FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟年夫婦の習慣(5)


長年の経験から、夫が射精する前のペニスの感覚を貴子は把握しているつもりだった。

しかし今回はあまりにも急激だった。
垂らした唾液がペニスの先に着いたかと思った途端、一瞬にして陰茎が太くなりザーメンが噴き出してきた。
ドピュー!!!ドピュー!!!

顔を近づけていたので避けることもできなかった。
唇、顎、そして頬から鼻へと、精液をたっぷりと浴びてしまった。

久しぶりの夫の精液。
独特に匂いが鼻を衝く。
舌を伸ばして、口の周りについた精液を舐める。
お世辞にも美味しいとは言えたものではないが、久しぶりに夫の精液を舐めることに興奮を覚えた。
今まで、何度もフェラチオをして、何度も精液を飲んできたが、なぜ、こんなに興奮するのだろう。

その時、貴子にひとつの考えが浮かんだ。
性欲はオナニーで解消できる。
クリトリスへの刺激で快感は得られるし、ディルドを挿入して膣の快感も得られる。
しかし、ペニスからほとばしる精液の味や臭いは、決して得られない。
ああ・・・私には、夫のザーメンが必要なのだ。

そこで、私は決心した。
「夫とのセックスは面倒だが、射精の手伝いはしてあげよう。夫の精液を舐めさせてもらおう」と。


貴子は、新たな習慣となったこの行為が始まった時のことを思い出しながら、ビンビンに勃起した夫のペニスを今晩も扱いている。

亀頭もパンパンに膨らみ、金玉袋もキュッと収縮している。
もうすぐ射精しそうだ。
貴子はあの日のように、口の中に貯めた唾液をタラリと亀頭に垂らした。
義男は、満足そうな顔でこちらを見つめている。
そして唾液まみれの陰茎を扱きあげながら、段々スピードを上げていく。

(さあ。思い切りイキなさい。)
陰茎が急に太く膨らむと、射精が始まった。
ドピュー!!ドピュー!!
何度も何度も脈打ちながら、精液が発射される。
定年を過ぎた夫が昔と変わらず、勢いよく精液を噴き出す様子を眺めながら、貴子は嬉しくなる。
精液が飛び散らないようにペニスの角度を調整しながら、貴子は優しく扱き続ける。
義男の胸や腹まで飛んでいたザーメンは、その勢いを失っていく。しかし、尿道口から放出される白濁液は止まらない。
ドクドクと溢れ出したザーメンで、ペニスを握った貴子の手はドロドロになる。

しばらくしてようやく射精が収まると、白濁液でドロドロになった手を貴子は口元へ運び、一本一本と指を舐めてゆく。
あぁ、夫のザーメン!
この匂い、味。
あぁ、堪らない。

貴子は思った。
久しぶりにセックスしてあげようかな。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


関連記事

熟年夫婦の習慣(4)


次の日の夜、風呂から上がった義男はパジャマ姿でリビングルームに向かい、座椅子にだらしなく座りながらテレビを見ている妻の横に座った。

「貴子、少し話があるんだが・・・」
「何よ、改まって・・・」
「僕たち、最近セックスしてないだろう?」
「・・・」
「昨日の夜、夢精したよ。10代の時、以来だよ」」
「ふーん」
「君がセックスしたくないなら、無理強いはしない。だから・・・」
「だから・・・何よ」
「貴子。すまないが手でしごいてくれないか」
「・・・」少し驚いた表情を浮かべた。
「貴子のその手で扱かれて、射精したいんだ」
「・・・」あきれたような、それでいて少し嬉しいような表情で義男の顔を見つめた。
「いいだろう?」

義男はパジャマのズボンとパンツを脱ぐと、妻の横に仰向けで寝ころんだ。
「頼むよ」
貴子は無言のまま、まだ柔らかいままのペニスに手のひらを当てた。そして、ゆっくりと撫で始めると、みるみる内にペニスは硬く勃起した。
膨れ上がった亀頭を指先でつまみながら裏筋を刺激すると、透明な液体がトロトロと溢れ出してきた。
慣れた手つきで溢れるカウパーを亀頭の括れにまぶすと、リング状にした指先で上下に扱きあげる。
まだ数分しか経っていないのに、義男をイキそうになってきた。
「貴子・・・もう、イキそうだよ」

妻は無言のまま、いきり勃ったペニスを握り直すと、その上に顔を持って行く。
そして、その口から小さな泡混じりの唾液が、ゆっくりと垂らされる。
(あぁぁ。貴子のツバが・・・)

透明な液体が糸のように少しづつ伸びていく。
(貴子のツバが、俺のチンポに・・・)

義男のペニスは一段と硬くなる。
それを握った貴子の手は、握力に強弱をつけながら刺激する。

ついに妻の唾液が亀頭に到達し、一本の透明な糸でつながった。

その瞬間、急激な射精感が義男の背筋を駆け上がった。
(あぁぁぁ・・・イクッ!!)
ドピュー!!!ドピュー!!!

