FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(3)

「ほら、冷たいでしょう」
冷蔵庫から取り出したばかりの缶ビールが、太一の頬に押し当てられた。
「あっ!冷たい!」
「ふふふ・・・」
早紀は妖しげに微笑むと、その缶ビールを自ら豊満な胸の谷間に押し当てた。
「冷たくて気持ちいいわ!」
缶に付いた水滴と早紀の汗が一緒になり、胸の谷間に流れ込んでいく。

「太一くん?」
「・・・・」
「太一くん、どこ見てるの?」
「い、いやっ、どこも・・・」
「今、おばさんのここ、見てたでしょう?」とタンクトップの胸元を指さし、その指先をタンントップに引っ掛けた。
そして、太一の視線を釘付けにしたまま、ツーッと下に引き下げてゆく。
タンクトップの襟元が徐々に引き下げられ、たわわな乳房がこぼれそうになるほど、引き下げた。

「それも、いやらしい目で、見てたよね」
「そ、そんな・・・」
「いいのよ・・・こんなおばさんのおっぱいなのに・・・うれしいいわ」
「そんな・・・おばさんだなんて・・・多村さん、まだ若いですよ」
「もう、太一くんったら、お世辞がうまいのね」
「お世辞じゃないですよ・・・すごく魅力的です」
「本当?太一くん、おっぱい好きなのね」
早紀はしなだれ、柔らかい乳房を太一の身体にくっつけた。
そして太一の耳元で優しく囁いた。
「触ってもいいわよ」

グレーのタンクトップは、早紀の汗で肌に張り付き、乳房の形がはっきりとわかるほどだ。大きく柔らかい乳房が、トロンと垂れ気味なのが、熟女のいやらしさを強調している。
太一は、乳房の重さを量るように下からそっと持ち上げ、そして2、3度揺らしてみる。
タプンとした感触が手のひらに伝わってきた。

次に、柔らかさを確かめるように、指先に力を入れてみると、5本の指が乳房に食い込んでいった。

そんな太一の行動を、早紀は優しい表情で眺めている。

太一は、何度も乳房を揉みしだいていたが、最後にタンクトップから突き出した乳首を指で弾いた。
「あんっ!」
早紀の口から声が漏れた。可愛い声だ、と太一は思った。
続けざまに、乳首を弾く。
「あんっ!・・・ふぅん!・・・うぅん!・・・気持ちいい!」

太一は早紀の肩に手を回し、唇を重ねた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。