FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

オナニー三昧 ~跨線橋の上で~(3)

その時、線路の向こう側からおばさんが階段を上ってくるのが見えた。
(ほら、おばさんが来たわよ。今度はしっかり見てもらいましょうね)
先生が言う。
(そうよ・・あなたのオナニー姿見てもらいましょう)
彼女もそう言いながら、僕のチンポを高速でしごき上げる。
(ダメ!そんなに早くしちゃ・・・イッちゃうよ!)
(いいのよ、見てもらいたいんでしょ?このカチカチのおちんちんを見てもらいたいんでしょ?)
(私にも、あなたがイクところを見せてね。ザーメンいっぱい飛ばしてね)
僕は二人に扱かれながら、完全に妄想の世界に入り込んでしまった。
(あぁぁぁ・・・気持ちいい!・・・イッちゃうよ!)
(いいのよ、イッていいのよ!)
(私にも、先生にも、そしてあのおばさんにも、あなたがイク瞬間を見せてあげましょう)

おばさんは、コツコツと足音を立てながら近づいてくる。
(ほら!おばさんが来たわよ)
(あなたのオナニー姿見られちゃうよ)
二人の嘲るような声が、僕の頭の中を駆け巡った。
(あぁぁぁ・・・もうダメ!)
(いいのよ!・・・いっぱい出して!)
(あなたのイクところ見せて!!)
彼女のシコシコと扱くスピードが最高潮に達した。

(イクっ!・・・イクッ!!!)
ドピュー!ドピュー!
1メートル程、精液がほとばしった。
(凄い!・・・もっと出して!)
彼女はチンポを扱き続け、僕はザーメンを発射し続けた。
ピュー!ピュー!
(まだ出るでしょ?)
彼女はいつまでも扱いていたが、とうとうザーメンは出なくなった。
(もう、出ないかな?)
彼女が歯磨き粉を絞り出すように、チンポの根元からゆっくりと扱き上げると、尿道口から白いザーメンが少しだけ出てきた。
(先生、これで最後みたいね)
彼女が嬉しそうに言った。
(いっぱい出たね)

僕はチンポから手を離し、我に返った。
すると、さっきのおばさんが横に立っていた。
「ずいぶん気持ち良さそうね」
「・・・」
「いつもこんなところでオナニーしてるの?」
「・・・」
「誰かに見られるのが好きなのかな?」
「・・・」
「でも、こんなところでオナニーしちゃだめよ。するなら、自分の部屋でしなさいね」

おばさんは僕を咎めることなく、横を通り過ぎ、階段を下りていった。
そして数段階段を下りたところで、振り返った。
「おばさん、毎日この時間にここを渡るの・・・だから・・・」
おばさんの目が妖しく輝いた。
「だから?」
「どうしてもしたくなったら・・・ね?」
「えっ!」
おばさんは微笑みながら言った。
「さあ、早く帰りなさい・・・そして自分の部屋でおもいっきりオナニーしなさいね」
そして、スタスタと階段を下りていった。

僕は家に帰ると、おばさんに言われた通り自分の部屋でオナニーをした。
妄想の世界の中で、おばさんと先生と女の子の3人に扱かれながら。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

親戚のおばさん(2)

拭き終わると、おばさんは背中越しに健太のおちんちんを覗き込みました。
(大きいわね・・・)
子供のおちんちんとはいえ、健太のは、ひときわ大きかったのです。
もっと見ようと覗き込むと、健太の背中に、ぐいっとおっぱいが押し付けられました。
それに反応し、健太のおちんちんはピクンと跳ね上がりました。
(あら!私のおっぱいに感じてるのね)
おちんちいんは、さらに上を向きました。
包皮の先が少し開き、亀頭が覗いています。
(まだ、子供のおちんちんだけど、段々と大人のチンポになっていくのね)

「ここも汗かいてるでしょう?」
おばさんは、後ろから手を伸ばし、タオルでおちんちんを包むようにして、そっと握りました。
(固いわ・・・)
「しっかり拭かないとね」
優しくしごくように何度も拭き取ります。

「もう・・・もういいよ」
健太は声を絞り出しました。
「そうかい・・・じゃあ、今度はおばさんも拭いてくれるかい」
おばさんは立ち上がり、スカートとパンツを脱ぎ、全裸になりました。
おばさんの股間には黒々と陰毛が茂っています。
健太のおちんちんは、天を向いてピクピクしています。