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

熟年夫婦の習慣(3)


義男は妻にペニスを扱かれながら、同時にスマホの画面の中で繰り広げられる淫靡な行為を見つめる。
画面の中の女はビンビンに勃起したペニスを握り、嬉しそうな表情を浮かべながらゆっくりと上下に手を動かしている。

義男はスマホの画面を見ながら、セックスレスが続いていたあの日を思い出していた。

セックスは愛情表現の一つだと考えていた義男は、年齢を重ねても貴子とのセックスを欠かさなかった。しかし、そんな妻からセックスを拒否されるようになっていった。
拒否されても何度も誘っていたが、そのうち義男の方から誘うこともなくなっていった。
しかし、二人の仲が悪くなったわけではない。単にセックスをしなくなっただけだ。

それまで定期的にセックスをしていた義男にとって、セックスがない生活というのは精液放出の機会が減少したことを意味する。
その結果、起こったのが夢精だ。義男は50歳を超えて夢精をしたのだ。

気が付くと義男はズボンとパンツをはいていなかった。
下半身裸で、なぜかテレビを見ている貴子の横に寝そべっている。
貴子はテレビ画面から視線を外さないまま右手を伸ばしてきて、義男の股間を弄り始めた。
セックスレスになってから、貴子からこんなに積極的になるのは驚きだ。
貴子は慣れた手つきでペニスを勃起させると、そのまま激しく上下にしごき始めた。
急激な射精感に襲われた義男が、妻の動きを制しようとしたが、妻はテレビを見ながらやめようとしない。
もうダメだ。射精するぞ。
ドピュ!ドピュ!と激しく精子が飛び散った。
そして、亀頭の先からドクドクと精子が溢れ出し、扱き続ける貴子の手に甲に、白濁液が流れてゆく。
精液の放出が収まると、貴子はようやく手の動きを止めた。そして、手にかかった精子をペロペロと舐めた。

そこまで来て、義男は夢精をしたことに気が付いた。
妻に手淫される夢を見ながら、パンツの中に射精してしまったことを。
はじめは自分でも信じられなかった。夢精するなんて何十年ぶりだろう。
隣で寝ている妻に気付かれないようにそっと起き上がると、洗面所に行き、精子まみれになったパンツを自分で洗った。
パンツをはきかえて寝室に戻ると、「どうしたの?」と妻が声を掛けた。
義男は「ちょっと・・・」と言ってごまかすと、すぐに寝たふりをした。
貴子もそれ以上、聞いては来なかった。

義男は寝たふりをしながら、決心した。
「妻に手淫を手伝ってもらおう。俺のチンポを貴子に扱いてもらおう」と。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

熟年夫婦の習慣(2)


画面の中では、タレント達のトークが続いていた。
家事を終えてゆっくりとテレビを見るのが、貴子の楽しみだ。
そんな妻の横で、下半身を丸出しにして横たわっている夫の姿を貴子は眺める。
中年太りのたるんだお腹。筋肉もなくヒョロっとした脚。少し生えたすね毛が、哀しささえ醸し出している。
そのくせペニスだけは、昔と変わらず、ギンギンに勃起している。
ごつごつと血管が浮き出たせた陰茎。ずる剥けの真っ赤な亀頭今は陰毛に白い毛がちらほらと混じるようになったが、屹立したペニスだけを見ると、まだまだ立派なものである。

貴子は右手を伸ばすとそのペニスを握った。
とても硬く、とても熱い。
手のひらから、夫の性欲がビンビンと伝わってくる。

しばらく、握ったままでじっとしていると、義男がチラチラとこちらの様子を探るように視線を投げかけてくる。
早く扱いて欲しいのだろうか。
貴子はゆっくりと上下に動かし始めながら、思いを巡らせる

このペニスを何回扱いただろうか。
このペニスを何回しゃぶっただろうか。
このペニスを何回オマンコに入れただろうか。
そして、このペニスから何回、精液を発射させただろうか。

以前は普通にセックスをしていた。
いや、数年前までは週に2、3回はしていたので、平均以上にセックス好き夫婦といってもいい。
しかし急に面倒くさくなった。
決して性欲がなくなったわけではない。
今でもオナニーは大好きだ。
夫には内緒だが、バイブレータも持っている。以前は、夫とセックスをした翌日の昼間にオナニーすることもよくあった。
しかし数年前から急に面倒くさくなった。
夫は何度も求めてきたが、急に面倒くさくなったのだ。

そういう訳でずっとセックスレスが続いていたある日、夫から頼まれた。
「貴子。すまないが手でしごいてくれないか」と。



第1話から読む
FC2 Blog Ranking



関連記事

熟年夫婦の習慣(1)

風呂から上がった義男がパジャマ姿でリビングルームに行くと、妻の貴子は、座椅子にだらしなく座りながらテレビを見ていた。そして、画面の中のタレント達のトークにゲラゲラと笑っている。
義男は少しうんざりしながらスマホを手にとると、貴子の横に仰向けに寝そべった。
そんな義男を、貴子は一瞥したが、気にも留めない様子でテレビ画面に視線を戻した。

義男はスマホを操作しながら、考えていた。
定年を迎えて半年。これといった趣味もない義男は、毎日家でゴロゴロしている。
同い年の貴子もずっと専業主婦を続けてきて、趣味と言えばテレビを見ることぐらいだ。
夫婦仲が悪いわけではないが、ずっとセックスレスだ。
義男には性欲があるのだが、貴子の方に全くその気がない。

そんなことを思いながら、義男はいつものアダルト動画サイトを見始める。
画面の中では、勃起したペニスを若い女が美味しそうにしゃぶっている。
女の舌が陰茎を舐めまわしながら、挑発するような視線を画面に投げかけてくる。

義男は硬くなり始めたペニスを、パジャマの上から弄る。
貴子も、そんな義男を全く気にしていない。

画面の中の女は、亀頭を咥え込むとジュルジュルと音を立てながらしゃぶり始めている。

撫で続けているペニスがすっかり勃起すると、義男はパジャマのズボンとトランクスを脱いだ。
白髪交じりの陰毛から立派なペニスが屹立している。ずる剥けになった亀頭、血管が浮き出した陰茎。まだまだ現役の男性器である。

義男はティッシュボックスを引き寄せ準備を整えると、仰向けになりスマホの続きを見始めた。そして貴子に声を掛けた。
「今日も頼むよ」

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事
次のページ