普通っぽさと巨根のギャップから、女性からは大人気だ。
今日も女性に囲まれて楽しそうに話をしている。といってもマサユキはニコニコとしながら、もっぱら聞き役に徹している。

会話がひと段落したところで、一番年上と思われる白髪まじりの上品そうな女性が、控えめな口調で言った。
「みなさん。そろそろ、いいかしら」
周りの女性たちはめいめいに頷いた。
「そうね、はじめましょう・・・最初は澄江さんからどうぞ」
「じゃあ、年上の特権として・・・・」
白髪まじりの髪をかき上げながら澄江は、近くにあったソファーを指差し、マサユキに声を掛けた。
「ここに座ってもらってもいいかしら」
「はい」
マサユキがソファーに座ると、開いた両脚の間にペニスが垂れ下がった。
澄江はマサユキの両脚の間に正座をすると、目の前の巨大な陰茎を持ち上げた。
「本当に立派ね」
愛おしそうに太いペニスを握り、ゆっくりと扱き始める。
澄江が両手を使って愛撫し始めると、ペニスはムクムクと頭をもたげ始めた

「段々硬くなってきたわ」
澄江は嬉しそうに亀頭にチュッとキスをした。そして舌先でカリ首を舐めまわし、次に舌全体を使って亀頭を舐め上げた。
「気持ちいい・・・」
マサユキが吐息を漏らした。
「じゃあ、もっと気持ちよくしてあげるわね」
精一杯口を開け、特大の亀頭を咥え込もうとしたが、澄江の口には到底入らなかった。
「うーん、やっぱり無理ね」
残念そうに言うと、極太の陰茎を扱きあげながら、再び亀頭に舌を這わす。尿道口、ウラ筋そして亀頭冠を性感帯をくまなく舐めまわすと、ペニスはひと際太くなってくる。
そして唾液まみれの亀頭を、澄江は両手で包み込むと上下に扱いた。
「あぁぁぁ・・・すごく気持ちいい」
マサユキのペニスは、ごつごつした血管を浮き上がらせて大きく屹立した。

「すごいわ・・・」
マサユキを取り囲んでいる女性たちから歓声が上がった。

第1話から読む

人気ブログランキングへ

熟妻告白ドキュメント あなたは知らない… 禁断の林檎【電子書籍】[ フランス書院編集部 ]
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。