おばさんは、向こうを向き、膝を床につきました。
「健太くん、お願いしますね。」
健太はおばさんの大きな背中を一所懸命拭きました。
「ありがとう。・・・じゃあ次は・・・」
おばさんは立ち上がりました。
おばさんのお尻が健太の目の前に来ました。
「じゃあ、お尻もお願いします」
健太は、おばさんの大きなお尻を一所懸命拭きました。
「しっかり拭いてね」
そう言うと、おばさんは少し脚を広げました。
健太はおばさんの内腿に手を入れ、汗を拭きました。
「今度はこっちもお願いします」
おばさんは振り返りました。

健太は、おばさんの身体を改めて正面から見ました。
少し垂れた大きなおっぱい。
小豆色をした乳首。
股間に茂る陰毛。
そして、その奥に潜む秘密の花園・・・

もう我慢できません。
健太は無意識のうちにおちんちんをしごいていました。
すると、今まで味わったことのない感触が、健太の背筋を走りました。
「あっ!」
おちんちんがピクンピクンと跳ね、人生初めて精液を発射しました。
ドピュー!ドピュー!
健太の発射は、その後もピュッ!ピュッ!と何度も吹き出し、ようやく収まりました。

初めてのことで、健太は何が起こったのかわかりませんでした。
おちんちんから出た白い液体は、床にいっぱい垂れていました。
また、おばさんの太ももにもたくさんかかっていました。
「ごめんなさい・・・僕・・・おシッコでちゃった・・・」
「初めてだったのかい?」
おばさんが優しく言いました。
「これはおシッコじゃないよ。・・・これは精液だよ」

健太も薄々わかってました。
でも精液を見るのは初めてでした。

「大丈夫だよ。・・・お母さんやお父さんには内緒にしておこうね。おばさんとの約束だよ」

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


関連記事

親戚のおばさん(1)

健太は小学校6年生。
夏休みに親戚のおばさんの家に行きました。
お父さんとお母さんは用事があり、後から来るということで、健太だけ先に行くことになりました。
おばさんちの最寄の駅に着くと、おばさんが迎えに来てくれていました。

「ケンちゃん、久しぶり。大きくなったね」
会ったとたん、おばさんは健太をギュッと抱きしめました。
健太の顔が、おばさんの大きいおっぱいに埋もれます。
おばさんの胸からは、甘い香りと汗のにおいがしました。
でも、そのおばさんと会うのは5年ぶり。
正直なところ、初めて会うような気持でした。

おばさんの家に着くと、おばさんは言いました。
「ケンちゃん、暑かったね。おばさんも暑かったよ」
エアコンをつけ、扇風機を回し、冷たいジュースを持ってきてくれました。
「ケンちゃん、汗びっしょりだね」
おばさんは、洗面所に行くとタオルを2つ取ってきました。
「ほら。服脱いで、これで汗を拭きなさい」

そう言うと、おばさんは、自分のTシャツを脱ぎました。
小玉スイカのような乳房を包み込むベージュのブラジャー。
そしてその間の大きな谷間。
健太は思わずその谷間に目を奪われました。
その視線を知ってか知らずか、おばさんはブラジャーを外しました。
少し垂れ気味の大きなおっぱいが現れました。

そして、片手でおっぱいを持ち上げると、おっぱいの下の汗をタオルでふき取ります。
「ここに汗がたまるのよね」
健太はおばさんのおっぱいに目が釘付けになったままです。

「何してるの。・・・こっちに来なさい」

おばさんは健太を立たせると、Tシャツを脱がしました。
そして、タオルで胸の汗を拭き始めました。
手を動かす度に、目も前のおっぱいがユサユサと揺れます。
健太のおちんちんは大きくなってしましました。
おばさんは、おなか、背中と順に汗を拭いてくれました。

「お尻も、汗びっしょりじゃないの」
おばさんは、健太のズボンとブリーフをおろしました。
健太のおちんちんがピンッと跳ね上がりました。
「あらっ!」
おばさんは健太の勃起したおちんちんに気づきました。
「・・・」
健太は恥ずかしくて、何も言えません。
「もう、やだ。・・・向こう向いて」
おばさんは、健太を向こう向きにさせると、汗まみれのお尻を拭きました。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事